ハロウィーンを狙え! ホラーで稼ぐハリウッド商法

日経エンタテインメント!

仮装パーティーで盛り上がる日本のハロウィーンだが、ハリウッドの映画業界にとっては、この時期はホラー映画の稼ぎ時。例年、ハロウィーン(10月31日)に合わせて話題作が公開されており、シリーズ化されるほどヒットする作品も多く生まれている。米国のハロウィーンシーズンを彩ってきたホラー映画の系譜を振り返ってみよう。

1978年公開の『ハロウィン』は低予算ホラー映画ながら大ヒットして、ジョン・カーペンター監督の出世作となった。(c)1978 Falcon International Productions.(c)2011 Compass International Pictures. All Rights Reserved.

まずは最新作から。今年、話題になっているハロウィーン公開の映画は2本ある。1つは10月21日に全米公開された『Ouija: Origin of Evil』で、「ウィジャボード」(日本のコックリさんみたいなもの)を題材にした作品の続編。大手映画会社ユニバーサルが全米3000スクリーン規模で公開する大作だ。もう1つは、人気黒人俳優タイラー・ペリー主演のホラーコメディー映画『Boo! A Madea Halloween』(ライオンズゲート配給)で、同じく21日に公開された。28日には『ザ・リング』のリメークの公開が予定されていたが、2017年2月に公開延期となった。

この時期にホラー映画が公開されるのは、ハロウィーンの内容と関係がある。ハロウィーンは古代ケルト人に起源を持つ新年と冬を迎えるお祭りで、夜には死者の霊が家に帰るといわれる。子供たちは魔女やお化けなどに仮装して、近所にお菓子をもらいに行く。日本では「ハロウィーン=仮装」のイメージだが、欧米では「ハロウィーン=お化け」を連想させることから、「ホラー映画を公開する時期としてはピッタリ」とハリウッドで判断されているのだ。

元祖はブギーマンが登場する『ハロウィン』

『ハロウィン』ブルーレイのパッケージ(ジェイ・ブイ・ディー)

「ハロウィーン=ホラー映画」の元祖といえそうなのが1978年公開の『ハロウィン』だ。文字通りハロウィーンの夜に殺人事件が起きる内容で、白いゴム製のハロウィーンマスクを被り、ブギーマンと呼ばれる殺人鬼が登場する。同シリーズは8作まで作られるとともに、本作のヒットをきっかけに各社がこの時期にホラー映画に取り組むようになった。

このマーケティング戦略は、実は米国の観客層と密接に関わっている。日本の観客はファミリー層が中心で、少子高齢化もあり10代20代の観客が減っている。逆に米国では10代20代の観客が多い。この層を狙ってホラー映画が毎年作られる。アクション大作と比べると低予算で製作できることから、監督やプロデューサーはアイデア勝負で作りやすいという背景もある。

ハロウィーンに公開された近年のホラー映画を見ると、日本製ホラー映画をハリウッドでリメークした『ザ・リング』(2002年)、『THE JUON/呪怨』(04年)、ホラー映画の名作『悪魔のいけにえ』をリメークした『テキサス・チェーンソー』(03年)があるが、続編は作られたものの、シリーズ化されるほどのヒットにはならなかった。

そんななか、シリーズ化されたのが『バイオハザード』だ。日本の人気ゲームの映画化で、02年3月に1作目が公開されて大ヒット。大量発生したゾンビからのサバイバルを描くホラーアクションとあって、その後はハロウィーン前の9月をシリーズの公開時期とし、04~12年にかけて2~5作目が公開され、いずれもヒットした。なお、最終章となる6作目は17年1月に予定されている(日本公開は16年12月23日)。

2017年は『13日の金曜日』のジェイソンが復活

次に生まれたシリーズが、04年から10年まで7作が作られた『ソウ』だ。1作目は猟奇的連続殺人犯ジグソウが仕掛ける死のゲームの巧みなストーリー展開と、死んでいく人間たちの残酷描写が新しいホラー映画として評判となりヒット。映画会社ライオンズゲートでは監督や脚本家を代えながらシリーズを毎年製作。期間を開けず連続して公開することで、「ハロウィーンに見るべき映画は『ソウ』」のイメージを定着、人気を持続させた。

『ソウ』と入れ替わるように09年に登場したのが『パラノーマル・アクティビティ』だ。同居中のカップルに降りかかる超常現象(パラノーマル・アクティビティ)を固定のビデオカメラで撮影したようなリアリティーで見せる。映画会社パラマウントでは『ソウ』シリーズ同様、監督や脚本家を代えながら、09年から15年まで6作を作った(5作目のみハロウィーン時期以外での公開)。

最近、ハロウィーン公開のホラー映画製作に力を入れているのがユニバーサルだ。14年10月に『ドラキュラZERO』『Ouija』(日本版タイトル『呪い襲い殺す』)、15年に『クリムゾン・ピーク』、そして今年『Ouija: Origin of Evil』。既に来年の新作も発表しており、10月20日公開で『インシディアス4』を予定している。実は来年は10月13日に『13日の金曜日』(パラマウント)、27日に『ソウ』(ライオンズゲート)と過去にシリーズ化された作品の新作が予定されている。来年のハロウィーンは今年以上にホラー映画が盛り上がりそうだ。

ティム・バートン監督作品も定番に

一方、ホラー映画ではないが、ハロウィーンに公開されるケースが多い監督がティム・バートンだ。原案とキャラクター設定を担当したストップモーション・アニメーション『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』が93年10月に公開。ハロウィーン・タウンを舞台に繰り広げられるファンタジーで、主人公の生ける骸骨ジャック・スケリントンをはじめキャラクターや世界観がダークながらもかわいらしさがある。「バートン・ファンタジー」と呼ばれる独特の世界観が観客を魅了。根強い人気があり、3D化されて度々ハロウィーンに再上映されている。同じタイプのストップモーション・アニメーション『ティム・バートンのコープスブライド』(05年)、『フランケンウィニー』(12年)がハロウィーンに合わせて公開され、今年は新作ファンタジー『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』が9月30日から全米で公開されている(日本公開は2017年2月3日)。

(ライター 相良智弘)

エンタメ!連載記事一覧
エンタメ!連載記事一覧