出世ナビ

学校のリーダー

東大理三も京大医も制覇 灘高、強さの秘密 灘中学・高校の研究(上)

2016/12/10

 日本最難関の東京大学理科三類と京都大学医学部医学科。私立灘高校(神戸市)は2016年にそれぞれ20人、25人の合格者を出した。両医学系の5人から4人に1人は灘高生、もちろん全国トップの実績だ。35年連続東大合格者数トップの私立開成高校(東京・荒川)、筑波大学附属駒場高校(東京・世田谷)を加え、「日本の進学校トップ3」と呼ばれるが、受験関係者からは「最強の学校は灘なのではないか」とも指摘される。灘中学・高校の強さの秘密に迫った。

(下)日本最強の進学校はどこ? 灘校の広すぎる廊下 >>

■開成・東大理三は「平凡」

 「我々の時は東大理三は1学年に90人でした。やはり一番多いのは灘出身者で、うちはその次かな。灘の連中は面白いというか、切れ者が多かった。それに比べると、うちは普通というか、平凡ですよ」。遠隔診療システムを提供する医療ベンチャー、メドレー(東京・港)の豊田剛一郎・代表取締役医師はこう話す。豊田氏は開成から03年に理三に合格、医学部を卒業後に脳外科医となったが、現在は経営者だ。

 開成出身の東大医学部の学生がとても平凡とは思えないが、実はこのメドレーには「東大医学部出身者が5人ぐらいいます」と豊田氏は話す。隣の席の灘高出身者の社員に確認して、「まあ当時も灘から毎年15~20人が理三に合格してたそうですから、灘がずっと多数派ですね」と答えた。

出世ナビ新着記事

ALL CHANNEL