ヘルスUP

フィットネス

1日4分 話題の筋トレ「HIIT」で体脂肪が落ちる

日経ヘルス

2017/1/20

話題の筋トレ「HIIT」を自宅で簡単にできる方法をお教えします。
日経ヘルス

 正直きつい! でも、1日4分間頑張れば、確実に体脂肪が落ちる。そんな効果が話題の「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」。シンプルな4種目の筋トレを繰り返すだけで、体脂肪がメラメラ燃える!

 増えてきた体脂肪率と、体のあちこちのたるみが気になるアナタ。「体脂肪を削りたい!」と思ったときに、体脂肪を減らすと同時に筋肉量を増やし、常に体を「脂肪燃焼モード」にする効果が高い運動法がある。世界的に話題の「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」だ。

 強い負荷の筋トレを20秒行っては10秒休む、というのを4種目、2周分繰り返す、というもの。日本体育大学体育学科の岡田隆准教授は、「HIITの特徴は、一定時間きつい筋トレをすることによって筋肉中の糖を消費し、トレーニング後、長時間にわたって脂肪が燃焼しやすい状態を維持することにある。大きい筋肉を使うので、脂肪燃焼量を一気に増やすことが可能」という。

 きついけれど4分なら頑張れそう。「使っている筋肉は張りを取り戻し、また近くにある脂肪も燃やされるから、たるみが気になる部位を整える『ボディーメイク』が可能です」(岡田准教授)。この記事では、初心者でも行いやすいメニューをご紹介!

HIITとは……
 HIIT(High Intensity Interval Training)は、全力の運動と少しの休憩を限界まで繰り返すトレーニング法。立命館大学の田畑泉教授が有用性を研究して論文として発表した。スケート日本代表選手の強化のために生まれ、「20 秒間の高強度運動+10秒休む、を8回行う」というメソッドが「TABATAプロトコル」として世界で話題に。

■【No.1】スライドスクワット

 プログラムは4種目。「筋トレ初心者の場合、特定の筋肉ばかりを酷使すると故障の原因になる。そこで、下半身→体の表側→体の裏側→上半身と、全身をまんべんなく刺激するメニューがお薦め」と岡田准教授。

 1種目めの「スライドスクワット」は、腰を落としたまま左右に体をスライドさせるスクワットだ。「腰の高さをキープすることによって、筋肉に絶えず負荷をかける。美しい曲線を描くお尻・太ももをつくる」(岡田准教授)。つらい場合は10秒からでもOK。雑に行わず、丁寧に動くのがポイントだ。

最初の種目は、腰を落としたまま、左右にスライドするスクワット。脚全体に絶えず強い負荷をかけることによって、下半身の筋肉をまんべんなく鍛えることができる。
できる人はもっと低く
 できる人は、太ももと床が水平になるぐらいまでしっかりと腰を落としてみよう。腰を落とすほどに筋肉への負荷が大きくなり、効果アップ。

■【No.2】ひざつき腕立て伏せ

 次の種目は「ひざつき腕立て伏せ」。「胸から太ももが一直線になるよう意識しながら行うと、バストアップに欠かせない大胸筋、肩甲骨まわり、体幹にまんべんなく負荷がかかり、ウオーキングなど有酸素運動では鍛えられない上半身の筋肉をパワーアップできる。その結果、上半身が引き締まって美しくなります」(岡田准教授)。

 慣れてきたら、片脚ずつ上げよう。「お尻の大殿筋に負荷をかけ、ぷりっと引き締まったお尻になる。お尻は鍛えることによって引き締め効果が現れやすい部位でもある」(岡田准教授)。

胸の大胸筋を中心に、体の表側をくまなく鍛える動き。デスクワークで凝りがちな背中の肩甲骨まわりもほぐす。できる人は片脚を上げながら行うと、お尻が引き上がり、美尻に!
できる人は片脚ずつ上げる
 上半身を下げたときに一方の脚を、ひざを曲げたまま上げよう。両脚を左右交互に上げながらリズミカルに繰り返すと、お尻が引き上がり、締まる。

■【No.3】スーパーマン

 3種目めは「スーパーマン」。重力に逆らって両腕と両足を上げながら体を反らせる動きで、体の裏側を鍛えよう。「デスクワークの時間が長くて肩甲骨まわりが硬い人、猫背気味で背筋が弱っている人は、かなり苦手とする動き」(岡田准教授)。

 苦手だからといってパスするのはNG! 「4種目のうち、楽にできるものと苦手なものとの落差が大きいときは、筋肉のつき方が偏っているサイン。諦めずに続ければ、必ず筋力がついて、できるようになる」(岡田准教授)。頭ではなく、胸を床から持ち上げる意識で。

ふだんは意識しにくい体の裏側を鍛える。背骨に沿って首から腰に走る、脊柱起立筋、僧帽筋を刺激。背中のぜい肉もすっきり。大きな筋肉を鍛えるので、基礎代謝アップ効果も!
できる人は手を前に伸ばす
 できる人は、手を真っすぐ前に伸ばして行うと、腕の重みによってさらに高い負荷をかけることができ、筋力アップにつながる。

■【No.4】3方向ひねり腹筋

 最後は「3方向ひねり腹筋」。通常の腹筋運動に両腕の動きを使った「ひねり」を加えることによって、お腹の前側、そしてわき腹のくびれ部分もシェイプできる。「起き上がるときは背中を丸めるようにゆっくりと。あおむけに戻るときも、お腹の力を抜かないことが最大の効果を得るコツ」(岡田准教授)。4種目こなしたら、2周目に入る。

 このHIITメニューによって、全身の筋肉をくまなく刺激できる。「へろへろになるまで体を目いっぱい追い込んだ運動後は、体脂肪燃焼が高い状態をキープできる」と岡田准教授。

 ぜひあなたの体で確かめて!

気になるお腹のたるみをシェイプ。お腹の前側にある腹直筋と、ウエストのくびれをつくる内腹斜筋、外腹斜筋を同時に鍛える動き。お腹に力がずっと入ったままで行って。

(ライター 柳本操/イラストレーター 平井さくら)

【HIIT関連のおすすめ記事】

20秒! 時短筋トレ「HIIT」で「二の腕」引き締め

20秒×4動作 時短筋トレHIITで「おなか」へこます

■この人に聞きました

岡田 隆(おかだ・たかし)さん
 日本体育大学体育学部体育学科准教授。1980年、愛知県生まれ。理学療法士、JOC強化スタッフ(柔道)。日本体育大学大学院体育科学研究科修了。2014年、東京オープンボディビル選手権大会70kg以下級優勝。2016年、日本社会人ボディビル選手権大会 一般の部優勝(無差別級)近著は「HIIT 体脂肪が落ちる最強トレーニング」(サンマーク出版)。

[日経ヘルス2016年9月号の記事を再構成]

ヘルスUP新着記事

ALL CHANNEL