MONO TRENDY

デジタル・フラッシュ

知っていると楽しい  スーパーマリオランを遊ぶコツ

日経トレンディネット

2017/1/18

(C)2016 Nintendo
日経トレンディネット

 2016年12月15日にリリースされた、iPhoneで遊べる『スーパーマリオラン』は、わずか4日間で4000万ダウンロードを達成。これまでのApp Storeの記録を軽々と更新し、140の国と地域で無料ゲームランキングで1位を獲得したと公式に発表されました。その後も勢いは止まらず、12月23日には世界で5000万ダウンロードに到達しました。

■5000万ダウンロードなのに……

 その一方、これほどの爆発的ヒットにもかかわらず、App Storeでのユーザー評価は日本だけでなく各国ともに5点満点の2~2.5あたりで低迷するという、なんとも興味深い現象が起きています。無料でプレーできるのが冒頭の3ステージだけであり、無料でプレーできる範囲か少なすぎる! と無課金ユーザーたちからの厳しい評価が下され、評価の平均値を大きく下げる結果になったと考えていいでしょう。

 実際にゲームを堪能している筆者としては、これはいったんハマれば10時間以上も楽しめる傑作であり、無料で遊べる冒頭の3ステージはゲーム全体の1%くらいのボリュームにすぎないのですから、その段階で「つまらない」と烙印(らくいん)を押すのはもったいないなぁ……と思う一方、課金後にどのくらいの楽しさが待っているのか想像しにくいのも事実であり、ならば「全ステージ開放で1200円」という価格設定を高いと判断し、その段階で低評価を下してしまうユーザーが多いのも理解できるところです。

 なので今回は、無料で遊べるステージ(ワールド1-1~1-3)を使って、このゲームを楽しむためのコツをレクチャーすることにいたします。楽しみ方のコツをつかめば、『スーパーマリオラン』の魅力の一端に触れることができ、それによって「自分にとって1200円の価値があるほどハマれるゲームかどうか?」を判断する指針にできるだろうと思うからです。

 では、さっそくゲーム冒頭、ワールド1-1を使って『スーパーマリオ ラン』を楽しむコツを紹介していきましょう。

■敵をジャンプで避けなくていい

 意外に思われるかもしれませんが、『スーパーマリオ ラン』を楽しむコツは「なるべくジャンプしない」ことなのです。ゲームタイトルどおりに「ラン=走る」ことがアクションの基本なのですね。

 なにしろ今回のマリオ、地上の敵キャラに横から触れても、自動的に乗り越えてくれてくれるので、ジャンプで避ける必要はありません。このことに気付くと、このゲームは一気に楽しくなります。

 では、そんな基本を頭の片隅に置きながら、ゲームをスタートしてみてください。ワールド1-1は、画面を5回タッチするだけでクリアできます。マリオが走るのを眺めつつ

・土管に乗る
・ポーズブロックから走り出す
・谷を越える×3

 の5回だけ、画面をタッチしてジャンプすればOKです。絶対に敵にやられることなく1-1を駆け抜けられます。ぜひ試してみてください。

ワールド1-1。こうして地面を走り続けているかぎり、敵キャラにやられる心配はない。(C)2016 Nintendo

 さて。いったんクリアしたら、すぐに同じステージに再挑戦しましょう。今度は5つのピンクコイン獲得を目指すのです。必要な操作は以下の通りです。

・最初のコイン:ふつうにジャンプ
・2つめのコイン:ポーズブロックからの2連続ジャンプ
・3つのコイン:ノコノコ(カメ)を避けながらジャンプ
・4つめのコイン:ドカンをのぼる途中でジャンプ
・5つめのコイン:ノコノコ(カメ)を乗り越える途中でジャンプ(ウマとびジャンプ)

 何度か挑戦すれば、誰でもピンクコイン獲得に成功できると思います。がんばってみてください。

 いざピンクコインが獲得できたら、またまた同じステージに挑戦して、今度は思いのままに飛び回りながら、最後まで駆け抜けてみましょう。きっと、驚くくらいゲームがうまくなっている自分に気付くことでしょう。

 ピンクコインをとるための操作がゲームの基本アクションの練習になっているため、いつの間にかあなた自身が上達したんです。腕のいいコーチが作成した、遊びのような練習メニューをこなしていたら、気付かぬうちにスポーツがうまくなっていくのに似ているかもしれません。

 このようにして、冒頭の3ステージを3回ずつクリアすると、ぐんぐん自分が上達していくことに気付くはずです。いずれマリオがオートで走ることに対する「もどかしさ」は薄れ、自在にマリオを操る心地よさを感じられるようになってきたと思うのですが、いかがでしょうか?

 もし、ここで「なんか、心地よく操作できるようになってきたなぁ」と感じたなら、あなたは『スーパーマリオ ラン』にハマれる素質の持ち主です。冒頭でも説明しましたが、無料で遊べる3ステージで体験できる楽しさは、ゲーム全体の1%くらいのもの。ここで味わえる「上達の楽しさ」の100倍くらいの楽しさが、1200円を課金した先に待っています。

ワールド1-2。ここではジャンプ台を使っての上への移動や、カベキックに慣れていこう。(C)2016 Nintendo
ワールド1-3。そろそろ空中にいるパタパタ(カメ)を踏むことに挑戦しよう。(C)2016 Nintendo

■課金先には何がある?

 では1200円を支払い、全ステージが解放されると、どんな楽しさが待っているのでしょう?

 最大の魅力は、本編となるワールドツアーで全24ステージが解放され、驚くほどの奥深さを見せ始めることです。冒頭の3ステージは、右へ右へと進むだけの基本的なステージばかりでしたが、この先には多彩なステージが待っています。攻略のコツを交えながら、代表的な舞台を説明してみましょう。

1:お城(クッパ戦)

 各ワールドの最後に登場します。クッパがジャンプして頂点に達したあたりで、ポーズブロックから走り出すのがコツ。着地したクッパの手前でジャンプし、空中でもう一度画面をタッチして「空中スピン」をすれば、楽々と飛び越えられます。

クッパが着地したら、このあたりでジャンプ。クッパの頭上を越えればいい。(C)2016 Nintendo

2:飛空艇

 飛んでくる飛空艇を足場に、右へ右へと進みます。最後のボス戦(クッパではありません)は、頭を3回踏めばクリアとなります。カベキックを利用して早めにジャンプするのがコツ。早すぎた、と感じたら「空中スピン」で滞空時間を調整しましょう。

飛空艇を進んでいく。頭上を砲弾が飛び交うので、むやみにジャンプしないのがコツ。(C)2016 Nintendo

3:お化け屋敷

 正しい扉を探して進んでいく謎解きステージ。ときには鍵を探す必要もあります。ここに出てくる敵キャラは倒せないかと思いきや、その上をジャンプで飛び越えると倒せます。このアクションをマスターしないとクリアできないことも。

正解の扉を探そう。よく見ると、ニセモノの扉は揺れていることが分かる。(C)2016 Nintendo

4:砦

 上へ上へと進んでいく異色のステージ。このステージでは、マリオが壁に触れたところでジャンプすると、今度は左に走り出します。こうして右へ、左へ、右へ、左へ……と往復しながら、ジャンプして上へと進んでいくのです。

歯車を避けながら、上へ上へと迷路状のコースを進んでいく。(C)2016 Nintendo

■キャラが増えればさらに楽しく

 もちろん、すべてのステージにはピンクコインが配置済み。それらを獲得すると次はパープルコイン、さらにはブラックコインが配置されたステージへと変貌します。全ステージで、これらのコイン獲得を目指していると、あっという間に5時間、10時間、15時間と、ゲームに夢中になっている自分に気づくことになるでしょう。

 使用キャラも増えていきます。ルイージ、ヨッシー、ピーチ姫などなど、計6キャラが使用可能になるのです。それぞれアクションの癖が違うため、各ステージをクリアするための攻略手順も変化します。手始めに、ニンテンドーアカウントと連携すれば新キャラ・キノピオが使用可能になりますよ。

 そして、キノピオラリーにも挑戦してみましょう。これはステージを進みながら、マリオのアクションの「クールさ」を競うモードです。格好いいアクションを決めて、たくさんコインを集め、世界中のユーザーと競い合うのです。このモードで勝つことでキノピオが集まってきて、キノコ王国を発展させることが可能になります。するとミニゲームなども遊べるようになり、どんどんゲームの魅力にハマっていくこと間違いなしなのです。

世界中のユーザーと1対1で競い合うキノピオラリー。(C)2016 Nintendo
キノピオラリーでは、制限時間内に多くのコインを集めたほうが勝利となる。(C)2016 Nintendo

(ライター 野安ゆきお)

[日経トレンディネット 2016年12月28日付の記事を再構成]

MONO TRENDY新着記事

ALL CHANNEL