出世ナビ

キャリアコラム

高校生社長までいる「東大に一番近い進学校」の素顔 筑波大学付属駒場中学・高校を訪問

2016/11/13

筑波大学付属駒場中学校・高等学校 (東京・世田谷)

「東京大学に一番近い進学校」と呼ばれる筑波大学付属駒場中学・高校(筑駒)。2016年は東大に102人が合格、1学年の定員はわずか160人のため、東大合格率はおよそ3人に2人と全国トップの実績だ。『ガリ勉集団』と思いきや、名物の文化祭を訪ねると、意外な『神童』たちの素顔が垣間見えた。

「筑駒生にもイケメンはいますよ」。10月30日、東京都世田谷区にある筑駒を訪ねると、文化祭の真っ最中。中庭には特設ステージが設けられ、男子校にもかかわらず、かわいらしい女子高生たちとゲーム大会に興じていた。しかも、筑駒生には金髪や青く髪を染めた生徒が目立つ。

■校則は事実上なし、金髪もOK

後日、筑駒高校の浜本悟志副校長に聞くと、「頭髪をいろんなカラーに染めていたのは体育祭があったから。色別にチームを分けて対抗戦で盛り上がります。でも普段も金髪の生徒はいます。身なりなんて個人の自由ですから」と笑い飛ばす。筑駒の卒業生に尋ねると、「とにかく自由な学校。校則も事実上ない」と異口同音に答える。

林久喜校長は「以前、『授業中にガムをかむことを注意する程度』とメディアに報じられたが、それもウソ。生徒を縛るルールは基本的にはない。まあタバコや酒をやる生徒もいませんが」と話す。

実はこの文化祭などの行事こそが筑駒生の真価を発揮する場だという。文化祭は例年10月末、実に3日連続で開催される。しかも主役は大学受験を3カ月後に控えた高校3年生だ。他の進学校ならまさに追い込みの季節だ。この文化祭の準備のために「まあ1年かけます」(浜本副校長)とのこと。

高2は文化祭が終了した翌週から全員で来年の催しに何をやるか会議を開く。その半年後の5月にリハーサルをやり、審査して面白くなければボツになる。浜本副校長は「1人の生徒が文化祭準備にかける時間は100~200時間ですまないでしょう」と明かす。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL