大手企業より中小企業での経験が高く評価されることも

知名度が低い中小企業、あるいは知名度はあるものの就職・転職市場で「不人気」の企業でマネジャーを務めている方々も、自身を過小評価する傾向が見られます。「大手企業のマネジャー経験者にはかなわない」という思い込みがあるようです。

ところが、大手企業のマネジャーより無名企業・不人気企業のマネジャーのほうが、「高度なマネジメントスキルを身に付けている」と評価されるケースも多いのです。

大手企業の場合、優秀な社員が集まりやすく、モチベーションも高いメンバーが多かったりするため、マネジメントする立場としてはより楽だともいえます。自分で考えて行動を起こせるメンバーがそろっていて、それほど手がかかりません。

一方、社員の基礎能力や意欲がそれほど高くない企業でマネジャーを務めてきた方は、個々のメンバーに応じたマネジメントやモチベーションを高めるための工夫を積み重ねていたりします。また、大手のようなブランド力や潤沢な予算がない分、戦略を考える習慣が身に付いている人も多数。

マネジメントに限らず、恵まれているとはいえない環境の中、限られた最小のリソースで最大限のパフォーマンスを出すために努力してきたことは、評価に値するのです。

皆さんが、今の環境に不満を感じているのであれば、それを「スキルを高めるチャンス」と捉えてみてはいかがでしょうか。独自の工夫で成果を上げたり、何らかの改善につなげたりすることができれば、転職の際、アピール材料になりえます。

「誰とつながっているか」を見つめ直すことも大切

「明確な成果や実績といえるものがない」。そんな声をお聞きすることもあります。管理部門やサポート的立場で働いてきた方に多い悩みです。

こうした方々の場合、転職活動でアピールすべき「強み」は、「独自に工夫し、改善したこと」「仕組みを変えたり新たに作ったりしたこと」などに注目すると浮かび上がってきます。そして、それ以外にも、担当業務を通じて「どんな人たちとつながっていたか」に注目してみてください。

ある企業の社長室で秘書的な役割を務めてきた方が、転職相談にいらっしゃったことがありました。その方は「完全な裏方仕事。雑用係です」と自嘲気味に語りましたが、よくよくお話を伺うと、「人脈」という強みを身に付けていらっしゃいました。

その方は、自社の社長が参加している経営者団体や勉強会などで幹事を務めていたのです。事務連絡や、会合当日に参加者のお世話をする役割を担い、多くの企業の経営者から信頼を得ていました。つまり、普通は簡単にアプローチできない人物とのネットワークを築いていたのです。

このように、ビジネス上の実績だけでなく、「誰とつながっているか」という観点でも、自分の強みを見直してみてください。「自分に足りない」と思うネットワークを、これから積極的に作りにいってはいかがでしょうか。