節約でお金はたまらない 削るなら「大きな支出」から大富豪が実践しているお金の哲学

日経マネー

日経マネー

大富豪と呼ばれる人たちがいる。多額の富を保有する彼らのお金に対する考え方は、いったいどのようなものだろうか。かつて金融資産10億円を超える大手顧客を対象とした野村証券のプライベートバンク部門で辣腕をふるったZUU社長兼CEO(最高経営責任者)の冨田和成氏が、大富豪が実践する「お金の哲学」を解説する。

「誰でもお金がたまるマル秘テクニック!」。こんな刺激的なタイトルを見つけて読み始めると、倹約の話しか書いておらず、「またか」とため息をついてページを閉じる──。こんな経験がある方も多いでしょう。大富豪を目指すなら倹約の精神は確かに必要です。倹約だけで大富豪になる人もいます。ただ、それはあくまでもレアケースにすぎません。

大半の大富豪は「消費より倹約」の精神を持ちつつ、「消費より投資」というマインドをさらに強く持っています。というのも、過度な倹約は将来リターンが期待できる支出まで控えてしまう恐れがあるからです。40代、50代になって倹約するなら仕方がないとしても、若い世代は投資の回収期間が長いわけですから、細々とお金をためる行為は効率が悪い気がします。

つまり大半の大富豪はお金を使うこと自体には積極的であり、それをいかに効果的に使えるかを重視しています。

節約も効率が大事

支出を抑える極意があるとするならただ一つ。大きな支出だけをコントロールすることです。

血眼になって1円単位でお金をためても効果は限定的です。「今月ピンチなので」と言って500円のランチ代を200円にしたところで月に6000円(300円×20日)しか浮きません。

その程度の節約なのであれば、むしろバランスの取れた食事をした方が、長い期間で考えれば利回りが良いはずです。体調を崩せば収入が途絶えますし、医療費も掛かりますからね。しかも、そういう細々とした節約をする人に限って、平気で飲み会に参加してタクシー代を含めて1万~2万円使ってしまうこともあります。「コントロールすべきはそこだろう」と言いたいわけです。

実は私、20代の前半に家計簿を付けていた時期があります。その結果、出費の大部分は自分の目標にとって必要ではない交際費で使われていることに気付きました。そうやってフィルターを掛けていくと、参加しなくてもいい飲み会が意外と多いことに気付きます。

そこで私は考え方を改め、無駄な宴席には出ないと決めました。そうしてたまったお金で本を買ったり、スーツを買ったり、自分の仕事につながる分野に投資したりしていくことにしました。営業をしていたおかげもあって、その成果はすぐに収入面で出ましたし、この時の判断は私の成長にとって大きなターニングポイントになったと思います。

1円を粗末に扱わないことも大切でしょうが、そこに注力するくらいならもっと効果のある節約手段を考えるか、もしくはもっとお金を稼ぐ方法を考える方が合理的だと思います。

冨田和成(とみた・かずまさ)
ZUU社長兼CEO。一橋大学在学中にIT分野で起業。卒業後、野村証券プライベートバンク部門で活躍。退職後にZUUを設立し、国内最大規模の金融ポータルメディアZUU onlineなどフィンテック分野で事業を展開中。

[日経マネー2017年1月号の記事を再構成]

日経マネー 2017年2月号

著者 :日経マネー編集部
出版 : 日経BP社
価格 : 730円 (税込み)


近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし