「眠れる旅人」発掘 広がるバリアフリー・ツーリズム

足の不自由な人はそり付きのイスに座ってスケートを楽しめる(旭川市)
足の不自由な人はそり付きのイスに座ってスケートを楽しめる(旭川市)

2020年の東京五輪・パラリンピックを控え、障害者らが気軽に旅行できるようにする「バリアフリー・ツーリズム」の動きが広がってきた。受け入れ体制を整える地域が増え、バリアフリー化の改装に取り組む宿泊施設も目立ち始めた。高齢化で足腰に不安を抱える観光客も急増しており、バリアフリー化が商機につながるという見方が広がっていることも背景にある。

「滑っている感じが楽しい」。1月下旬、北海道旭川市の屋外スケートリンクで、NPO法人、カムイ大雪バリアフリー研究所(同市)が運営するツアーセンターの松波正晃さんがはしゃいだ。普段は車イスの生活。歩けない人でもスケートを楽しめるそり付きのイスで初滑りを体験した。松波さんは体の不自由な人のスケートを案内する研修のモデル役。センターは2月からスケートへの案内を始めた。

旭川市では今月上旬、「冬まつり」が開かれた。1月下旬に同市が開いたボランティア説明会では、車イスの五十嵐真幸センター長が高校生38人に「車イスは小さな前輪が雪に埋まり動けなくなる」と説明し「一輪車のように前輪が大きな車イスや人力車のように引っ張る用具があるので声がけを」と協力を求めた。

同センターでは地元の障害者が活動している。観光施設を調査し、障害者の目線で段差の高さや間口の広さ、坂の勾配などの情報を提供する。宿泊施設のバリアフリー改修を進言し、車イスなどの貸し出しも行う。旭川医科大学から医学的な見解に基づく助言を受けているのも特徴で、五十嵐センター長らは医大の非常勤講師でもある。