陶芸の里 笠間・益子でココロを癒やす

仕事のアイデアがなかなか出てこない。ちょっとしたミスが続いた……。それはココロが疲れているからかもしれない。週末、あるいは1日だけ休みを取ってふらっと旅に出てはいかがだろうか。そんなときに思い出してほしいキーワードがある。「かさましこ」。 茨城県笠間市と県境を挟んで隣接する栃木県益子町への旅をお薦めしたい。観光客でごった返すことは少なく、交通の便も悪くない。心洗われる手軽な小旅行が楽しめるはずだ。

町中に窯が並ぶ

東京・秋葉原から笠間を経由して益子へ通じる高速バス「関東やきものライナー」が、平日5便、土日祝日6便運行されている。都心から2時間ほど、のんびりバスに揺られれば、全国でも有数の陶芸の里、笠間・益子に着く。

笠間焼と益子焼

バスの名前にもあるように、笠間・益子は町中にやきものの窯がならび、作品を展示販売するギャラリーが軒を連ねる。

笠間焼の歴史は江戸中期に始まる。飢饉(ききん)に苦しむ笠間の地に、信楽から陶器作りが持ち込まれた。水がめなど生活に欠かせない陶器を江戸に供給することで、笠間は発展していく。

益子も笠間に習い、やきもの作りがスタート、定着する。しかし、水道の発達とともに水がめの需要が激減、生活に根ざした陶器作りから陶芸へと移り変わっていく。

やきもの通りでお気に入りのひと皿を探す

バスで笠間の「やきもの通り」に降り立つ。国道から笠間芸術の森公園へと通じる道筋に、ずらりとギャラリーが並ぶ。お気に入りのやきものを探しながら、一軒一軒のんびりと回る。「回廊ギャラリー門」は、その中でも人気のお店だ。店内に中庭があり、両側に作品が並ぶ。今の時期なら、紅葉とやきものの鮮やかなコントラストが楽しめる。

桑原典子さんの作品

いちばん奥は企画展示室になっていて、取材時は地元作家・桑原典子さんの作品展だった。笠間焼は「自由焼」といわれ、材質や焼き方にこだわらないのも特徴。陶器がメーンの笠間焼にあって、この日目にとまったのは磁器だった。磁器ながら表面をつや消しに仕上げ、柔らかな風合いを出す。これもまた笠間焼きなのだ。

11月19日(土)から12月1日(金)までは、橋口信弘さんの作陶展が開催されている。

カジュアルなムードが漂うのは「きらら館」。店頭には芝生の庭が広がり、店の奥ではお茶も飲める。オーナーでもある岡部登志子さんの「Toshiko Brand」の白いやきものは、見た目だけでなく、使い勝手もいい。猫を模したシリーズは、かわいさと実用性を兼ね備える。筆者が気に入ったのは広田芳樹さんのやきもの。ちょっとアバンギャルドな作風が特徴だ。

アトリエで作陶見学も

上級者なら、アトリエを訪問するのもいいだろう。取材時には、国内外で人気の高い陶芸家・額賀章夫さんのアトリエを訪問させてもらった。額賀さんはプリーツワーク(土の表面を削って模様付けする作風)で知られる。まっすぐに細く細かく、鎬(しのぎ)を削る作業は息をのむ。

しのぎを削る

作家のアトリエは、個人宅に併設していることが多く、一般には非公開だが、中には、アトリエをカフェにして公開しているところもある。

「花カフェ」はそんな人気スポットのひとつ。自慢の庭をめでながら、笠間の味を堪能できる。この日のランチのメーンは栗ご飯。笠間は、全国でも有数の栗の産地。地物の栗のやさしい甘さを味わえる。

「花カフェ」がある南吉原地区は、陶芸家のアトリエが多く、また陶芸に限らず染色・手織りなどクラフトワークの工房も点在する。特産の栗を使った「栗染め」もある。個人宅のアトリエ訪問はハードルが高いが、春の「笠間の陶炎祭(ひまつり)」、秋の「笠間浪漫」など、陶芸祭で工芸品を目にすることもできる。そうした機会もぜひ利用したい。

五感を豊かにする旅紀行を読む