杉さん、ベトナムに176人の「子供」 孤児を支え28年俳優で歌手の杉良太郎さんが語る

杉良太郎さんとベトナムの里子たち(1989年撮影)
杉良太郎さんとベトナムの里子たち(1989年撮影)

俳優、歌手の杉良太郎さん(72)がベトナムで支援活動を始めて今年で28年。孤児を里子にし、今年9月にはその数176人となる予定だ。日本語学校の運営、孤児の養護施設・盲学校への寄付などベトナムに投じた私財は分かっているだけで17億円に上る。「売名」「偽善」と陰口をたたく人もいるが、杉さんは「見返りなどいらない。受けるべき愛情を受けられない子供たちを助けたいだけだ」と話す。

◇   ◇   ◇

杉さんがベトナムに初めて来たのは1980年代後半。孤児の養護施設を訪れたとき、その食事を見て衝撃を受けた。食べていたのは、わずかなご飯に草を混ぜたようなおかゆ。食べ物とは思えないひどいにおいだった。デビュー前の15歳のときに慰問で訪れた日本の刑務所と同じにおいだった。食事が悪いせいか、みんな背が低い。

子供たちが土産の菓子に大喜びするなか、一人だけ寂しそうにしている少女がいた。通訳を介して話しかけると、「お菓子なんかいらない。お父さんとお母さんがほしいの」と言った。杉さんは建物の外に出て泣いた。このとき、里親になろうと決意した。

「つらい境遇にある子供たちにも生まれてきた喜びを与えてあげたい」(1993年撮影)

「ベトナムに来るたびに増えていった」(杉さん)という里子は現時点で101人。ある児童養護施設の子供全員をまとめて里子にする予定なので、9月には176人になる。「里子とそうでない子の間で差別があってはいけない」(同)との配慮からだ。

年に数回しか会わないが、みんな杉さんのことを本当のお父さんのように慕っている。きっかけとなった最初の里子、グエン・タン・ガーさん(40)は結婚し、2人の子供が生まれた。たまに会うと、妻で演歌歌手の伍代夏子さん(55)に「お母さん」と言って抱きついて甘えるという。

最初の寄付は1989年、500ドルだった。その後、訪越のたびに寄付を続け、判明している2000年までだけで投じた私財は17億円に。そこまで支援する理由を尋ねると、杉さんは「私も分からない。ただ、『自分が孤児だったら、全盲だったら』ということは常に考える。つらい境遇にある子供たちにも生まれてきた喜びを与えてあげたい」と答えた。

「売名だ、偽善だ、と批判する人はたくさんいる。首相経験のある日本の政治家に『芸能人はお金があっていいですね』と冷ややかに言われたこともあった。でもいいんです。評価もいらない。見返りもいらない。そんなものを求めるようなら社会貢献なんかやらないほうがいい」(杉さん)

単に寄付をするだけではなく、杉さんは孤児たちの未来へも投資した。ハノイに1992年、日本語学校「ベトナム日本文化交流協会付属日本語センター」を設立した。自身が私財を投じ、設備、蔵書、講師料などをまかなった。「孤児の多くはきちんとした教育が受けられない。日本語ができれば日本企業で働くチャンスも増える」と考えた。いまでは数万人が卒業し、日越のビジネスの最前線で活躍している。日本では現在、IT(情報技術)業界中心にベトナム出身の技術者も急増しているが、杉さんの支援もその一翼を担っているようだ。

インタビューに答える杉さん

杉さんに対して「芸能人でお金があるから、道楽のように支援ができる」と批判する人は多い。杉さんは「社会貢献には確かにお金が必要だ。しかし、お金がなければ(活動する)時間を提供すればいい。お金も時間もない人は社会貢献する人に理解を示せばいい。それも立派な貢献だ」と話す。

ベトナムが市場主義経済を導入したドイモイ(刷新)政策から今年で31年。ベトナムはすっかり豊かになり、高層ビルが建ち、町には高級外車があふれる。杉さんは「貧しい人がいっぱいいるのに、なぜ彼らは寄付をしないのか」と不思議に思うという。

ベトナムでの貢献が認められ、2007年に越政府から「ベトナム日本特別友好大使(現在はベトナム日本特別大使)」に任命された杉さん。国家主席、首相といった要人と会う機会も多い。ある要人に「ベトナム人はなぜ日本に求めるばかりで、自分から『してあげる』と言わないのか!」と問い詰めたこともある。縁もゆかりもない異国の地で、無償の愛をささげ続ける杉さんだからこそ、言える言葉だ。

◇   ◇   ◇

17日、訪越した安倍晋三首相に随行した杉さん。ハノイのホテルでは取材後に記者と昼食をともにした。記者がベトナム料理を頼もうとすると、「僕はベトナム料理苦手なんだよね」と断った。「ベトナムではゴルフもカラオケも行ったことないし、もちろん女性と付き合ったこともないよ」と笑った。

(ハノイ支局=富山篤)

「キャリアコラム」は随時掲載です。

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧