スピードスケート・高木美帆さんに聞く10のこと自分の性格 冷めてるわけじゃないけど、熱くはない

2016/12/8
平昌冬季五輪に出場する高木美帆さん(2017年2月のスピードスケート世界距離別選手権)
平昌冬季五輪に出場する高木美帆さん(2017年2月のスピードスケート世界距離別選手権)

スピードスケートの高木美帆さんに身の回りのことを含めて聞いてみました。

1 リオデジャネイロ五輪は見た?

同じ1994年度生まれの選手がいるバドミントン(奥原希望)、バレーボール(宮下遙)、新体操(畠山愛理)を中心に見ました。

2 冬季五輪をアピールして。

クールでホット。タイム競技などスピード感のあるものが多いから、ルールが分からなくても面白いんじゃないかな。

サッカーのリフティングも得意という(2017年6月)
3 人生最大の決断とは。

大学進学。でも、東京に着いた途端、息苦しくて「やっぱり住めない」と思った。田舎がいいです。

※北海道帯広市近郊でノビノビ育ち。

4 五輪で一番印象に残っているシーンを教えてください。

2004年アテネ五輪で男子体操団体が金メダルを取った瞬間。(NHKの公式テーマソングだった)ゆずの「栄光の架橋」とともにすごく記憶に残っています。

ただ、同じ日体大生もいるのに、リオ五輪体操金メダルメンバーたちとはあまり面識がないんです。

5 聞くとテンションが上がる曲。

映画「ワイルド・スピード」のテーマ曲。

6 スケート以外の特技は。

サッカーのリフティング。

7 もしも生まれ変わったら。

ダンサーになりたい。

8 自分の性格を分析すると。

冷めてるわけじゃないけど、熱くはない。

9 実際に会ってみたいという人はいますか。

同じ年で頑張っている人。ずっと歌手の家入レオさんでしたが、この前コンサートに行き、話せました。

10 好きなもの、苦手なことを挙げてください。

好きなのはキノコ類。苦手なのは生魚。刺し身やスシはあまり食べないです。あと、歌は苦手。歌えません。

延長戦 将来の夢は。来季はいよいよ平昌五輪シーズンとなりますが。

円満な家庭を築くこと。五輪のメダルはあくまで目標であって、夢とは違う気がします。

たかぎ・みほ 北海道幕別町出身。スピードスケート女子の中距離エース。団体追い抜きで平昌五輪のメダルが期待される。日体大4年。姉・菜那も日本代表。

[日本経済新聞朝刊2016年12月8日付を再構成]