MONO TRENDY

デジタル・フラッシュ

大人気の「ポケモンGOプラス」 ながら族に最適

日経トレンディネット

2016/10/9

日経トレンディネット

 「ポケモンGO」でのポケモン出現を光と振動で知らせてくれる端末「Pokemon GO Plus(ポケモンGOプラス)」(3500円)。2016年9月16日の発売後、すぐに売り切れとなり、販売元の任天堂からは「次回出荷は11月上旬になる」とのリリースが発表された。

 これほど人気のポケモンGOプラスは、ポケモンGOを遊ぶときにつきまとう「歩きスマホ問題」を解決できるか? 実際に使ってみたレビューや、使うときのコツ、注意点を紹介する。

■発売後すぐに完売

 ポケモンGOプラスは、9月の3連休前日となる16日に発売開始。当日と翌日で初回販売分は完売した。行列の段階で予定数に達して、販売を締め切った店舗もあったようだ。筆者は最寄りのポケモンセンターで先着販売の行列に息子と一緒に参加。無事に購入できた。

ポケモンGOプラスは、全国のポケモンセンター、ポケモンストアに加えて、ポケモンセンターオンライン、Amazonで販売。価格は3500円(税別)。初回販売分は完売し、次回の販売は2016年11月に予定されている
ポケモンGOプラスは、本体と腕などに装着するためのバンドが付属している

 ポケモンGOプラスは、Bluetoothでスマートフォン(スマホ)とリンクし、ポケモンの出現や近くにポケストップがあることを光と振動で知らせてくれる端末だ。端末のボタンを押すとポケモンを捕獲したり、ポケストップにチェックインしたりできる。

 ポケモンGOプラスをスマホとリンクすると、ポケモンGOの画面左上にポケモンGOプラスのアイコンが表示される。ゲームを遊んでいてポケモンが現れると、アイコンとポケモンが線で結ばれ、ポケモンGOプラスが振動とランプの点滅で知らせてくれる。ポケモンGOプラスのボタンを押した結果は、それを示すメッセージがアイコンの横で表示される。

 ゲーム画面でこの動きを見ていても面白いが、画面を見ずに遊べる点がポケモンGOプラスの魅力。ポケモンGOを画面を見ずに楽しむ補助デバイスという位置付けなのだ。

ポケモンGOのアプリ内から、ポケモンGOプラスを選択するとBluetoothでペアリングされて使えるようになる
ポケモンGOプラスをリンクするとゲーム画面にポケモンGOプラスのアイコンが表示される。ポケモンを発見すると線で結ばれ、ポケモンGOプラスの振動とランプの点滅で知らせてくれる

■買い物をしながら次々捕獲

 ポケモンGOプラスを使うと、ゲーム画面を使わずに、ポケモンの捕獲とポケストップへのチェックインができるようになる。スマホはバッグやポケットに入れたまま取り出さなくてもよい。

 周囲にポケストップがあると、ポケモンGOプラスの中央にあるランプが青点滅する。ボタンを押せばチェックインしアイテムを手に入れられる。チェックイン後に、手に入れたアイテムの個数をポケモンGOプラスが短い振動を繰り返して知らせてくれる。

ポケストップを発見すると中央のランプが青に点滅する。ボタンを押すとポケストップにチェックインでき、受け取ったアイテムの個数が、その後の振動とランプの点滅する回数で分かる

 ポケモンが出現したときは、ランプが緑または黄色に光る。緑はすでに捕獲したことがあるポケモンで、初めて出会うポケモンの場合は黄色になる。次にボタンを押すと白で点滅し始める。

 ゲームではモンスターボールが3回揺れて「カチッ」と閉じると捕獲成功となるのだが、それを再現するようにポケモンGOプラスも振動。3回振動して捕獲に成功すると赤、青、緑と点滅を繰り返す。捕獲できなかったらランプが短く赤で点灯する。モンスターボールの「揺れ」を、「1、2、3」と頭の中で数えると、より楽しめる。

ポケモン出現時は、ランプが緑または黄色に点滅する。緑はすでに捕獲したポケモン、黄色は初めて出会うボケモンだ

 とにかく、ポケモンGOプラスが振動したらボタンを押す。これだけでポケモンの捕獲とポケストップへのチェックインを次々こなせるので、ショッピング中や待ち合わせの場所に急いでいる時でも、歩みを止めることなくポケモンGOを進められる。これがとても快適に感じられた。

 ポケモンGOプラスのボタンを押した結果は、スマホに通知される。ポケモンを捕獲できたか逃げられたかは分かるが、そのポケモンが何だったかはわからない。ポケストップで受け取ったアイテムも個数までは分かるが、何を受け取ったのかは表示されない。確認するにはゲーム画面で「ぼうけんノート」を見る必要がある。

ポケモンGOプラスのボタンを押した結果は、スマホにも通知される。残念ながら捕獲したり逃げられたポケモンの種類まではわからない。ポケストップで受け取ったアイテムに関しては種類はわからないが個数は分かる
捕獲に成功/失敗したポケモン、ポケストップで受け取ったアイテムを確認したいときには、ゲーム内の「ぼうけんノート」で確認する以外にない

■最大のメリットは……

 これまでポケモンGOに歩く距離をカウントさせるには、常にゲームの画面を表示しておかなければならなかった。別のアプリを使った後に、ゲーム画面に戻さずに歩き続けたらカウントされず、悔しい思いをした人も多いだろう。

 ところが、ポケモンGOプラスをリンクすると、ゲーム画面にしていなくてもアプリがスマホの位置情報を使い、歩いた距離をカウントし続ける。ポケモンGOプラスを使う最大のメリットはこれではないだろうか。

 ポケストップで手に入れたポケモンのタマゴをかえすときや、一緒に連れて歩いている相棒ポケモンにあめを見つけてもらいたいときには、とにかく歩いて距離を稼がなければならない。ポケモンGOプラスを使うと、これまでカウントし損ねていた「歩き」をカウントできるようになる。

■バッテリー消費は改善された?

 ポケモンGOのプレーヤーなら、遊んでいるうちにスマホのバッテリーをあっという間に消費していくことはご存じだろう。ポケモンGOプラスを使うことにより、ゲーム画面を表示せずに遊べるので、この問題も解決できそうだ。

 筆者の感覚でも、スマホのバッテリーがいつもより長持ちする感じがした。スマホ画面のバックライトが最大になっている状況で比較すると、違いをより体感できるだろう。もちろん、スマホの位置情報を使い続けるため、ポケモンGOをまったく使っていない状況と比べるとバッテリーの減りは速い。

■使うときの注意点は?

 ポケモンGOをゲーム画面で遊ぶ場合と、ポケモンGOプラスで遊ぶ場合の違いや注意点をまとめておこう。

 まず、ポケモンGOプラスでは、モンスターボールの投げ直しができない。1度投げて失敗すると、それはポケモンに逃げられたことになる。またポケモンを捕まえやすくするアイテム「ズリのみ」も使えない。投げるボールもモンスターボールに限られ、スーパーボールやハイパーボールに変更できない。

 なお筆者は、後からぼうけんノートを見て、捕獲したかったポケモンに逃げられていると悲しいので、レアポケモンを捕獲しに出かけた場合はゲーム画面を使っている。

 また野生のポケモンを呼び寄せるアイテム「おこう」の効果で出現したポケモンには、ポケモンGOプラスは反応する。ポケストップの周囲にポケモンを引き寄せるアイテム「ルアーモジュール」で出現したポケモンにも反応する。

 2016年9月下旬時点では、ポケモンGOプラスの使用中に、ゲーム画面でポケモンを捕獲しようとしたり、ジム戦を行ったりすると、スマホとポケモンGOプラスのリンクが切れてしまった。ポケモンGOプラスの電池消耗を防ぐためかもしれないがちょっと不便だ。再接続は、ゲーム画面のポケモンGOプラスアイコンをタップすれば簡単にできる。

ポケモンGOプラスとの接続が切れた時は、ゲーム画面のポケモンGOプラスアイコンをタップした後、ポケモンGOプラス本体のボタンを押すと簡単に再接続できる

■Apple Watchと組み合わせて未来を先取り

 ポケモンGOプラスが振動したら、とにかくボタンを押す。この操作だけでスマホの画面を見なくてもゲームを進めていけるので、これまでよりも効率良くゲームを進められる。「ながらポケモンGO」にも最適だ。

 実は、Apple Watchと接続しているiPhoneでポケモンGOプラスを使っていると、Apple Watchにも通知が来る。ポケモンGOプラスの振動やランプに集中していなくても、すぐに結果を確認できるのだ。

 2016年内にリリースが予定されているApple Watchアプリ版のポケモンGOでは「あとどのぐらい歩くとタマゴがかえるか」「周囲にどんなポケモンが隠れているか」といった情報も分かり、ポケモンGOプラス以上の機能が盛り込まれるそうだ。

 Apple Watchの通知を使うと、その気分をちょっとだけ先取りできる。Apple Watchユーザーは、ぜひ試してほしい。

iPhoneでApple Watchを使っていると、ポケモンGOプラスの通知をApple Watchでも確認できる。iPhoneを取り出さずに確認できるので便利
Apple Watchのスポーツバンドに、ポケモンGOプラスのクリップがぴったり合った。ポケモンGOプラス付属のバンドもよいが、Apple Watchユーザーにはこっちもお勧めだ

(ライター 伊藤朝輝)

[日経トレンディネット 2016年9月27日付の記事を再構成]

MONO TRENDY新着記事

ALL CHANNEL