SUPPORTED BY 日本生命

温泉上がり、天橋立で味わう極上ワインライター 猪瀬聖

日本三景の1つ、天橋立(京都府宮津市)
日本三景の1つ、天橋立(京都府宮津市)

のんびりと温泉につかった後は、湯上がりの浴衣姿のまま、季節のおいしい料理と極上のワインを堪能――。こんな、日本ならではの贅沢(ぜいたく)を味わえる温泉宿が、日本海を望む京都・天橋立の近くにあると聞いて、訪ねた。

歴史は340年前までさかのぼる

JR京都駅から特急に乗って約2時間。山間を縫って日本海側に抜け、天橋立駅に着く。目的の宿は、文殊菩薩(ぼさつ)で有名な智恩寺の石畳の参道沿いに、人目を忍ぶようにたたずんでいた。宿の裏手には、宮津湾と内海の阿蘇海を結ぶ文珠水道(天橋立運河)が静かに水をたたえている。運河にかかる橋を渡れば、そこは日本三景の天橋立だ。

宿の名は「ワインとお宿 千歳 chitose」。語感は今風だが、歴史は古い。宿のある宮津市文珠地区は、もともと智恩寺の門前町。今から約340年前の延宝8年(1680年)、智恩寺の許可を得た地元の4人衆が、山門前に4軒の茶屋を出した。後に「四軒茶屋」と呼ばれるようになるこの4軒は、やがて遠方からの参拝客に宿も提供し始める。その中の一軒が、千歳だった。

千歳のディナー

「ワインとお宿」に衣替えしたのは、現オーナーの山崎浩孝さん(56)が経営を継いでから。学生時代に米国を旅してワインの魅力にとりつかれた山崎さんは、25歳の時に北海道に渡り、10年間ワイン造りをみっちり勉強。ドイツのワイナリーで研修も積んだ。京都に戻ると、自分でブドウの苗木を植え、醸造設備を整えて「天橋立ワイナリー」を設立。同時に宿を改修し、ワインのおいしい温泉宿としてリニューアル・オープンした。

自分でワインを造る一方、輸入会社を設立してワインの輸入にも乗り出した。フランス産を中心に買い集めたワインは、約5万本。その一部は、宿の中に作った、宿泊客も見学可能なウォーク・イン・セラーに眠る。

風呂上がりにロマネ・コンティ

千歳に泊まる楽しみは、何といっても夕食だ。こぢんまりとしたダイニング・ルームは、照明をやや暗くした落ち着いた雰囲気で、風情がある。食事の主役は、もちろんワイン。予算が許せば、フランス・ボルドーの5大シャトーや、あのロマネ・コンティを、風呂上がりの浴衣姿で飲むという、おそらく世界中でここでしか味わえない究極の贅沢(ぜいたく)を体験できる。

五感を豊かにする旅紀行を読む