ライフコラム

子どもの学び

算数オリンピックに挑戦 第67回

2017/2/7

【問題】
 図にあるように、3けたの整数の一の位から始まる整数を次々と書いていく「3けたの整数のしりとり」をします。
 このとき、A、Bに当てはまる3けたの整数の組み合わせは全部で何通りありますか。
■2008年ジュニア算数オリンピックトライアル
協力:算数オリンピック委員会
【答え】 900通り

【解説】

 しりとりですので、Aの百の位は1、Bの一の位は2、Aの一の位とBの百の位は同じになります。

 そこで、Aに当てはまる整数を「1■◆」、Bに当てはまる整数を「◆★2」とします。

 Bが3けたの整数となるためには、◆は0ではなく、1~9の9通りとなります。

 また、■と★は0~9の10通りとなります。

 答えは、9×10×10=900通りとなります。

ライフコラム

ALL CHANNEL