悲劇の現場に学ぶ「ダークツーリズム」って何だ

広島平和記念公園
広島平和記念公園

戦争や災害に伴う痛みや悲しみの歴史が残る場所を訪れる「ダークツーリズム」が静かに広がりを見せている。悲劇を風化させないというプラスの働きがある半面、地元住民や関係者のデリケートな気持ちに踏み込んでしまう問題点もはらんでいて、賛否が交錯。ただ、日本で戦後70年が過ぎ、戦禍の「語り部」が減っていることが示すように、記憶の継承が難しくなるなか、その意義は次第に大きくなりつつあるようだ。

日本で「ダークツーリズム」という言葉が一般に知られるようになったのは、2013年11月。2013年版の「ユーキャン新語・流行語大賞」で候補50語のリストに加わったことがきっかけだ。アカデミックな研究は欧州で1990年代から始まっていたようだが、日本では2013年に「チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド」(東浩紀、津田大介ら著、ゲンロン刊)が出版されて関心を集めた。1986年に大規模な原子力発電所事故を起こした地に足を踏み入れたルポルタージュだ。

チェルノブイリ原子力発電所

関心の広がりを受けて、その後も「手引書」の出版が相次いだ。15年に出た「DARK tourism JAPAN 産業遺産の光と影」(東邦出版刊)はタイトルにある通り、国内の鉱山や工場跡を取り上げている。選ばれた場所は、公害問題の原点ともいわれる足尾銅山や、石炭産業で栄えた軍艦島・三井三池炭鉱などだ。

足尾銅山は有名観光地の日光(栃木県)にあり、紅葉狩りや温泉と組み合わせて訪ねやすい。トロッコに乗って坑道に入り、往時の採掘の様子を疑似体験できる。世界文化遺産に登録された端島炭坑(長崎市、通称軍艦島)では上陸もできる観光ツアーが組まれている。炭鉱跡以外に日本最古の鉄筋コンクリート造りの7階建てアパートといった建築も見どころ。実写版映画「進撃の巨人」では軍艦島がロケ地となっている。

端島炭坑(通称軍艦島)=共同
五感を豊かにする旅紀行を読む