エンタメ!

東京ふしぎ探検隊

福井や愛知は東日本? 東西境界線の謎

2016/10/7

東日本と西日本の境界は関ケ原?(岐阜県関ケ原町の関ケ原古戦場) PIXTA

「東日本と西日本ってどこで分けるの?」「新潟・長野・静岡までが東日本だよ」。同僚に聞かれこう答えた。だがよく考えてみると、静岡県はNTT西日本の管轄だ。岐阜県の関ケ原までは東、という考え方もある。東西の境界はどこにあるのか。調べてみた。

■「東でもあり西でもある」中部地方の所属

まずは辞書を見てみよう。

「広辞苑 第六版」(岩波書店)で東日本を引くと「日本の東半分。広くは中部地方を含めそれ以東。通常は北海道・東北・関東三地方。狭くは東北・関東二地方の総称」とある。なるほど、日本を東西2つに分ける場合、中部地方は東日本なのか。

中部地方についても調べてみると、「行政上、新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知の9県に分ける」となっている。ここまでが東日本、ということか。

念のため西日本も見てみる。「日本の西半分。広くは中部地方を含めそれ以西。通常は近畿以西。狭くは中国、四国、九州三地方の総称」

あれ? なんと中部地方は西日本でもあるという。これが常識なのか? 確かめるべく、全13巻に及ぶ日本最大級の国語辞典、「日本国語大辞典 第二版」(小学館)も見てみた。まず東日本。

「日本列島の東半部。中部地方以東の関東・東北・北海道の各地方。特に東北・関東地方」

次いで西日本。「日本の西半部。また、中部地方以西の近畿・中国・九州の各地方の総称。特に九州地方」。はっきり書いてはいないが、「以東」「以西」という表現からは、中部地方は東西どちらにも含まれる、とも読み取れる。

新潟県糸魚川市にある大きな断層「糸魚川静岡構造線」。地質学的には、断層を境に東西に分かれるという(糸魚川ジオパーク協議会提供)

三省堂の「大辞林 第二版」はどうだろう。東日本は「日本列島の東半分。地質学的には糸魚川静岡構造線より東の地域をいう」、西日本は「日本列島の西半分。地質学的には糸魚川静岡構造線より西の地域をいう」とあった。こちらははっきりと境界線を書いている。辞書により見解が分かれるようだ。ちなみに「日本語大辞典」(講談社)と「学研国語大辞典 第二版」(学研プラス)には東日本も西日本も記述がなかった。

■東西分ける「糸魚川静岡構造線」

糸魚川静岡構造線とは何か。これなら地理好きにはなじみが深い。新潟県糸魚川市西部にある断崖絶壁が続く海岸、親不知(おやしらず)から長野県の諏訪湖西岸を通って静岡市の安倍川付近まで走る、日本を二分する大きな断層だ。

ちなみに構造線とフォッサマグナは同じではない。フォッサマグナは「大きな溝」を意味するラテン語で、帯状に広がっている。糸魚川静岡構造線はフォッサマグナの西の端を走っているのだ。

断崖絶壁が続く新潟県糸魚川市の親不知海岸。厳しい地形が東西の交流を阻んできた(糸魚川ジオパーク協議会提供)

日本地誌研究所編「地理学辞典」(二宮書店)は東西の境界線についてこう記す。

「東西両日本の境界線は必ずしも一定していないが、地体構造・地質・地形的には、糸魚川から姫川の谷―松本盆地―諏訪盆地―釜無川の谷―甲府盆地―富士山に抜けるフォッサマグナ(中央地溝帯…糸魚川―静岡裂線)を境界線とし、それから東を東日本、西を西日本という」

糸魚川ジオパーク協議会によると、糸魚川市は市内の東西で地質が違うという。構造線はきっぱりと東西を分断しているのだ。

■日本語のアクセント、新潟・長野・岐阜・愛知が東京式

東西を分けるのは地質だけではない。言葉で分ける考え方もある。言語学者の大野晋氏は「東日本と西日本」(洋泉社)で、東西の境界線について2つの点から考察している。

まずは日本語のアクセント。東京式と京都式があり、新潟・長野・岐阜・愛知から東が東京式(=東日本)、富山・石川・福井・滋賀・三重から西が京都式(=西日本)だという。

日本語のアクセントや言葉遣いからみた東西の境界線(大野晋・宮本常一ほか「東日本と西日本」より抜粋)

もう一つは母音と子音の使い方。本州東部の方言は子音が強くて長く、母音は弱くて短い傾向があるという。一方で本州西部は子音が短く弱く、母音が長い。例えば東日本は「見ロ」「ナイ」「広ク」と表現するのに対して、西日本は「見ヨ、見イ」「ン」「広ウ」と変化する。この場合、境界線は長野県の西端を走る、という。

言語学的には岐阜と愛知の所属が微妙、ということのようだ。

■電気・電話・鉄道…… 企業で異なる境界線

東西の境界線は地質学、言語学以外にもある。よく知られているのが電気の周波数だ。新潟・群馬・山梨と静岡県の富士川より東側が50ヘルツになる。

ややこしいのがNTT。新潟・長野・山梨・神奈川がNTT東日本で、静岡はNTT西日本になるのだ。総務省によると、NTT東西の規模を拮抗させるため、静岡を西に組み込んだという。

境界線が一気に西寄りになるのが天気予報。気象庁によると、福井・岐阜・三重までが東日本になる。北海道と東北は北日本になり、東日本は関東甲信と北陸、東海のみを指している。

鉄道はどうか。JRグループでは基本的に、新潟までがJR東日本、富山から西がJR西日本の管轄となる。細かく見るといろいろあるのだが、その辺りは「3回変わる周波数・乗務員交代… 北陸新幹線『秘話』」(2015年2月27日公開)を参照してほしい。

文化的な境界線としてユニークなのがカップ麺。日清食品の「どん兵衛」は、関ケ原を境界線に設定している。新潟・長野・岐阜・三重より東を東日本、富山・石川・福井・滋賀・奈良・和歌山より西を西日本としているという。

東日本向けはかつおだしの比率を高め、濃い口しょうゆを合わせた。西は昆布だしベースで薄口しょうゆになっている。味の境界線だ。

■スポーツの境界線はやや西寄り

競技によって異なるのがスポーツだ。

夏の高校野球、全国高校野球選手権大会では1988~2006年まで、初戦の組み合わせを東西に分けて抽選していた。東日本は富山・岐阜・三重から東、西日本は石川・福井・滋賀・奈良・和歌山より西だった。

近くの都道府県のチームが初戦で当たらないようにとの配慮だったが、実際には「福井vs.富山」など北陸対決が出てしまい、不公平ということで廃止となった。ちなみに石川県は78~87年は東日本だった。

プロ野球では、06年まで東西対抗戦があった。セ・リーグ、パ・リーグどちらも6チームを半分に分けるため、セ・リーグでは中日ドラゴンズが西軍、パ・リーグでは西武ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)が西軍だった。

剣道の全日本東西対抗剣道大会では、福井・岐阜・三重以東が東軍、京都・滋賀・奈良・和歌山以西が西軍。ラグビーでも「もう一つの花園」ともいわれるU18合同チーム東西対抗戦で、福井・岐阜・三重以東が東日本だ。いずれも天気予報と同じ分け方になっている。

■関東の範囲も曖昧 静岡や福島が入ることも

通りを挟んで向き合う東日本銀行と西日本シティ銀行。東日本銀行は東京、西日本シティ銀行は福岡が地盤だ(東京・日本橋)

東京ふしぎ探検隊では以前、「どこまでが『関東』? 静岡や福島が入るケースも」(14年5月23日公開)で「関東」の区分が曖昧だと指摘した。どうやら「東日本」についても似た構造のようだ。

ちなみに「富士見研究」の第一人者、日本地図センター常務理事の田代博さんによると「富士山に関心があるのが関東人、あまりないのが関西人」とのこと。関東と関西、東日本と西日本。歴史と文化が混じり合い、溶けてゆく境界線。日本の地理は、面白い。

(生活情報部 河尻定)

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL