英語コンプレックス持ちが見つけたペラペラになる方法青木ゆか著「なんでも英語で言えちゃう本」

国内で1日に刊行される新刊書籍は約300冊にのぼる。書籍の洪水の中で、「読む価値がある本」は何か。書籍づくりの第一線に立つ日本経済新聞出版社の若手編集者が、同世代の20代リーダーに今読んでほしい自社刊行本の「イチオシ」を紹介するコラム「若手リーダーに贈る教科書」。今回、お薦めするのは、前著「ずるいえいご」が5万部のベストセラーとなった青木ゆか氏の最新作、「なんでも英語で言えちゃう本」。本書では、簡単に英語で伝えられるようになる方法を紹介している。

◇   ◇   ◇

青木ゆか氏

著者は「捨てる英語スクール」を主宰、米国公認会計士の資格を持ちます。1977年千葉県生まれ。高校時代に英国、大学院時代に米国に留学した経験を持つものの、当時は英会話に大きなコンプレックスを抱えていたといいます。そして、自らそれを乗り越えた経験をもとに学習メソッドを確立します。千葉大学大学院を修了した後、台湾系電子機器メーカーや大手外資系保険会社を経て独立。現在は企業研修や講演など幅広く活動しています。

「英語がペラペラな人」の頭の中

海外留学の経験のない人で、「英語が得意」と胸を張って言える人は、そう多くはないでしょう。いざ外国人を目の前にして英語をしゃべろうとすると、緊張してしまってなかなか言葉が出てこないものです。「英語で何というんだっけ…」とためらい、早く返事をしなければと焦っているうちに、ますますわからなくなってきます。そこで著者は「言いたいことを伝えるのに必要なのは単語ではありません、ある『考え方』だったのです」と指摘します。

ビジネス書などの書評を紹介