オリパラ

オリパラSelect

レジャーホテルの予約サービス USENが訪日客向け

2017/3/12 日経MJ

レジャーホテルは風呂などの設備がビジネスホテルより豪華(東京都目黒区の「ホテルレオン目黒」)

 音楽放送大手のUSENは今夏にも、訪日外国人客(インバウンド)に焦点をあてたレジャーホテルの予約サービスを始める。英語でレジャーホテルを紹介する専門サイトに予約機能を加える。レジャーホテルは比較的安い価格で設備の整った部屋に泊まれるのが魅力。2020年の東京五輪・パラリンピックで増加が見込まれる訪日外国人の受け皿になりそうだ。

 レジャーホテルはチェーン展開するビジネスホテルにはない、豪華な内装や広々とした間取りが特徴で、カップル客の利用も多い。サイトでは、設備の特徴などから風営法の規制を受けるラブホテルも合わせて紹介する。ともに価格とサービスのバランスから、泊まる場所に困った訪日外国人の利用が増えている。

Loveinn Japanは外国人ライターによるホテルのリポートも掲載

 子会社のアルメックスがこのほど、レジャーホテル紹介サイト「Loveinn Japan」を立ち上げた。約500カ所のホテルを閲覧できる。施設によっては無人の受付で部屋を選んだり、利用時間でプランを選んだりと、シティーホテルとは違ったレジャーホテルの特徴を動画で紹介するコーナーもある。

 閲覧可能な約500カ所のホテルのうち、すでに約200カ所から予約機能に対応したいと引き合いがあるという。

 通常の宿泊予約サイトでは、レジャーホテルを扱わない事例がある。旧態依然としたラブホテルのイメージから、ほかの宿泊施設が敬遠するケースがあるためという。ただ、レジャーホテルには平日に空きが目立つ施設もあり、ホテルオーナーには予約サイトへの掲載を希望する人も多い。

 宿泊所不足を補うため、政府は民泊を推進している。ただ、現状の民泊はほぼすべて違法営業で、宿泊者の安全が確保できているとは言い難い。

 そのため、旅館業法の基準をクリアし、繁華街などの好立地にあるラブホテルの活用を求める声もある。老朽化した建物を改修し、子どもを含む家族客の宿泊にも対応したレジャーホテルを開業する施設が増えている。

 アルメックスはホテルに設置する無人精算機を手がける。主要顧客であるレジャーホテルの知名度を高めるため、レジャーホテル専用の紹介サイト「ハッピーホテル」を運営してきた。Loveinn Japanはハッピーホテルの英語版にあたる。

(新田祐司)

[日経MJ2017年2月10日付]

オリパラ新着記事

ALL CHANNEL