SUPPORTED BY 日本生命

百年洋食を味わい、時間旅行に浸る 日光金谷ホテル

看板料理の「日光虹鱒(ニジマス)のソテー金谷風」。本館2階のメインダイニングルームでいただくことができる
看板料理の「日光虹鱒(ニジマス)のソテー金谷風」。本館2階のメインダイニングルームでいただくことができる

栃木県日光市で140年以上前から営業を続ける日本最古のリゾートホテルが「日光金谷ホテル」だ。「日光虹鱒(ニジマス)のソテー金谷風」や「百年ライスカレー」といった、100年以上受け継がれてきた、ここでしか食べられない洋食がある。歴史を感じさせる素晴らしい建物も風格たっぷり。宿泊した著名な外国人や文化人にまつわるエピソードも交えて、このホテルの魅力を紹介する。

明治から受け継がれるソテー

明治時代から外国人の避暑地として発展してきた日光。肉や乳製品の入手が今より難しかった当時から、彼らの舌と胃袋を満足させ、洋食文化を連綿と紡いできたのが日光金谷ホテルだ。同ホテルの前身である「金谷カッテージ・イン」が開業したのは、1873(明治6)年のこと。1893年に2階建て30室、純洋式建築の「金谷ホテル」(当時の名称)を開業すると、外国人宿泊客に向けてステーキやカスタードプディングなど、本格的な西洋料理を提供するようになった。

明治時代に初代料理長・渡部朝太郎が考案し、歴代の料理長が現代まで受け継いできた伝統のメニューが、「日光虹鱒のソテー金谷風」だ。日本酒でフランベ(加熱調理中に酒を振りかける技法)して川魚特有のにおいを消し、外国人の舌にも合うようにバターとしょうゆ、砂糖で味つけしたソースで仕上げたもので、このホテルの看板料理である。大ぶりなニジマスはナイフがすっと入るほど身がやわらかく、濃いめのソースはしょうゆと砂糖の懐かしい風味が舌に心地よい。食通で知られる小説家の池波正太郎も、この味を気に入っていたという。

明治後期の厨房の様子。料理長は社長に次ぐ地位で、当時から今に至るまで、尊敬を込めて「親方」と呼ばれている(写真提供:日光金谷ホテル)

幻のカレーを復刻

やさしく深い味わいが特徴の「百年ライスカレー」。こちらは本館1階の「クラフトラウンジ」(※)などで提供している(写真提供:日光金谷ホテル)(※)旧称「メイプルリーフ」。現在は工事中で、2017年3月上旬にリニューアルオープンの予定

蔵から見つかった大正時代のレシピ集をもとに再現し、創業130年の節目となる2003年から提供を始めたのが、「百年ライスカレー」だ。舌で覚えた「金谷の味」を守り続ける料理長が試行錯誤。ホテル創業者のひ孫で現会長の井上槙子さんは、「幼い頃の記憶と照らし合わせながら何度も試食して、復刻することができたんです」と語る。隠し味にココナツミルクやピクルスの漬け汁を使ったルーは辛さ控えめで、深いコクがあるやさしい味わい。ルーに合わせる具は、ビーフ、チキン、カモ、ニジマスのフライの4種類から選べる。

保管されている古いメニューにカレーが登場するのは、1904年のこと。20世紀を代表する建築家、フランク・ロイド・ライトは翌05年に宿泊しているので、もしかすると「百年ライスカレー」の原型を食べていたかもしれない……と想像すると、建築愛好家には興趣が尽きないことだろう。

井上会長が蔵から見つけた古いレシピ集。分量の記載がない大まかな作り方のメモを参考に、試行錯誤して幻のカレーを復刻した

古き良き時代の洋食をコースで満喫できる

日光金谷ホテルでは、100年以上受け継がれてきた伝統の味をコース料理として楽しめる「クラシックディナー」を提供している。これは、明治から昭和にかけて提供していた数多い料理の中から、特に選んだ逸品を再現したもの。くだんの「日光虹鱒のソテー金谷風」をはじめ、カニが入ったクリーミーな「大正コロッケット」やぜいたくにキャビアを使ったオードブルの「湖の黒ダイヤ レモン添え」など、全9品が楽しめる。

まだ日本で肉食が盛んでなかった時代、食材の入手には苦労したようだ。1926(大正15)年に自社で畜産部を設置し、牛乳やバター、野菜などの自給をスタートしていることからも、それは明らかだ。数々の料理には、限られた材料を使い、知恵を絞って外国人客をもてなそうという思いがこもっている。当時の最先端だった料理をいただき、歴史に思いをはせるのも一興だろう。

注目記事
次のページ
宣教師を助けたのが創業のきっかけ