出世ナビ

臼井流最高の話し方

気づいてる? 「なぜか嫌われる人」の5つの話し方

2016/11/30

「話し上手は聞き上手」と言われるように、熱心に相手の話を聞く人は好かれます。人は誰でも、自分の話を聞いてほしい、理解してもらいたいという「欲求」がありますから、「聞く」に集中することで、相手の承認欲求が満たされるわけです。ですから、会話するときは相手の話を聴くことにフォーカスしてみましょう。

嫌われやすい代表的なNG言葉は「自慢するわけではありませんが」「耳寄りな話がありまして」などです。「自慢するわけではありませんが」は、本当は自慢したいという本音が見え見えです。むしろ「自慢話なんだけど、聞いてもらえますか?」と前置きしたほうが、はるかに好感を得られます。

「耳寄りな話がありまして」は、かえって怪しまれる前置きです。うまい話に乗れば手痛い目に遭うご時世ですから、「耳寄りな話がありまして」と口火を切ったら大概の人は「うさん臭い」「詐欺かもしれない」と感じるでしょう。疑いを抱かせるだけで、一利もない残念な前置きです。

2.自己主張が強い

謙虚な気持ちを持って人と接するようにしないと、確実に嫌われます。相手の話を聴かずに、どんどん前に出るのも控えましょう。自己主張が強いと、相手の存在をおろそかにしてしまいがちです。話相手によっては自分が無視されているように感じる人もいるでしょう。

代表的なNG言葉は「まあ、黙って聞いてよ」「見解の相違だね」「解釈の違いだ」などです。親しい間柄の相手であっても、「まあ黙って聞いてよ」と言われた瞬間に、私ならばムッとするでしょう。会話は言葉のキャッチボールです。相手と話の呼吸があってこそ、「コミュニケーション」といえるのです。

3.いい訳をする

自分の非を認めない人は、誰からも好かれることはありません。ミスをしたり、トラブルの原因を作ってしまったときには、素直に謝ることが一番です。たとえ、直接の原因が自分に無かったとしても、相手に迷惑をかけたのであれば謝るのが社会人としての常識です。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL