「プ女子」で話題の新日本だけじゃない 全日本も熱い

諏訪魔選手の必殺技「ラストライド」 (C)広く。
諏訪魔選手の必殺技「ラストライド」 (C)広く。

つい先日、テレビ番組でプロレスが取り上げられたのをご覧になったでしょうか。新日本プロレスリングのオカダ・カズチカ選手をはじめ現役レスラーが登場し、スタジオ内でエキシビジョンマッチを行いました。ふつうに生活していたらプロレスに触れる機会のない時代に安くないであろう経費をかけて特設リングを組み、お客さんを入れて試合を流すというのは大英断だったと思います。

その一方で、ファン同士のSNS上ではプロレスの魅力をプレゼンする出演者について、「イケメンレスラーに萌える女性ファン」を強調した点が賛否両論となりました。いわゆる「プ女子」のメディアでの取りあげられ方は何度も熱心なファンの心を波立たせています。

あくまでも私の想像です。たとえば、熱意のあるプロレスファンのスタッフが「プロレスに波が来ている! 今こそ特集したい!」との思いを抱いたとします。そんなときにプロレスにあまり関心のない周囲への説得材料として「プ女子」の話題性が有用だったというのもありうる話ではないでしょうか。

それはまさにこのコラムについても当てはまることでもあるのです。「○○女子」と括られる女性ファンのモヤッとする気持ちについては議論の余地がありますが、ともかくテレビの番組をきっかけに「プロレスの存在に気がついた」人が一人でも多くいることを願います。

新日本プロレスからはじまったプロレス再興のムードは、じわりと他の団体にも広がりつつあります。特にこの9月は全日本プロレスリングの「王道トーナメント」、プロレスリングZERO1の「天下一ジュニアトーナメント」、プロレスリングNOAHのGHC王座戦など書ききれないほど注目される大会が開かれました。

対戦相手を高々と「ラストライド」で持ち上げる諏訪魔選手(写真はいずれも9月17日に横浜市のラジアントホールで撮影)

そんななかで9月4日、品川プリンスホテルステラボールで開催された「全日本プロレス王道トーナメント」第1回戦を観戦しました。この日のお目当てはメーンの諏訪魔(すわま)選手対宮原健斗(みやはら・けんと)選手です。前三冠王者・諏訪魔選手と、諏訪魔選手が欠場中に三冠に輝き、めきめきと勢いを増している27歳の宮原選手。「暴走」とも形容されるダイナミックなファイトスタイルの諏訪魔選手相手に一歩も引かず、負けん気の強さ全開で向かっていきます。最後は闘病中の盟友ジョー・ドーリング選手の技レボリューションボムで諏訪魔選手が若き王者を下しました。

エンタメ!連載記事一覧