出世ナビ

キャリアコラム

東大合格トップの開成、「楽しい」9割は本当? 開成中学・高校の研究(上)

2017/1/7

2016年まで35年連続で東京大学合格者数トップを走る開成中学・高校。合格者数が200人を超える時もある。16年も171人と、累計合格者数は6000人に迫る勢いだ。日本の政治経済界に「開成人脈」を形成し、多数のリーダーを輩出している。東京・西日暮里にある開成を訪ねた。

(下)「ハーバード新入生より優秀」 開成の人材育成法 >>

■冬休みに運動会の準備

「おお、君らは何やっているの」。クリスマス明けの12月26日、開成中学・高校の柳沢幸雄校長(69、東大名誉教授)は大きな声でこう尋ねた。校舎の脇にある倉庫の前で4~5人の生徒らがマットをたたむような作業をしていた。

「先生、運動会の棒倒しの準備です」と生徒が答えると、柳沢校長は「そうか、頑張れよ」と笑った。2学期の授業は22日に終了しているし、開成の運動会が開かれるのはもちろん冬ではない。毎年5月だ。「開成は運動会が終わった直後から、来年の準備を始めますから、1年中、各担当の生徒たちはああやって作業をしているんです」と柳沢校長は解説する。

開成中学・高校の柳沢幸雄校長

冬休みに入った開成。生徒たちは一斉に進学塾に足を向けているのかと思ったら、次々正門をくぐり抜けてくる。補習授業を受けに来るのではない。大半の生徒はクラブ活動のために学校に来るのだ。真新しい人工芝のグラウンドではサッカー部の部員が走り回り、屋内施設ではバレーボール部がジャンプの練習、体育館内ではバドミントン部と、いずれの部員も大声を上げ、気合を入れている。東大合格トップを走る開成。青白い顔をした「ガリ勉集団」と思っていたが、想像と全く違う。進学校ではなく、スポーツ校に来たかのような雰囲気だ。

「いや、部活はどこも結構強いんです」と柳沢校長も胸を張る。伝統のボート部は17年3月に全国選抜の出場が決まっている。サッカー部も中学は強く、首都圏私立中学校チャンピオンズカップでは東京都から出場した8校の一角を占めた。高校の野球部も東東京大会でベスト16に進み、「開成旋風」と話題になったこともある。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL