「世界にひとつだけ」の眼鏡をつくる~福井県鯖江市

めがねShopではたくさんのフレームから選んで、正確なサイズ合わせや丁寧なフィッティングが受けられる(めがねミュージアム提供)
めがねShopではたくさんのフレームから選んで、正確なサイズ合わせや丁寧なフィッティングが受けられる(めがねミュージアム提供)

鯖江市を中心とする福井県の眼鏡フレーム生産地域は眼鏡フレームの国内製造でシェア9割を超える。世界的ブランドのアイウエアも実はここで生産されているケースが多い。見慣れたツールの眼鏡だが、選び方や手入れ方法を知らない人も珍しくない。「眼鏡の聖地」への旅は身近なパートナーとの間柄をバージョンアップしてくれる。

「めがねミュージアム」で本格的な眼鏡作り挑戦

北陸新幹線が金沢駅まで通ったおかげで、東京周辺からも金沢経由で行きやすくなった。金沢駅でJRの特急に乗り換えて約1時間で鯖江駅へ。関西方面からは東海道新幹線の米原駅で乗り換えても行ける。

めがねミュージアムは屋上の赤い眼鏡が目印(めがねミュージアム提供)

全国の眼鏡好きが向かうのは、駅から歩いて15分程度の「めがねミュージアム」。全国でも珍しい眼鏡専門の博物館だ。10階建てのビルは屋上に置かれた真っ赤な眼鏡の巨大なオブジェが目印だ。

このミュージアムでは眼鏡の手作り教室に参加できる(要予約)。素人が見よう見まねで手を動かしてみる程度のよくある「体験」とはわけが違う。所要時間は5~7時間。料金は1万8900円(税込み)。観光客向けの体験コースとして見ると、安くはないが、完成品の眼鏡が手に入ると思えば、そうでもない。

「世界にひとつだけ」のオリジナル眼鏡を手作りできる。プラスチックフレームの形と素材を選ぶところから始まって、削り出し、ヤスリ仕上げなどを自分の手で進めていく。ベテランの匠から指導を受けながら、にわか職人気分が味わえる。ミュージアム2階の工房には万力やドリル、磨き装置などが並び、本格的な作業場のムード。フレームデザインは約70種類、材質は約500種類から選べるので、オーダーメード感覚で眼鏡作りを楽しめる。

糸のことやすりだけで形を整えていく職人技を体験できる(めがねミュージアム提供)

実際の枠よりもやや大きめの板状プラスチックに、フレームの輪郭を印刷したシートを貼り付け、その線に沿って糸のこぎりで切り抜く。匠はスイスイ刃を切れ込ませていくが、素人は垂直に歯を立てて板を切り進むのが容易ではない。かなりの汗をかく。翌日以降、筋肉痛に襲われる人もいるという。ほぼ輪郭通りに切り抜いたら、次はヤスリでさらに正確に形を整える。さらに、テンプル(両サイドのバー部分)をつけて、眼鏡らしい形になっていく。最終的な仕上げは職人に任せて、約1カ月後の完成を待つ。

おみやげはオーダーメードで仕立てた特別な1本

眼鏡好きにたまらないのは、館内の著名人着用品の展示コーナー。古くは吉田茂元首相から、漫才師の横山やすし、コメディアンのトニー谷、タレントの所ジョージ、笑福亭鶴瓶、俳優の石原裕次郎といった著名人が実際に使っていた眼鏡が集められている。多くは収集家のコメディアン・大村崑のコレクションだ。特撮ヒーローのウルトラセブンが変身の際に用いる「ウルトラアイ」にも対面できる。

漫才コンビ「南海キャンディーズ」の山ちゃんこと、山里亮太はレンズが小ぶりの赤いフレームがトレードマーク。この眼鏡を制作しているのが、同市内のプラスチック眼鏡枠メーカー「サン・オプチカル」の竹内公一社長だ。この道40年を超える匠。鯖江製の魅力を伝えるスポークスマン的存在でもある。

五感を豊かにする旅紀行を読む