健康・医療

from 日経Gooday

苦しむ人との接し方 相手が望む話の聞き方とは? 「今日が人生最後の日だと思って生きなさい」著者に聞く(2)

日経Gooday

2017/1/31

苦しんでいる相手の気持ちを理解することは難しいが、「この人は私の理解者だ」と思ってもらうことはできる(c)Katarzyna Bialasiewicz -123rf
日経Gooday(グッデイ) カラダにいいこと、毎日プラス

家族や友人が苦しんでいるとき、私たちにできることは何だろうか。「力になりたい」と思うほど、何かいいアドバイスをしなくてはと思いがちだが、それよりもっと大切なことがあると、2800人以上の看取りを経験し、人生の最期を見据えた人と対話をしてきた医師・小沢竹俊さんは言う。そんな小沢さんに、苦しんでいる人に「この人は自分の理解者だ」と思ってもらえる方法について聞いた。その考え方は、看取りの現場だけでなく、様々なシーンで役立つはずだ。

■苦しんでいる人が求めるのは「自分を分かってくれる人」

看護師養成学校で、最期を見据えた人との対話術について話す小沢さん(写真 秋元 忍)

人生の最期が近づき、苦しんでいる人がいる。そんなとき、私たちにはいったい何ができるのだろうか。

「『力になりたい』と思えば思うほど、相手に対してアドバイスや励ましをしたくなるもの。でも、苦しみにとらわれて目の前が真っ暗になっている人にとって、それは本当にうれしいことなのでしょうか」と小沢さん。

例えば「生きていても仕方がない」と落ち込む人に、「人の命は地球よりも重くて大切なんですよ」「生きたくても生きられない人だっている。元気を出しましょう!」と言ったところで、「あなたに何が分かるの?」と反発されても無理はない。相手に「理解されていない」と感じられ、心はすれ違ってしまう。では、どうすればいいのだろうか。

■相手を理解するのと、相手に理解者だと思われるのは別物

相手を観察したり想像したりして、「私は相手のことを理解できた」と感じることもあるかもしれない。そんなとき人は、「言わなくても分かっているよ」とばかりに、相手の話に耳を傾けなくなるものだ。しかしこの態度が、相手が望むものであるかどうかは疑わしい。

「現実には、相手を100%理解することは不可能です。しょせんは他人であり、まったく同じ気持ちを共有することはできません。つまり、『私が相手を100%理解できる』可能性はゼロなんです」と、小沢さん。

その一方で、「相手が私のことを理解者だと思う」ことについては、可能性が残されている。相手から「私のことを分かってくれる人だ」と思ってもらえたなら、それは、実際に理解できることと同じくらい価値があることかもしれない。

では、苦しんでいる相手が「この人は私の理解者だ」と思うようになるには、どうすればいいのだろうか。

そのためには相手に「私のことを分かってくれた」と思ってもらえるような話の聞き方をすることが必要だ。苦しんでいる人は、人に伝えたい何かを抱えている。ただしそれは、誰にでも話せるわけではない。「自分のことを分かってくれそうな人」を選んで打ち明けるのだ。

小沢さんの資料をもとに編集部が作成(一部改変)

■相手の「そうなんです」を引き出す対話を

話を聞いてもらい、「私のことを分かってくれた」と感じたときに表れる一つのサインがある。「そうなんです」という言葉だ。

「例えば『昨晩眠れなかったんです』と打ち明けられたとき、『分かりました。睡眠薬をお渡ししますね』と矢継ぎ早に返されても、言われた方はきっとあまりうれしくはない。『私の苦しみを分かってくれた』とは思いにくく、『そうなんです』の言葉は引き出されません」

しかし、例えば次のような会話が交わされたら、「私のことを分かってくれた」と思う可能性もあり、苦しみが少しやわらぐかもしれない。

「昨晩眠れなかったんです」

「昨晩眠れなかったんですね」

「そうなんです。隣の人が一晩中うるさくて」

「隣の人が一晩中うるさかったのですね」

「……(沈黙)。家族のことが心配になって、夜も眠れなくなってしまったんです」

「ご家族のことが心配なんですね」

「そうなんです」

こちらの会話のほうが「分かってくれた」という思いが感じられるのではないだろうか。

このケースで行われているのは、(1)相手が伝えたいことをキャッチする(2)伝えたいことを言語化して反復する--ということ。相手が「分かってくれた」と感じ「そうなんです」という言葉を発するためには、こうしたコミュニケーションが大切なのだ。

小沢さんの資料をもとに編集部が作成(一部改変)

■「いいことを言おう」と思わなくていい

小沢さんは、終末期の援助的コミュニケーションについてこう語る。「苦しんでいる人は、自分の苦しみを分かってくれる人がいるとうれしいんです。だから、苦しみを打ち明けられたとき『いいことを言おう』『的確な説明をしよう』と思う必要はない。理解者だと思ってもらうために必要なのは、とにかく聞くことです」

聞くときには、ときに沈黙も必要だ。「うれしい話であれば、躊躇(ちゅうちょ)なくすぐに言葉にできるかもしれません。でも、苦しみを言葉にするにはエネルギーが必要。時間がかかります」。だからこそ、相手の言葉がなかなか続かないときは、沈黙の中で待つ姿勢を大切にしたい。

「すぐに言葉にならないときは『何を話そうか』と思いを巡らせているのかもしれません。新たな質問で追い打ちをかけることなく、静かに待ちましょう。もしくは、邪魔にならない程度に『今、何を考えていますか?』と尋ねてみるのもいい。そうして少しずつ、相手のメッセージをキャッチして反復するんです」

このとき注意したいのは、相手の感情を先取りしようとしないこと。同じものに接しても、そこで生じる感情は一人ひとり違う。桜の花を見て「きれいだな。うれしい」と思う人もいれば、「人生最後の桜かもしれない。悲しい」と思う人もいる。ここで「うれしいですね」と自分の感情を先に出してしまうと「分かってくれた」とは思われにくい。だからこそ、黙って相手の言葉を待つ。その姿勢が、理解者だと思ってもらううえでは重要なのだ。

■反復や問いかけが重要なワケ

相手から出てきた言葉は、反復や問いかけによって強めることができる。「家族のことが心配で眠れなかった」という人は、家族の存在が心を占めていて、支えになっているのかもしれない。「つらいときに支えになったものはありますか?」と尋ねるなどして、家族について語ってもらうのもいいだろう。その中で「分かってくれた」という思いが引き出されるかもしれない。支えの大切さに気づき、穏やかさがもたらされることもあるだろう。

「苦しみをなくすことはできません」と、小沢さんは語る。「しかし、苦しんでいる人は、自分の苦しみを理解してくれる人がいるとうれしい。そして、生きる支えがあれば、苦しみの中でも穏やかに過ごせるのではないでしょうか」

■この人に聞きました

小沢竹俊(おざわ・たけとし)さん
ホスピス医。めぐみ在宅クリニック院長。救命救急センター、農村医療に従事した後、横浜甦生病院内科・ホスピス勤務、ホスピス病棟長を経て、06年にめぐみ在宅クリニックを開院。「ホスピスで学んだことを伝えたい」と、学校を中心に「いのちの授業」を展開。多死時代に向けた人材育成に取り組み、15年にエンドオブライフ・ケア協会を設立。著書「今日が人生最後の日だと思って生きなさい」(アスコム)は、25万部を突破するベストセラーに。新著は「2800人を看取った医師が教える人生の意味が見つかるノート」(アスコム)。

(ライター 西門和美)

健康・医療 新着記事

ALL CHANNEL