明治時代の日本支えた 世界遺産の街・北九州を歩く

官営八幡製鉄所の遺構「旧本事務所」(提供=北九州市世界遺産課)
官営八幡製鉄所の遺構「旧本事務所」(提供=北九州市世界遺産課)

明治維新以降、西洋の技術を取り入れて急速に近代化が進んだ日本。その一翼を担ったのが八幡村(現・北九州市)だ。背後に控える筑豊炭田から安定的に供給される燃料と、遠賀(おんが)川水系から得られる潤沢な工業用水。この恵まれた条件と、熱意ある炭鉱マンたちに支えられて北九州は急速に発展した。この街を歩くと、日本の未来を夢見て歩き続けた人々の息吹が聞こえてくる。2015年7月に世界遺産として登録された4つの施設を道しるべに、この街を歩いてみた。

「1901」が刻まれた溶鉱炉

どこの駅を降りても、工場の煙突が見える――。JR鹿児島本線は、北九州市の門司港から福岡市・博多を経由して鹿児島駅へ向かう九州の大動脈だ。その玄関口である門司港駅から博多方面に向かう電車に乗ると、小倉駅を過ぎたあたりからおびただしい数の工場が見えてくる。かつて四大工業地帯の一つ、北九州工業地帯とよばれ、日本の発展を支えてきた工場群だ。

スペースワールド駅にある「東田第一高炉」。現存する高炉は1962年に火入れ、72年まで操業した(八幡東区)

電車でスペースワールド駅を通過するころ、眼前に「1901」と刻まれた巨大な高炉がそびえる。1972年まで実際に鉄を生産していた、「東田第一高炉」だ。この駅を降りると、2015年7月にユネスコより世界遺産として登録された「明治日本の産業革命遺産」の施設である、官営八幡製鉄所(現・新日鉄住金八幡製鉄所)が建てた「旧本事務所」「修繕工場」「旧鍛冶工場」がある。

「明治日本の産業革命遺産」は8県にまたがる23施設の総称だ。このうち「八幡エリア」として登録されたのが、旧本事務所から約17キロメートル離れた場所にある「遠賀川水源地ポンプ室」(中間市)を含めた計4つ。いずれも、新日鉄住金の敷地内にあり、「修繕工場」「遠賀川水源地ポンプ室」は建設されてから100年以上経過しているにもかかわらず、いまだ稼働する現役の施設だ。稼働中の施設が世界遺産として登録される例はきわめて珍しい。

現在も稼働しているため、一部のツアーを除き4施設とも中に入ることができない非公開の施設だ。今回は、一般公開されている旧本事務所を臨める眺望スペースで、北九州市世界遺産課の向井正人係長にこの建物の持つ物語の味わい方を教えてもらった。

ストーリーが評価された

今回の遺産群は、近代日本を支えたストーリーそのものが世界で評価された、といっても過言ではない。ちっぽけな島国日本が、100年足らずで西洋の技術を学び、経済大国へと変化を遂げた特異なプロセスは世界でも類を見ない。その礎となった重工業の要が「石炭」「鉄鋼」「造船」の3つだ。なかでも、主に20世紀に入ってからの飛躍的な成長に大きな貢献をしたのが旧八幡村に作られた官営八幡製鉄所と、長崎県に広がる三菱長崎造船所、通称「軍艦島」と呼ばれる端島炭鉱、そして福岡県大牟田市、熊本県荒尾市にまたがる三池炭鉱だ。

注目記事
次のページ
「鉄は国家なり」支えた人々