powered by 大人のレストランガイド

おにぎりの焼たらこ 皮に弾力、中はしっとりピンク色おにぎり・おむすび(3)

PIXTA
PIXTA

地下鉄東西線木場駅からちょいと歩いて川にかかった橋から下を見ると、屋形船が1艘もやっている。「池上」の屋形船である。10月1日午後5時。秋の夕暮れの中にエミーオフ会参加者12人が思い思いの格好で集まってきた。

タイガース優勝!

思い思いと書いたのは、中に1人だけコスプレおじさんがいたからである。地下鉄の改札口では祭り半纏姿で存在を主張し、船に乗ってからは後で紹介するように某球団の法被姿になり、帰るときは普通の背広と3回も衣装が替わったのである。

これに対抗できるのはデスクのマツケンルックしかないのだが、デスクが仕事で参加できなかったため、参加者全員がこのコスプレおじさんにやられっぱなしなのだった。

ベティー隊員 私はこの方の隣だったので、すっかり圧倒されてキャーって感じでした。

エミー隊員の後ろ姿

エミー隊員とその後輩、エミーが担当しているサイトに原稿を書いていただいている女性ライターの3人は、約束通り着物姿で参加した。どうして着物でなければならなかったのかは聞き漏らしたが、これも一種のコスプレだったのだろうか。

屋形船は定刻を少し過ぎて出航した。川を下って東京湾を目指す。いつの間に出来たのか、両岸は高層のタワー型マンションばかり。なるほど東京23区の地価が反転上昇するはずだわ。

何本かの橋をくぐって着いたのがお台場沖。知らなかったけれど、ここは屋形船が集まるポイントらしく、周囲に20艘近い屋形船が錨を下ろして、それぞれの船内では盛り上がったり盛り上がらなかったりの宴会が繰り広げられていた。

揚げたての天ぷら

「池上」の船は私たちだけの貸し切りで、遠慮会釈なしで飲み食いすることができた。先付けに江戸前の穴子、アサリの甘煮が出て、枝豆も出て、刺身の舟盛りが並んだ。その隙を突いて手羽先の空揚げも登場した。

船頭さんが船尾の調理場で揚げた熱々のエビやイカの天ぷらが届き、とっても嬉しかった。今日から10月というのでメーンは寄せ鍋であった。

お台場沖では船の屋根の折り畳み式手すりを上げて囲いにし、みんなで屋上に上がった。寒いでもぬるいでもなく、心地よい海風が渡る。ついでにこのような法被も風に揺れた。

酒は2時間半の飲み放題。ビールなんか何本空いたんだろう。私はもっぱら一升瓶のそばから離れないようにしていた。

季節はもう寄せ鍋

エミー隊員は沖縄に行ったとき大枚をはたいて三線と教則本を買い、この日披露するはずであった。ところが三線はエミー隊員が思っていたよりずっと難しく、ドレミ(とは言わないだろうが。要するに基本音階)を弾くのさえ容易ではなかった。せめて三線を弾くふりだけでもしようかと考えないでもなかったものの、そんなことしたってつまらないし、第一荷物になるというので当日は持ってこず、三線のさの字も口にしなかったのだった。

余興というほどのこともないが、オフ会恒例の福引を敢行した。毎度のことながら福引は盛り上がります。欠席した方の分や酒を飲まない人に当たったアルコール飲料などはじゃんけんでの争奪戦になった。千葉出身ななさんが持ってきてくださった鯨系とかピーナッツ系のお土産多数が非常に好評であった。

ベティー隊員 ゴマと砂糖のついた紫イモせんべいも!

デスク満面の笑顔 さすが千葉県!

夜の台場沖は屋形船のたまり場

当サイトからはかつて紹介した名古屋の「赤味噌ラガー」を持参した。しかし会場で賞味期限を半年も過ぎていることが発覚した。一部に廃棄案が出たものの、もったいないとの声が多数を占め予定通り景品になったのだった。

ビールが賞味期限を半年も過ぎるとどうなるのか。味が変わって飲めなくなるのか。賞味期限は安全を考えて短めになっているので半年ぐらいオーバーしても問題はないのか。我が家の冷蔵庫にはそのときの赤味噌ラガーが2本入っている。まだ飲む決心は固まっていない。ずっと固まらない可能性も否定できない。お客さんが来たら飲ませようっと。

デスクびっくり ひ、ひでぇ。

野瀬 デスク、おいでよ。

ベティー隊員 デスクなら賞味期限が1年過ぎていても気がつかないと思う。

デスクうーん 我ながら、平気で飲んでしまいそうで恐い。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド