ファミコン、野球盤…大人が欲しいクリスマス玩具便乗型クリスマスプレゼント6選(1)

日経トレンディネット

日経トレンディネット

お歳暮や忘年会など、何かとお金が出ていく年末。パートナーや子どもにはクリスマスプレゼントを買っても、自分の買い物は後回しというビジネスパーソンは多いことだろう。今回はそんな方に、子ども用クリスマスプレゼントの提案。

といっても、ありきたりな子ども向け玩具ではなく“便乗型”、つまり子どもへのクリスマスのプレゼントを隠れみのに、大人が買いたくなるようなひねりの効いたブツをピックアップした。大人も子どもも楽しめる玩具は、絶好のコミュニケーションツールになる。帰省時のお土産や、子どものいる友人宅へのプレゼントとしてもお薦めだ。2回に分けて紹介する。

任天堂「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」

ソフト30タイトル収録! 入手困難、でもほしい…

任天堂「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」(5980円)

いま、ちまたで大人気となっているミニサイズのファミコン。手のひらサイズの本体に『スーパーマリオブラザーズ』『ゼルダの伝説』『グラディウス』といった誰もが知る往年の名ソフト30タイトルが収録されている。筆者もそうだが、現在、小学生以下の子どもを持つ親の多くは幼少期にファミコンに夢中になった世代だ。

1983年に登場した初代ファミコンをそのまま縮小したようなきょう体やパッケージデザインを採用するクラシックミニは、そんな世代のコレクターズアイテムとしての魅力もある。しかしまるで実写のようなCGがグリグリ動く現代のゲームに慣れた子どもが果たしてファミコンゲームなんぞ楽しめるのか? 筆者自身もかなり久しぶりにファミコンソフトをプレーしてみたが、その心配はまったくないと確信した。

初代ファミコンをそのまま手のひらサイズにしたようなルックスが当時を知るアラフォー世代のハートをわしづかみ。ソフトは内蔵されているので筐体の上から差すことはできないが、左が電源スイッチ、右がリセットボタンという配置もそのまま。どのソフトでもプレイ中にリセットボタンを押すことで進行状況を保存できる機能が追加されている
コントローラーのサイズが思いのほか小さかったが、実際にプレーしてみると操作性は良好。IIコントローラーに搭載されていたマイクはダミー

当時の(名作といわれる)ファミコンゲームは、機器の性能的な制約からグラフィックやサウンドこそ貧弱だが、ゲーム性や演出といった「本質」が伝説的なゲームクリエーターたちの手によってとことん磨かれている。ノスタルジーだけにとどまらない普遍的な面白さがあるのだ。

グラフィックにしても、リアリティーという意味では現在のCGとは比べようもないが、最小限のドットであらゆる物体を表現する見事な職人芸だ。どのソフトもシステムや操作がシンプルでとっつきやすく、親子で遊ぶにはむしろ現在のゲームよりも優れているかもしれない。

そういえば筆者もファミコン全盛だった小学生のころ、担任の教師に本将棋のルールを教えてもらい、「こんな面白いゲームがあったのか」と感動した記憶がある。あれから30年あまり。ファミコンもそのポジションに就いたということなのだろう。

「グラディウス」(1986年発売/KONAMI)。横スクロールシューティングゲームの傑作。多種多様なパワーアップを任意で選択できるシステムが画期的だった。BGMも高い評価を受けたソフトなので、その辺りもじっくりと楽しみたい (C)Konami Digital Entertainment
「魔界村」(1985年発売/カプコン)。回転率が重要視されるアーケードゲーム(ゲームセンターに置かれる業務用ゲーム機のこと)からの移植作品ということもあり、高難易度で知られた横スクロールアクション作品。筆者の衰えた反射神経では1面中盤で登場するレッドアリーマー相手に屍(しかばね)の山を築くハメに (C)CAPCOM CO., LTD. 1986, 2016 ALL RIGHTS RESERVED.

エポック社「野球盤 3Dエース モンスタースタジアム」

野球盤史上最大のフィールド面積と全9球種に驚き!

エポック社「野球盤 3Dエース モンスタースタジアム」(9980円)

ファミコンと同様、いま30代以上の男性なら一度は遊んだであろう玩具がこれ。要は野球を題材にしたボードゲームなのだが、エポック社といえば野球盤、野球盤といえばエポック社というくらい昭和生まれの少年たちには浸透していた。余談だが、筆者が小学生だった1980年代後半には当時完成したばかりの東京ドームを模した「ビッグエッグ野球盤」という商品が販売されていた。球場全体が透明な屋根で覆われた高価なデラックス仕様である。クリスマスシーズンになるとが然厚みを増す新聞の織り込みチラシにそいつが載っていて、欲しくてたまらなかったことを思い出す。

実況のアナウンスや得点、アニメーションなど、多彩な機能をもつ電光掲示板を採用。盗塁をしたいときは盗塁ボタンを押すと、電光掲示板がセーフ、アウトの判定をランダムでしてくれる。試しに何度かやってみたところ盗塁の成功率はかなり低かった
操作は基本的に昔と変わらず。レバーを引いて離すだけのシンプルなものだ

この「野球盤 3Dエース モンスタースタジアム」は野球盤史上最大のフィールド面積をうたう最新モデル。名前に「3D」とあるのは、これまで転がすだけだった投球を、何と本物の野球のように飛ばして放ることができるようになったから。もちろん野球盤名物の「消える魔球」も引き続き採用されており、全9種の多彩なボールを投げることが可能だ。

また外野手の守備位置を手元のレバーで動かせるほか、音声やサウンド、アニメーションを表示して試合を盛り上げる電光掲示板も付属。プレーするのは小学生以来だったが、進化に驚きつつもその面白さに思わずうなってしまった。球がうまく出てこなかったり、とんでもない変化球を投げてしまったりと、しばしば苦笑するような“事故”が起こるのが、いかにもアナログのゲームらしく楽しい。

ただ、いくら懐かくて面白いといっても、これほど大型の玩具を何もエクスキューズもなしに買って帰った日には、妻君にどやされること必至。子どもへのクリスマスプレゼントを言い訳に利用しない手はないだろう。

ピッチャーから放たれた球が空中を飛んでいるのがお分かりだろうか。さすがに空中で変化させることはできないが、従来のカーブやシュート、消える魔球などと合わせ、全部で9種類の球を投げることが可能になった
野球盤名物の「消える魔球」。文字通り盤下に球が消えるので絶対に打つことができない。見逃せば判定はボールになるが、これをパカパカと開閉させながら球を放られるとその見極めは極めて難しく、打者が圧倒的に不利になる。リアルファイトに発展しないよう、回数制限などのローカルルールを設定するといいかも

(ライター 佐藤旅宇)

[日経トレンディネット 2016年12月2日付の記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧