音声家電技術でアマゾン一人勝ち? 米国席巻する理由西田宗千佳のデジタル未来図

Amazon Echo
Amazon Echo

「Amazon Alexa(アマゾン・アレクサ)おそるべし。スマートスピーカーの時代が来た」

2017年1月5日から8日、米ラスベガスで開催されたテクノロジー関連展示会「CES」を取材・視察した関係者の意見は、この一言に集約されるだろう。

スマートスピーカーとは、Wi-Fiを内蔵し、音声コマンドに対応したスピーカーを指す。具体的には米Amazon.com(アマゾン・ドット・コム)が米国やドイツで販売している「Amazon Echo」シリーズや、Google(グーグル)が米国で販売している「Google Home」のことを指す。Alexaとは、Echoで使われている音声技術であり、Amazonはこれを広く他社にライセンス提供している。

この製品の市場が、米国では16年後半、急速にブレークしたのだ。Business Insiderが16年12月28日付の記事で伝えたところによれば、Amazonのスマートスピーカー「Echo」は、16年だけで520万台が販売されたという。Google Homeは16年11月から販売を開始したところで数ははっきりしないが、販売は好調であるようだ。北米でビジネスをする家電メーカー側の認識として、「家庭にはスマートスピーカーが普及しつつあり、連携する機能は求められて当然」という状況になってきているのだ。

Amazonはスマートスピーカーで「ダッシュ」を決めた

その影響は、CES会場にはっきりと表れていた。そこかしこに、Alexaを使った機器があふれていたのだ。

もっとも注目を集めていたのは、LGエレクトロニクスが発表した、Alexaに対応した冷蔵庫だ(写真1)。冷蔵庫についた液晶画面でレシピを見つつ、声でAmazonへの買い物を指示できる。

写真1 CESでLGエレクトロニクスが発表した冷蔵庫。AmazonのAlexaに対応しており、音声で注文ができる

これだけでなく、「音声対応」機器を見かけると、そのほとんどにAmazonのロゴがあった。理由は、Amazonが自社のクラウドであるAWSで「Alexaを機器やサービスで使うための機能」を公式に公開していること、Alexaを使った機器を開発するルールを定めていて、Amazonとともに機器を作ることが簡単であることだ。レノボもAlexaを採用した「Lenovo Smart Assistant」(写真2)を発表している。

写真2 LenovoのSmart Assistant

それに比べると、ライバルであるGoogleの動きは鈍い。Google Homeが発売されたのも16年秋のことで、まだ数カ月しかたっていない。ソニーが自社製品とGoogle Homeの連携をアピールした(写真3)程度である。

写真3 ソニーブースでは、ソニーがGoogle Homeと自社製テレビやスピーカーの連携をアピール

筆者の目から見て、Googleは状況を必死に追いかけており、Amazonは「スマートスピーカー」の市場が出来上がって行く中で見事なスタートダッシュを決めているように思う。

Googleは、テレビ向けのOSである「Android TV」に、音声機能である「Googleアシスタント」の対応を発表した。現在、Android TVは音声で番組検索が行えるのだが、今後は、チャンネルや外部入力の切り替え、音量調整といったことも音声で行えるようになる。いわば、テレビそのものをスマートスピーカー化できるようになっていくのだ。

「部屋のどこからでも対応」できる体験が重要

なぜここまでスマートスピーカーがヒットしたのか? 音声コマンドを受け付け、音声で対応してくれることだけであれば、すでにスマホでもできる。スマートスピーカーでできることは、本質としてスマートフォンの音声コマンド機能と変わらない。判断を下す主体はクラウド側にあり、それを利用しているにすぎないからだ。

だが、実際に使うと価値がわかってくる。

とにかく気楽だ。

スマホでの音声対応は、スマホを持っている状態でないと使いづらい。もちろん大声を出せば離れたところにあってもいいが、それでは便利とは言い難い。

スマートスピーカーは、マイクをうまく使い、日常的に部屋で人にしゃべりかける程度の音量で話すだけで、きちんと命令が伝わる。しかも、テレビがついているときや音楽がかかっている時でも、少し声を大きくする程度でいい。

もちろん完璧ではない。一番面倒なのは「コマンドワード」を言わないといけないことだ。命令は、Amazonならは「Alexa」、Googleならば「OK Google」と言ってから伝える必要がある。人間のように柔軟な解釈をしてくれる状態にはないからだ。

しかし、部屋の中にスマートスピーカーがあれば、情報を得たい時も、音楽を聴きたい時も、照明を消したい時も声をかければいい。スマホから変わったのは、ほんのちょっとした体験の部分なのだが、それが利便性の面では大きな価値を持っていたのである。

そこで、Amazonは製品化で先行し、価格も抑えた。Amazon Echoの最廉価モデルである「Echo Dot」は49.99ドルしかしない。これなら、Echoが便利だと思った人が、家の部屋にそれぞれ置くのも不可能ではない。特に、米国のように広い家が多い地域では有効だろう。

また、Googleのようなアプローチを取れば、テレビがスマートスピーカーにもなる。

「スピーカーとマイクのある機器は全てスマートスピーカーとなりうる」

そう予想する家電メーカー関係者もいた。

「エコシステム」作りで先行するAmazon、日本上陸はいつ?

Amazonが先行したのは商品化だけではない。

重要なのは、「スマートスピーカーの上のエコシステム」を先に作り始めていることだ。スマホがアプリの追加で進化するように、スマートスピーカーも「アプリ」の追加で変わる。ショッピングや音楽、クイズにピザの注文まで、各種ネットサービスを「Skill」と呼ばれるアプリにし、スマホアプリからEchoに追加できるようにしたのだ(写真4)。このSkillの市場は拡大しており、2016年末の段階で、すでに5000を超えるSkillがAmazonのストアに登録されている。アプリエコノミーの構築でiPhoneがAndroidに先行したような状態が、スマートスピーカーの上でも再現されているのだ。

写真4 米Amazonのストア上には、EchoなどAlexa対応機器に追加できる「Skill」が大量に登録され、エコシステムを作りつつある

Amazonがこうした部分で先行しているのは、同社のビジネスモデルに起因する部分が大きい。AmazonはAlexaのライセンス提供では利益を期待していないようだ。同社のクラウドサービスを使ったり、Alexaを経由して同社の音楽配信やショッピングを使ったりしてくれるならそれでいい。Alexaは入り口としての武器になればよく、ビジネス全体での収益はまた違った形で確保できる。だから、他社に比べ投資で先行できる。ライバルにとっては実にやりにくい会社だろう。

現状、スマートスピーカーは日本語化されていないし、日本向けのサービス展開はない。Googleはアプリの一部を日本語化しており、「遠くないうちに、Google HomeやGoogleアシスタントを日本でも展開するのでは……」と思える要素があるが、Amazonはどうにも動きが見えない。技術的に日本語対応は難しいものではない。ハードルはあるが、不可能というレベルではない、というのが、幾人かの専門家に聞いた見解であった。だが、ビジネス的側面で見れば、おのずと違った見方もできる。

米国でこれだけヒットしている以上、日本にもスマートスピーカーの波はやってくる。どの企業から、どういう形で入ってくるのか注視が必要だ。そして、そこにどうビジネスを展開するかが、ここから重要な判断になっていくのは間違いない。

西田宗千佳(にしだ・むねちか)
フリージャーナリスト。1971年福井県生まれ。得意ジャンルは、パソコン・デジタルAV・家電、ネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧