エンタメ!

ビジュアル音楽堂

AIピアニスト バイオリン奏者と共演の腕前

2016/12/3

 人工知能(AI)がクラシック音楽でも注目を集めている。共演する演奏家にぴったり息を合わせ、音を繰り出す。そんな調和がとれたアンサンブルを人間に代わってこなすAI演奏家が登場した。ヤマハが約2年をかけ開発し、故人の巨匠ピアニストをよみがえらせる演奏会も開いた。AIは人に感動を与えられるのか、芸術の領域で可能性に挑む。

 「この子がしっかり合わせてくれるので、旋律が全く違ってくる」。ヤマハの「人工知能演奏システム」の開発担当者、研究開発統括部主事の前沢陽さんは、「AIピアニスト」との共演についてこう説明する。ブラームス作曲「バイオリンソナタ第2番イ長調」第3楽章の伸びやかで情感あふれる冒頭部分。傍らにある電子ピアノから自然と出る音に、バイオリン奏者が呼吸を合わせて演奏しているのか。実は、その逆で電子ピアノが彼を引き立てているのだ。

AIが音とテンポを先読みし共演

 前沢さんが「この子」と親しげに呼ぶのは、電子ピアノ自体ではなく、ノートパソコンの方だ。電子ピアノ自体は自動演奏機能によって無人で鍵盤を弾く。ノートパソコンが頭脳となってこの電子ピアノに指示を出す。パソコンはAIシステムを搭載しており、バイオリンが演奏を始めると、マイクで音を瞬時に拾い、そこから音やテンポを先読みしながら共演する。不自然にバイオリンのテンポを落としたり、ペースを上げたりしても、AI側が規律正しくあわせてくれる。

AIによるピアノとバイオリンで共演するヤマハ研究開発統括部の前沢陽さん(11月24日、東京都港区)=撮影 片山和雄

 AI機能をオフにすれば「単なるカラオケのようなもの」と前沢さんは言う。AIピアニストとの共演と比べると一体感は薄れ、明らかにちぐはぐになる。バイオリン奏者が意識的にテンポを外せば、アンサンブルはたちどころに破綻する。

 「人間との共演を何度も重ねるほどAIの精度が高まる」と前沢さんは説明する。人間がどうタイミングを合わせるか、そのメカニズムをAIに学ばせるのだ。人間による演奏の音色やテンポの変え方、挙動に加え、演奏でありがちな間違いのパターンなども集めて学ばせる。そうした複雑なデータをまとめて計算処理できるようにし、ヤマハの「AI演奏家」の技巧の洗練度を増していく。さらにはアンサンブルする人間の弾き方や癖も覚えて適応していけるようになる。

ノートパソコンの画面上に映されたヤマハの「人工知能演奏システム」(11月24日、東京都港区)=撮影 片山和雄

 5月、東京芸術大学(東京・台東)の音楽ホール「奏楽堂」でベルリンフィル・シャルーンアンサンブルとの演奏会を開いた。バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスのメンバーとともに「AIピアニスト」が晴れの舞台に立った。「亡き巨匠との共演は演奏家の夢」と前沢さん。故スヴャトスラフ・リヒテル(1915~97年)によるピアノの音源データを使い、シューベルトの「ピアノ五重奏曲《ます》」(第4、5楽章)を披露した。AIがリヒテルのピアノのタッチを再現するだけでなく、メンバーの一員として互いの意図をくみ取り合う演奏を目指した。

ユーモアや即興のセンスも磨く

 AIに任せきりというわけにはいかない。本番前にAIと人間側のどちらが演奏パートごとにリードするのかを相談し、AIにあらかじめ設定してシステム全体を調整している。リハーサルも何度も重ねた。実際の演奏会ではマイクに加え、譜面台に置いたカメラが演奏者の動きを検知し、タイミングが合うようにも工夫した。

ノートパソコンでヤマハの「人工知能演奏システム」を紹介する前沢陽さん(11月24日、東京都港区)=撮影 太田望

 舞台にはリヒテルを模した影が投影されたが、これも単なる演出でない。姿がないはずのAIピアニストの息づかいを感じられる仕掛けだ。演奏しないときにも合図やしぐさを伝えられるようにした。音にとどまらず、映像とも連動させられるのもヤマハのAI演奏家の技術の一つだ。

 20分ほどの演奏会にはAIピアニストにミスもあったが、かえって人間に近いともいえる。一流の演奏家を相手にしても観客を楽しませるだけのパフォーマンスをみせた。「音としては物理的にあっていたが、AIのレベルはまだ進化できる」と東京芸大副学長の松下功さんは演奏会を振り返る。「共演者からはユーモアがほしいと言われた」と前沢さんは言う。演奏会の本番で即興性を引き出すだけの表現力にするには、AIの創造性やセンスを磨く余地はまだある。「人間だけの演奏ではなく、こうしたテクノロジーの力を使った芸術も新たな感動を生む。そんな時代が来ると信じている」と松下さんは抱負を語る。

 今回はリヒテルを舞台に復活させたが、AI演奏家は音源データさえあれば誰にでも変身する。自分に合ったパートナーになってくれる。憧れの演奏家をいつでも呼び出せる。自宅に1人でいてもオーケストラと共演することも可能になる。AIが創造性を持つかどうかというテーマが残るにしても、新たな音楽の楽しみ方を十分に広げてくれるはずだ。

(映像報道部 森園泰寛)

エンタメ!新着記事

ALL CHANNEL