女性

キャリア

輝くための4つの動詞 アニータ・トローセットさん イノベーション・ノルウェーCEO(キャリアの扉)

2016/11/27

「デジタル化の波のなかで国も変わろうとしている」。2014年5月、ヘッドハンターの熱意に押され、政府系機関、イノベーション・ノルウェーの最高経営責任者(CEO)職を受けると決めた。当時の肩書は米ヒューレット・パッカード(HP)の現地法人社長。女性リーダーとして先頭を走ってきた自負はあるが、公共部門で働くのは初めてだった。

96年から米IBMのノルウェー法人で研修生として働く。ノルウェーのIT企業などを経て、12~14年に米HPノルウェー法人社長。14年から現職。幼い頃から書くことが好きで14年に女性リーダー育成のための本を執筆。3人の娘を愛する。44歳。

イノベーション・ノルウェーは起業家支援や産業振興を担う組織だ。自国のスタートアップ企業の経営者と議論し、ノルウェーへの投資を呼び込むために世界30カ国の拠点を飛び回る。フットワークの軽さや成果に対する意識など「私企業での経験は生かせる」。ネットやデータ、人工知能(AI)が国の産業構造を激変させつつある時代。「最低でも5年間は今の役割を全うする」とエネルギッシュに語る。

とはいえ、ダイバーシティ(多様性)の先進国とされるノルウェーですら男女格差はいまだにある。疲れたり、気分が乗らなかったりする日もある。そんな時は「寝る」「単純化する」「書く」「バランスを取る」の4つの動詞に立ち返る。

例えば、複雑な事柄はいったん文字にすることで冷静に客観視できるようになった。HPノルウェーの社長時代に開設したブログを批判されたときは、建設的な批判と個人攻撃の2種類にざっくりと分けて個人攻撃を聞き流した。帰宅後に45分の短い睡眠を取ってリフレッシュするのは3人の娘たちも了承済みだ。

4つの動詞はいずれも、リーダーの経験を積む過程でたどり着いたもの。「言葉の種類は人によって異なるはず。けれど動詞であることに意味がある。行動を伴うものだから」

IBMの研修生を経てノルウェーのIT企業、HPの現法社長、そして公的機関のCEO。はた目に輝かしく見えるキャリアの原点には、10代の頃にテレビでくぎ付けになった女性がいる。ノルウェーで最初の女性首相、ブルントラント氏だ。討論がうまく、自分の意見を語って組織を率いる彼女の姿は、1人の政治家を超えて格好良く見えた。いま娘たちが同国で2人目の女性首相の姿を見ているのは何かの縁だろう。

そして日本も「大きな変革点にある」と感じる。防衛相、民進党の党首、東京都知事、この1年間でリーダーに3人もの女性が就いた。悲しい過労死事件を機に、長時間労働の是正も本格的になりつつある。「この流れを止めてはいけない」。北欧で殻を破り続けてきた女性リーダーが日本の動きをじっと見ている。

(佐藤浩実)

女性 新着記事

ALL CHANNEL