MONO TRENDY

フード・フラッシュ

銀座のど真ん中に未来のクルマ! 「銀座プレイス」

日経トレンディネット

2016/10/8

日経トレンディネット

2016年9月24日、東京・銀座四丁目交差点に新たなランドマークとなる商業施設がオープンした。1970年に建設され、長く親しまれてきた「サッポロ銀座ビル」が全面改築。複合商業施設「銀座プレイス(GINZA PLACE)として生まれ変わったのだ。

「銀座プレイス」(中央区銀座五丁目8番1号)。東京メトロ銀座駅A4 出口直結。延床面積は約7350平米。外観デザインは国際的に評価が高く、日本への造詣も深い「クライン ダイサム アーキテクツ」が担当

同施設の目玉となりそうなのが、銀座のシンボル的存在だった2つのショールームのリニューアル。同じ場所にあった「日産銀座ギャラリー」は、1階と2階を占める新ショールーム「NISSAN CROSSING」として生まれ変わり、面積も2倍となった。また2016年3月31日で休業に入った銀座ソニービルに代わり、4階から6階に新たなフラッグシップ店「ソニー ショールーム/ソニーストア 銀座」がオープン。どちらも新商品を体験できるさまざまな“仕掛け”を持った、新タイプのショールームだという。

7階のテラス席では、向かいにある和光の時計塔を正面から見ることができる
1階エレベーターホールは、世界で活躍する左官職人・久住有生氏による左官仕上げ

話題を集めそうな飲食店も多い。7階には、マンダリンオリエンタルパリの二つ星フレンチレストラン「シュールムジュールパールティエリー・マルクス」の総料理長であるティエリー・マルクス氏がプロデュースするフレンチレストラン「ティエリー・マルクス(THIERRY MARX)」と、世界初出店となる新業態の“グランビストロ”「ビストロ・マルクス(BISTRO MARX)」がオープン。同地で長く愛されてきたビヤホール「銀座ライオン」は、以前は天井高の1フロアだったところを「ブラッスリー」と「ビヤホール」の2業態・2フロアに改築し、8月3日より先行オープンしている。10月27日には11階に、JA全農兵庫直営の神戸ビーフを堪能できる高級鉄板焼レストラン「神戸プレジール銀座」がオープン予定だ。

「商業施設ではあるが、物販だけではなく、日本や銀座の文化と技術の新たな情報発信と交流の場にしたい」(サッポロ不動産開発の生駒俊行社長)、「日本の文化や先端技術に触れたい人々の、新たな“コミュニケーションの通路”にできれば」(サッポロホールディングスの上條努社長兼グループCEO)。同施設には、いったい何があり、どんな体験ができるのか。オープン前日の内覧会で確かめた。

日産ショールーム「NISSAN CROSSING」(1・2階)の営業時間は10~20時。1階センターステージで最先端の自動運転機能を搭載した「Nissan IDS Concept」のデモンストレーションが始まると、多くの通行人が足を止めて見ていた

■最先端の自動運転を目撃! VRで耐久レースを体感

三愛ビル時代を含めると、50年以上にわたって銀座四丁目交差点で日産の情報を発信してきた「日産ギャラリー」。「リニューアルを機に新しい表現と手法で、日産ブランドの魅力を銀座に訪れるすべての人に発信する拠点としたい」(日産自動車の星野朝子専務執行役員)という。

1階正面入り口のシリンダー型のショーケースに展示されているのは、2015年のフランクフルトモーターショーで世界初公開されたスポーツクロスオーバータイプのコンセプトカー「Gripz Concept 」
1階センターステージには、快適な自動運転、長距離運転の実現を目指したEV技術搭載のコンセプトカー「Nissan IDS Concept」と、8月に発売されたばかりの「GTR-NISMO」を展示

目玉となるセンターステージには最先端の自動運転技術を搭載した電気自動車「Nissan IDS Concept」を展示。サラウンドスピーカーと高精細な大型LEDモニターによる迫力ある映像を背景に、初心者にもわかりやすい自動運転のプレゼンテーションを行っていた。

2階の壁面の「インタラクティブ ウォール」。軽く触れるだけで流れるように変化するインターフェイスで、連鎖するクルマの革新の歴史を体感できるという
2階の「Spiral Stage」には、現代美術家の名和晃平氏とコラボレーションした「日産 リーフ」と、同一車線自動運転技術「ProPILOT」を搭載した話題の新型ミニバン「セレナ」を展示

2階は、「NISSAN CROSSING」のデザインテーマであるスパイラルな照明と動きがクルマを魅力的に演出する「スパイラル・ステージ」を中心にクルマを展示。さらに壁面には、タッチすることで日産の歴史とクルマの未来を映し出す「インタラクティブ ウォール」を設置。窓際には「GT-R」が参戦する世界各国の耐久レースやツーリングカーレースのVR体験ができる「スペシャルコンテンツ VRレーシング」コーナーがある。実際に体験してみたが、360度どの角度を見てもリアルな映像で、予想以上のスピード感。5分程度のコースだったが、半分もいかないうちにVR酔いでリタイアしてしまった。

「GT-R」が参戦する世界各国の耐久レースやツーリングカーレースのVR体験ができる「スペシャルコンテンツ VRレーシング」コーナーでは6種類のレーシングコースが選べる。1回のプレイ時間は約5分間
カフェに続く通路には「日産ブティック」があり、日産のミニカーやオリジナルグッズを販売している。日本の伝統工芸を融合させた日産クラフトアーツセレクションなど、特別な商品もある

2階の奥に進むと、物販コーナーに続いて「クロッシング カフェ」がある。好きな日産車(9種類)の写真や自分の顔写真がそのままリアルなラテアートとなる「マキ・アート」や、コールドプレスジュースとソーダのミックス「コールドプレスソーダ」などを提供。「マキ・アート」は特に女性客が盛り上がっていたのが印象的で、人気を呼びそうだと感じた。

4階から6階には「ソニー ショールーム/ソニーストア 銀座」が出店。写真は音楽や映像関係の商品をそろえた5階。100型の4K/HDRテレビ「Z9D」(700万円)を展示しているのは世界中でここだけだという

■世界でここでしか見られない、700万円のテレビ

4階から6階には、「ソニー ショールーム/ソニーストア銀座」が出店。ソニーマーケティングの河野弘社長は、「ソニーが銀座の数寄屋橋交差点にソニービルをオープンしたのは、いまからちょうど50年前の1966年。2016年3月の休業まで、累計来場者は3億人を突破した」と振り返りつつ、「消費者とリアルな接点を持ち続け、そこで得たことを製品にフィードバックしていく方針はこれからも堅持していく。ソニービルの建て替えと、銀座プレイスへの出店が同じタイミングでできたのは幸運だった」と語った。

「ソニー ショールーム/ソニーストア 銀座」。4階ではデジタル一眼カメラαを中心としたカメラ製品、XperiaなどのIT製品を展示。営業時間は11~17時
5階ではハイレゾ製品からウォークマン、4K ブラビア、PlayStationRなどの音楽・映像・ゲーム製品を展示。営業時間は11~17時

4階は最新の、撮影機材を揃えたフロア。物販だけでなく、カメラの基本的な使い方からプロカメラマンによる専門的なテクニックまで、幅広い層に向けた撮影セミナーを開催する予定だという。展示している製品はすべて触れて試すことができる。

5階はウォークマン、ヘッドホン、ワイヤレススピーカーなど、音楽や映像関係の商品をそろえたフロア。高解像度のハイレゾオーディオ機器で多彩なジャンルのハイレゾ楽曲を試聴できるほか、ソニーのテレビ史上最高画質Z9Dシリーズ(100V型)を展示。世界中で100V型を展示しているのはここだけで、この秋の新製品もフルラインアップで展示している。また10月13日に発売になるPlayStation VRの特別体験会も実施予定だ(予約制)。

6階は多目的フロア。「ソニーイメージングギャラリー 銀座」などがあり、いずれも営業時間は11~19時(ギャラリーは展示内容による)
ライフスタイルコーナーでは、壁やテーブル面など、家の中のさまざまなところに至近距離で好きな写真や動画を投写できる「ポータブル超短焦点プロジェクター」(9万2500円)などを展示

6階は多目的フロア。「ソニーイメージングギャラリー 銀座」「ソニー お客様ご相談センター」、英語・中国語のできるスタッフが常駐する「ソニーストア銀座 <ツーリストフロア>」、「ソニー・イメージング・プロ・サポート窓口 銀座」などがある。

ただやはりソニービルと比べてしまうためか、全体的に手狭な印象。新製品の展示で手いっぱいのようにも見えるが、「ソニーファンのための店舗ではなく、新しいソニーファンを創るための店舗だと考えている」(尾澤正之店長)という言葉や、多彩なイベント企画に旺盛な意欲を感じた。

■1000リットルのビールタンクを見ながらビール!

「銀座ライオンGINZA PLACE店 ブラッスリー」(地下1階)。営業時間は月曜から土曜までが10時から23時半、日曜・祝日が10時から22時半。席数は91席。ハイテーブル席とローテーブル席のエリアがあり、カフェ利用も可能
左は、「クラフトラベル 伝説のソラチエース」(900円)。右は月替わりの「ライ麦スタウト樽生」(900円)。奥は全長30cm(4~5人用)の「トマホークステーキ」(8600円)

飲食店では、地下1階と地下2階の2フロアに「銀座ライオンGINZA PLACE店」が出店。銀座を訪れる人が用途に合わせて利用できるよう、従来の天井高の1フロアだった店舗を「ブラッスリー」(地下1階)と「ビヤホール」(地下2階)の2フロアに改築。ブラッスリーでは、サッポロビールの子会社である「ジャパンプレミアムブリュー」のクラフトビールを提供。個性的ながらクラフトビール初心者でも飲みやすいものをそろえているとのこと。

「銀座ライオンGINZA PLACE店 ビヤホール」(地下2階)。営業時間は月曜から土曜までが11時半から23時、日曜・祝日が11時半から22時。席数は154席。仕切りを設けない開放的なフロア
地下1階からつながる階段を下りたところにある1000リッタータンク。管理に技術が必要なため、経験豊富な同社ビヤマイスターがカウンターを担当している

地下2階のビヤホールは「銀座ライオンの総本山」と位置づけ、高さ約2メートルの巨大な1000リッタータンクで管理する工場直送の「サッポロ生ビール黒ラベル」などを提供している。同サイズのタンクを置いている店舗は「ライオン 銀座七丁目店」と同店の2店で、タンクが見えるように展示しているのは同店のみ。通常の20リッター樽に比べて交換数が少なく提供スピードが速いことがメリットだという。

カフェ「ラモ フルータス カフェ」(3階)。営業時間は10~21時で、96席(イベントにより変更あり)。同フロアではさまざまなイベントを開催予定で、可動性の高いスペースになっている
「ラモ フルータス カフェ」では、乳製品や小麦粉を使わないロースイーツ(ドリンク付き1250円~)や、コールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」のコールドプレスジュースとスムージー(880円~)などを提供

3階の「コモンギンザ(common ginza)」は、電通とカフェ・カンパニーが共同で企画・運営するスペース。カフェ「ラモ フルータス カフェ(RAMO FRUTAS CAFE)」では、乳製品や小麦粉を使わないロースイーツや、日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」のコールドプレスジュースと豆乳バナナを使ったスムージーなど、旬のフルーツを使ったヘルシーなメニューを提供する。

ファインダイニング「ティエリー・マルクス」、グランビストロ&カフェ、バー、ブーランジェリー併設の「ビストロ・マルクス」(7階)。「ティエリー・マルクス」の営業時間は11時半から15時、17時半から22時で全32席。「ビストロ・マルクス」のビストロとブーランジェリーの営業時間は10時半から23時、プレミアムテラスバーは23~26時。席数は74(うちテラス20席)
「ビストロ・マルクス」では、自慢のブリオッシュと、肩肉6mm、モモ肉9mmのカット幅で作った独自のパテ使用の「マルクス・バーガー」(2900円)を提供

7階にはフランスの有名シェフ、ティエリー・マルクス氏がフレンチレストラン「ティエリー・マルクス」と、世界初出店となる新業態の“グランビストロ”「ビストロ・マルクス」を出店。特に注目したいのは、シェフであると同時にパン職人でもあるマルクス氏の多彩なパン料理が楽しめるビストロ・マルクスだ。

パリのブーランジェリーでも大人気の特製ブリオッシュを使ったハンバーガーや、パンを皿として使用した料理など、“パンと料理の融合”を追求したビストロメニューが人気を呼びそうだ。またぜひ訪れたいのが、同ビストロの開放的なテラス席。夜間はバーとなり、銀座四丁目交差点の夜景を一望しながら、フルーツカクテルやシャンパンを楽しめる。

銀座には近年、さまざまな商業施設がオープンしているが、飲食店以外ではファッションや雑貨の物販中心で、“女の館”風の商業施設ばかり。当初、「銀座を歩いている女性客を、クルマやカメラ、AV機器のショールームで呼び込めるのか」と疑問に思ったが、それぞれのフロアに多彩な工夫があり、予想外に楽しめた。クルマやメカ好きな男性が女性とともに訪れて楽しめそうな、銀座には貴重な商業施設だと感じた。

(ライター 桑原恵美子)

[日経トレンディネット 2016年10月3日付の記事を再構成]

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
PayPay100億円還元策の舞台裏 景表法の限界に挑戦
日経クロストレンド
席で注文できるマクドナルド 新キャッシュレス体験
日経クロストレンド
ファミマ新決済の全貌 したたかなキャッシュレス戦
日経クロストレンド
スタバの「スタアバックス珈琲」 成功の裏側
ALL CHANNEL