雪の夜景から源平の放水合戦まで 冬の岡山グルメ旅

(写真提供:ひるぜん雪恋まつり実行委員会)
(写真提供:ひるぜん雪恋まつり実行委員会)

岡山は「晴れの国」といわれる温暖な土地だが、鳥取県境に近い北部は、スキー場があるほどの雪国だ。冬真っ盛りの雪景色と温暖な瀬戸内海をいっぺんに味わえる特別な旅をご紹介しよう。

「サンライズ出雲」でひるぜん雪恋まつりへ

来年2月4~5日の週末「関西の軽井沢」とも呼ばれる県北のリゾート地・蒜山(ひるぜん)高原では、恒例の雪山を満喫するイベント・ひるぜん雪恋まつりが開催される。

サンライズ出雲

蒜山高原へは大阪からなら米子行きの高速バス、岡山駅からは中国勝山駅行きの高速バスが便利だ。東京からは新幹線、飛行機でも行けるが、せっかくなので寝台列車を利用してはいかがだろう。

東京駅を夜出発する人気の寝台特急「サンライズ出雲」に乗れば、1週間の仕事を終えてのんびり横になっている間に、翌昼には蒜山高原に到着する。個室やラウンジ、シャワーもある豪華な寝台特急で、ゆったりとした、列車ならではの旅が堪能できる。ただし、売り切れ必至の人気列車なので、予約開始早々の手配が不可欠だ。

ひるぜん雪恋まつり

ひるぜん雪恋まつりは、昨年は2日間で1万5000人を動員した人気イベント。秋田県横手市から本場のかまくら職人がやってきて、岡山の雪原にかまくらを作る。かまくらの中に入ったり、そりに乗ったり……雪国ならではの遊びを体験できる。自分の手で、ミニかまくらも作れる。

夜のかまくら 幻想的な風景(写真提供:ひるぜん雪恋まつり実行委員会)

夜になれば、ミニかまくらの中にキャンドルの明かりがともされる。真っ白な雪原にほのかな明かりを放つミニかまくらが1000基。幻想的な風景だ。

そしてグルメも。地元のまちおこし団体・ひるぜん焼そば好いとん会は2011年のB-1グランプリで首位のゴールドグランプリを受賞した。自慢のやきそばの具は卵を産まなくなった親鳥の肉で、独特の味わいと歯ごたえがある。これを味噌味に調理、ガーリックパウダーとともに食べる。ほかの町ではなかなか食べられない味わいだ。もちろん会場内で食べられる。

横手やきそば
ひるぜん焼そば

かまくら職人がやってくる横手の、ひき肉と目玉焼き、福神漬けが特徴の横手やきそばも販売する。人気ご当地やきそばの食べ比べも可能だ。ジャージー牛で知られる蒜山高原だけに、超濃厚な牛乳やソフトクリームも食べ逃せない。

夜はジャージー牛ステーキや、名物の子羊料理、ジンギスカン、さらには蒜山そばと何を食べていいのか迷ってしまうほどだ。

五感を豊かにする旅紀行を読む