セントラルパークと摩天楼 ジャズの殿堂を愉しむ写真家・音楽ジャーナリスト 常盤武彦

「アペル・ルーム」からはセントラルパークと摩天楼を一望できる(Photo by Takehiko Tokiwa)
「アペル・ルーム」からはセントラルパークと摩天楼を一望できる(Photo by Takehiko Tokiwa)

ニューヨークでジャズを愉(たの)しむのなら、ジャズクラブ巡りだけでは物足りない。音響の良い大ホールで、あたかもクラシック音楽のように聴ける“ハウス・オブ・スイング”、「ジャズ・アット・リンカーン・センター(JALC)」はニューヨークのジャズシーンに君臨する一大拠点だ。JALCはその名の通り、世界最大の総合芸術施設「リンカーン・センター」のジャズ部門。ビッグバンドはもちろん、ベテランから若手まで、現代ジャズを代表するミュージシャンの演奏を堪能できる。

JALCはタイムワーナー・センターにある(Photo by Takehiko Tokiwa)

JALCがあるのはマンハッタンの中心部、セントラルパークの南西の角に位置するコロンバス・サークル。コロンブス像が立つ広場を囲うようにそびえ立つ55階建ての複合施設「タイムワーナー・センター」の5階と6階に入居する。

オープンは2004年10月。3つのライブスペースと教育施設、スタジオを備える。

1233人を収容する大ホール「ローズ・シアター」は、ステージを客席が360度、取り囲むユニークな構造。467席を有する「アペル・ルーム(旧アレン・ルーム)」はステージの後ろがガラス張りで、セントラルパークと摩天楼が広がる一大眺望を演奏とともに楽しめる。140席のジャズクラブ「ディジーズ・クラブ・コカ・コーラ」では食事をとりながら音楽に耳を傾けることができる。

このほか、ジャズの歴史がスクリーンで解説され、伝説のアーティストたちの写真が掲げられた「アーティガン・アトリウム」、レコーディングスタジオ、教室を併せ持つ「アイリーン・ダイヤモンド・エデュケーション・センター」がある。

ジャズの殿堂への直通エレベーター(Photo by Takehiko Tokiwa)
ジャズの歴史を学べるアーティガン・アトリウム(Photo by Takehiko Tokiwa)

注目記事