出世ナビ

90秒にかけた男

古舘さんTV通販に挑戦 「伝えられず」売り上げ8割 ジャパネットたかた前社長 高田明氏(12)

2017/1/4

通信販売大手ジャパネットたかた。前社長の高田明氏はテレビ通販王国を一代で築き、お茶の間の人気者ともなりました。朝から晩までテレビカメラの前に立ち続け、「伝える」ということを追究してきた高田氏。同じように「伝える」ことを追究してきた喋(しゃべ)りのプロと、「伝えたい」という気持ちにあふれる学生と接し、「伝える」ことについての思いを新たにします。

◇   ◇   ◇

今日は最近の私のテレビ活動についてお話ししましょう。すでに私は通販番組のMC(総合司会)から降りていますが、フジテレビからアナウンサーの古舘伊知郎さんがジャパネットたかたの通販番組で商品を売る企画の提案がありました。

古舘さんが司会を務める「フルタチさん」というバラエティー番組の企画で、彼がジャパネットのMCとして実演販売に挑戦して、商品の売れ行きを試そうという趣向です。古舘さんが「ぜひやってみたい」ということでしたのでお受けしたところ、ロケのために長崎県佐世保市までわざわざ来てくださいました。その模様は2016年12月11日に地上波テレビで放映されました。

■喋りのプロ、通常のジャパネットの80%

ジャパネットたかた前社長 高田明氏

結果をご存じの方も多いでしょうが、古舘さんは小型掃除機「レイコップ」に挑戦され、成績はジャパネットの通常の売り上げの80%でした。

これを多いと見るか、少ないと見るか分かれると思いますが、私は「視聴者は古舘さんがどんな紹介、どんなことをするかに関心がいってしまって、電話をかける手が止まってしまった」のだと感じました。

数々のバラエティーやニュース報道番組で経験を積まれてきた古舘さんが、異分野のショッピングに挑戦して果たしてどうなるか。多くの方が興味を持たれたと思います。

実際、古舘さんの語りはうまいですよね。商品説明でも、レイコップの本体カラーが赤、白、青の3色あるのですが、それをフランスの国旗の色にたとえてみたり、UV(紫外線)ランプのブルーの色を米高級ブランドの「ティファニーブルー」に形容したりするなど、記憶に残るようなプレゼンでした。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL