トラベル

クローズアップ

人口49人 瀬戸内海「アートの島」を行く

2016/11/14

瀬戸内海を臨む豊島の棚田

船着き場からバスで30分ほどの場所にある「豊島美術館」は、水滴のような形をした建物。海を臨む丘の周りには、耕作放棄地だった棚田が再生された「豊島唐櫃 棚田プロジェクト」が進んでいる。海をのぞむ緑の田畑を眺めたり、港のそばで自転車を借り海風に吹かれながら坂道をこいだりするのも爽快だ。

豊島も「アート」によって違う顔を見せ始めた島だろう。美術館をはじめ観光業がさかんになるにつれ、若者が少しずつ戻ってきたからだ。芸術祭の時期は国内観光客も多いが、ふだんは「8割言葉がわからない」と感じるほど、外国人観光客が多い。豊島出身の川崎奨太さんは、日ごろ高松市で仕事をしながら、芸術祭の時期になると島に戻ってくる一人だ。

「もともと頑固でよそ者を受け入れない風土があった。少しずつ町は変わってきていると思う。特に芸術祭の時期は、島で育った仲間とどんちゃん騒ぎ。これまでは考えられなかったのでうれしい」(川崎さん)

■「瀬戸内時間」に癒やされる

犬島でのんびり過ごす場合はもちろん、豊島経由で戻っても東京から新幹線で1泊2日の旅程だ。米コンデナスト・トラベラーに「次に見るべき世界の7カ所」で紹介され、世界的に有名になった「ベネッセハウス」を擁する直島(香川県直島町)へも、犬島から船で1時間ほど。ゆっくりとした時間、というニュアンスで「瀬戸内時間」という言葉が生まれるほどおだやかな時間の流れるアートの島々。女性が一人訪れても、いつまでもいられるカフェも増え始めた。少し都会に疲れたとき、週末に少し遠出してみてはいかがだろうか。一時は人々が立ち去った島々。しかし、今ふたたび自然と産業とアートが溶け合い、新たな顔を見せ始めている。

◆犬島精錬所美術館
岡山県岡山市東区犬島327-4
開館時間:10:00 ~ 16:30
休館日:火曜日(3月1日~11月30日)
   火曜日から木曜日(12月1日~2月末日)
鑑賞料金:2,060円
※犬島「家プロジェクト」、シーサイド犬島ギャラリーと共通
※15歳以下無料

◆UkiCafe(ウキカフェ)
岡山県岡山市東区犬島293
営業時間 10:00~17:00
火曜定休

◆豊島美術館
香川県小豆郡土庄町豊島唐櫃607
10:00 ~ 17:00(3月1日 ~ 9月30日)
10:00 ~ 16:00(10月1日 ~ 2月末日)
休館日:火曜日(3月1日~11月30日)
   火曜日から木曜日(12月1日~2月末日)
鑑賞料金:1,540円
※15歳以下無料

(松本千恵)

トラベル 新着記事

ALL CHANNEL