アップルペイならWatch iPhoneより便利な理由

日経トレンディネット

日経トレンディネット

iPhone 7/7 Plusが日本国内でのApple Payに対応し、交通機関はもとより店舗での支払いに使えるようになっで話題を呼んだ。だが、Apple PayはiPhoneだけではなくApple Watch Series 2にも対応している。実際に使ってみると、iPhone 7と比べてApple Watchで支払いをするほうが便利なことも多い。

そこで、Apple WatchでApple Payの使い方、iPhoneがない状態でのチャージ方法など、メリットやデメリットを解説する。

袖に隠れても大丈夫

Apple Payは、登録したSuicaかクレジットカードを使う2つの支払い方法がある。これはiPhone 7もApple Watchも同じだ。Apple WatchでApple Payを使うには、iPhoneに登録したSuica/クレジットカード情報をApple Watchに転送する必要がある。

支払いを行うときは、Apple Watchを読み取り機にタッチする。自動販売機や駅の自動改札ならうまくタッチすればよいだけだが、店舗スタッフの前で使うときは今でも少し照れくさい。

だが、近所にあるコンビニの店長に聞くと、Apple Payを使っても、店舗側に特別な操作は必要ないそうだ。

Apple Payは既存のSuicaやiD、QUICPayを使うため、店舗側もオペレーションが複雑にならないメリットがある。使う側も気負うことなく、Apple Watchを読み取り機にタッチしよう。盤面を上にしてタッチしても大丈夫だし、袖に隠れていても問題ない。

店舗の読み取り機は、金額が表示されてからApple Watchでタッチ。盤面を上にしてタッチしても大丈夫。上の写真では分かりやすいように画面を表示させているが、Suicaでの支払いは画面がオフの状態でも可能
駅の自動改札で使っているところ。写真のように袖に隠れていても問題ない。左腕につけているApple Watchで、右側にある読み取り機にタッチするのは、思ったよりも気にならなかった

iPhoneより使いやすいワケ

Apple Watchでの支払い方法を簡単に確認しておく。Suicaで支払うときは設定で「エクスプレスカード」を選んでおけば、特別な操作は必要なくそのまま読み取り機をタッチするだけで支払いが完了する。

クレジットカードで支払うなら、サイドボタンを素早く2回押し、クレジットカードの画面を表示させてからタッチする。クレジットカードは「QUICPay」か「iD」が割り当てられているので、「支払いはQUICPayで」などと店舗スタッフに伝える必要がある。

iPhone 7では、Touch IDによる指紋認証が必要になる場面でも、Apple Watchは腕につけてロックを解除している時点で本人認証されていることになり、そのままタッチするだけで良い。この点はiPhone 7より使いやすい。

一方、2016年12月時点では、筆者の近所のローソンではエクスプレスカードの設定が効かず、クレジットカードと同じようにレジ画面のボタンを押してからタッチする必要があった。ただ、ローソンでは2016年12月から順次新型のレジに入れ替えており、簡単に使えるようになった。

また、近所のイオンでは「Suicaで」と伝えると、客側のタッチパネルに扱っている電子マネーのボタンが表示され、自分でSuicaのボタンをタッチする。「QUICPay」や「iD」のほか「WAON」なども並んでいるので、この段階で別の支払い方法に変更もできた。「Suica」を選べばエクスプレスカードの設定が効くので、画面がオフでも支払いできる。

サイドボタンを素早く2回押すと、Apple Watchに登録してあるクレジットカードの画面になる。エクスプレスカードに設定していても、この操作でSuicaを表示しなければならない店舗があった
エクスプレスカードの設定が効くので、画面がオフでもSuicaで支払いできる。あらかじめ自分で電子マネーのブランドをタッチパネルで選ぶ店舗もあった

iPhoneなしでも支払いできる

気になるのは、Apple WatchとペアリングしたiPhoneがない状態でどこまでできるのかということだ。iPhoneを持たずに外出してしまった、iPhoneの電源が切れてしまったなど、いざというときに決済できるのだろうか?

そこで、iPhoneを機内モードにして、故意にApple Watchとの接続がない状態にして試した。この状態でも、SuicaとQUICPay支払いのどちらも問題なく支払いできた。iPhoneと接続していなくても、Suicaで自動改札機を通れることも確認した。

ペアリングしているiPhoneとの接続がないと画面の上部中央にiPhoneに斜線の入った赤いアイコンが表示される。この状態でもSuicaとQUICPayの両方の決済ができた
iPhoneを持たずに外出しても、Suicaにチャージされている電子マネーを使って食事できた

次にSuicaへのチャージを試してみた。筆者は以前からビューカードをメインのクレジットカードにしているので、ポイント還元を考えるとSuicaにチャージして使うのが一番お得だ。チャージ上限は2万円であるため、高額の買い物はできないことに注意しよう。

Apple WatchのSuicaに手動チャージするには「Wallet」アプリを起動してSuicaを表示。チャージ金額を100円単位で設定できる。

だが、iPhoneとの接続がない状態にするとチャージできなかった。Apple Watchの画面には「支払いできませんでした。Apple WatchはiPhoneに接続できませんでした」と表示される。つまり、iPhoneを持たずに外出してしまった場合は、チャージされている金額を超えてSuicaを使えないことになる(現金があれば、コンビニでのチャージは可能)。

自動改札機でのオートチャージも、iPhoneとの接続がない状態では、あらかじめ設定したオートチャージの条件を満たしてもチャージされなかった。注意が必要だ。

iPhoneとの接続がない場合でも、以前にiPhoneと一緒に接続したことがあるWi-Fi環境ではApple Watch単体でネットワークを利用できる。Apple Watchがネットワークに接続できていると、コントロールセンター画面の右上に雲アイコンが表示されている。この状態であればSuicaにチャージできた。自宅や会社など自分がよく利用するWi-Fi環境で、Apple Watchがネットワークに接続できるか試しておくといいだろう。

iPhoneとの接続がないと、Apple Watch単体ではSuicaにチャージできない
iPhoneとの接続がない場合でも、iPhoneと一緒に接続したことがあるWi-FiではApple Watch単体でネットワークを利用できる。コントロールセンターを表示すると右上に雲アイコンが表示されている。この状態ならSuicaにチャージできる

古いiPhoneとの組み合わせでもOK

なお、買い物に対してポイント還元されるカードを使うときは、ポイントカードを財布などから取り出して提示し、Apple Watchで会計という流れになる。

最近は、アプリ化されたポイントカードがあり、iPhoneのアプリ上に表示されるバーコードをレジで読み取ってもらえば、カードを提示したことになる。プラスチックのポイントカードを使うか、iPhoneアプリを使うかは好みの分かれるところだろう。Apple Watchに対応したポイントカードアプリがあれば最高なのだが。

iPhone 7とApple Watchの両方でApple Payを使ってみると、Apple Watchのほうが使いやすい場面が多かった。

Apple WatchがiPhone 7よりも優位な点は3つある。1つ目は常に腕につけているので素早く利用できる点。iPhone 7のように服やズボンのポケットをあちこち探して、結局バッグの中にあったということもない。Apple Watchならいつでも腕にあるのだ。

2つ目は先述したように、支払い時に認証作業が要らない点だ。3つ目は、使い方にもよるが、iPhone 7よりもApple Watchのほうが、はるかにバッテリーの持ちが良いこと。筆者の場合は1日出歩いていても、80%程度残っていることがほとんどだ。Apple Payを丸1日以上バッテリーの残量を気にすることなく使えるのは、Apple Watchの優れた点だ。

筆者は最初iPhone 7にSuicaを登録して使っていた。ある程度使い心地が分かった時点で、そのSuicaをApple Watchに移動し、Apple Watchでの使い心地を試して今に至る。iPhone 7に戻る必要性は感じていない。

タッチ決済にApple Watchを使うなら、組み合わせるiPhoneはiPhone 7でなくても良い。Apple Payのタッチ決済に対応していないiPhone 5以降の機種でも、Apple Watchと組み合わせてApple Payのある生活を堪能できる。

手首につけたApple Watchをさまざまな支払いに使えるのはとても便利だ。古いiPhoneのユーザーにも、Apple WatchでのApple Pay利用をおすすめしたい。

(ライター 伊藤朝輝)

[日経トレンディネット 2017年1月13日付の記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧