ヘルシオが4万円トースター参入 コンビニ総菜狙う

日経トレンディネット

「ヘルシオ グリエ AX-H1-R」(予想実売価格4万円前後)。外形寸法は幅412×奥行き315×高さ218mm、質量は約6.3kg
「ヘルシオ グリエ AX-H1-R」(予想実売価格4万円前後)。外形寸法は幅412×奥行き315×高さ218mm、質量は約6.3kg
日経トレンディネット

バルミューダに続き、シャープもトースターに革命を起こす――。2016年10月11日、シャープが「ヘルシオ」シリーズの新しい調理器具「ヘルシオ グリエ AX-H1-R」(以下、AX-H1-R)を発売する。

ヘルシオシリーズといえば、過熱水蒸気オーブンレンジ「ウォーターオーブン ヘルシオ」のほか、食材の水分だけで煮物調理ができる電気無水自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」、青汁まで作れるスロージューサー「ヘルシオ グリーンプレッソ」など、“健康的(ヘルシー)な食生活をサポートする”をコンセプトにしているのが特徴だ。

ウォーターオーブン ヘルシオと同エンジンを搭載

AX-H1-Rは一見、オーブントースターのような調理器だが、ただのオーブントースターではない。本体上部に水を補給するタンクを搭載したコンパクトな過熱水蒸気オーブンなのだ。

外形デザインも庫内も一見するとオーブントースターのような見た目のAX-H1-R
金属製の軽量なトレーと焼き網が付属する

水を使ったオーブントースターというと、バルミューダのスチームトースター「BALMUDA The Toaster」が記憶に新しい。バルミューダは庫内に蒸気を発生させるものの、基本的にはヒーターで食材を加熱する調理器。一方、今回発表されたAX-H1-Rは、100℃で発生する水蒸気をさらに過熱することで高温のスチームを発生させ、このスチームの水の力だけで食材を焼く、正真正銘の過熱水蒸気オーブンだ。

AX-H1-Rの庫内にもヒーターは搭載されているが、こちらはあくまでも庫内温度をキープするための補助用であり、食材を加熱するものではない。このため、ヒーターで加熱するバルミューダが5ccと非常に少量の水しか使用しないのに対し、AX-H1-Rは1回の加熱で最大約40mlもの水を使う。

製品上部に水タンクを搭載。最大約40mlの水を補給可能だ。この水タンクを製品に装着すると、電源がONになる

本家のウォーターオーブン ヘルシオとの違いはあるのだろうか。AX-H1-Rは、26Lと18Lモデルのウォーターオーブン ヘルシオ(AX-AP300/AX-MP300/AX-CA300)と全く同じ過熱水蒸気エンジンを搭載している。つまり、AX-H1-Rはコンパクトサイズのウォーターオーブン専用機なのだ。「蒸す」「ゆでる」はできないが、「焼く」「揚げる」に特化した専用器と思えばいいだろう。

AX-H1-Rの構造モデル。水タンクから伸びたパイプが、本体背面の加熱水蒸気エンジンにつながっている

コンビニ総菜需要の増加に対応

ところで、シャープのウォーターオーブンの特徴といえば、なんといっても熱量の多さだ。人は100℃のサウナには入れるが、100℃の熱湯風呂には入れない。これは、空気と水が保持する熱量が異なるためだ。この原理により、加熱水蒸気は、熱風だけで焼くオーブンと比較すると約8倍もの熱量があり、一般的なオーブンよりも食材の内部まで熱が入りやすいという。シャープによると、この機能をより有効に使えるのが揚げ物などの総菜の温め直しだという。

同社健康・環境システム事業本部 スモールアプライアンス事業部 商品企画部長の田村友樹氏によると、「共働き家族の増加によって、需要が増えているのがスーパーやデパ地下などで売られる総菜の活用。そして、冷凍食品や、週末に作り置きして冷凍保存するホームフリージング食材だ。忙しい家庭で選ばれやすい調理器具は、電子レンジやオーブントースターといった“手軽で素早い調理”ができるものが多い。ただし、電子レンジで加熱した揚げ物は食感がベチョベチョと悪い。オーブントースターは表面だけ焦げやすく、食材の中心部分は加熱しにくいといったデメリットがある」

シャープの健康・環境システム事業本部 スモールアプライアンス事業部 商品企画部長の田村友樹氏

もちろん、家に従来のウォーターオーブンがあれば、揚げ物ならサクッと中まで均一に再加熱することが可能だ。しかし、一般的に高機能オーブンは庫内サイズが大きいので余熱に時間がかかる。また、機能が多く操作が面倒、ちょっとした温め直しのために使うには、天板が重くて大きいといった意見もあった。

そこで、手軽に中食(スーパーやコンビニの総菜、弁当などを家庭に持ち帰って食べること)を楽しむため、ウォーターオーブンのおいしさと、オーブントースターの手軽さを併せ持ったAX-H1-Rを開発したという。ちなみに、田村氏によると、一から料理を作る「内食」には、従来のウォーターオーブンをお薦めするという。

気になる「温め直し」の味は

発表会では、いくつかの総菜を再加熱する様子を見ることができた。

まず、一般的なオーブントースターと、AX-H1-Rで再調理した鶏の空揚げを比較。両製品とも約10分間加熱したところ、オーブントースターの空揚げは一部が焦げていたにもかかわらず、中心温度は55℃前後しかなかった。一方、AX-H1-Rで加熱した空揚げは、全体がこんがりと均一なキツネ色で、中心温度は80℃近くあった。また、オーブントースターで加熱した空揚げは、ほとんど油が出なかったのに対し、AX-H1-Rで加熱した空揚げは大量の余分な油がトレーにたまっていた。

会場では一般的なヒーター式のオーブントースター(左)とAX-H1-R(右)で鶏の空揚げを温め直しするデモンストレーションも行われた
AX-H1-Rは加熱中に湯気が上がる様子を確認できた

過熱した空揚げを比較。一般的なオーブントースター(左)は表面が焦げているのに、中心温度は56℃と低い。一方、AX-H1-Rは全体が均一にカラッと加熱されており、中心温度も70~80℃と高かった
空揚げ加熱後はトレーに大量の油がたまっていた。水の力で加熱するため、“脱油力”の高さもヘルシオシリーズの特徴だ

次に海老の天ぷらだ。ヘルシオオーブンは「油を使わない揚げ物調理」の元祖だけあり、衣はカリッと香ばしくできていたのが印象的だった。

また、ウォーターオーブンは食材の水分をキープしつつ加熱するため、揚げ物以外の総菜の温めにも力を発揮する。ウナギの白焼きとマツタケの焼き物の場合、ウナギの白焼きは皮はパリッと焼けているにもかかわらず、中身はふっくら。同社によると、家飲み派の酒のさかなづくりにAX-H1-Rでは最適だという。

フニャフニャの食感に加熱されやすい総菜店のエビの天ぷらは、加熱後カリカリの食感によみがえった。ちなみに、AX-H1-Rでエビの天ぷら1人前分を加熱すると約4gの脱油ができるという。1年に換算すると、なんとビールグラス1杯分の油になるのだとか
酒のさかなの例として試食できたウナギの白焼きとマツタケの焼き物。ウナギの白焼きは加熱に失敗するとパサパサになりやすい食材だが、AX-H1-Rで加熱すると表面と皮部分がカリッと香ばしいにもかかわらず、中身はふっくらと軟らかい

朝食の定番、パンのできあがりは?

オーブントースターといえば、パンのトーストによく使う。今回の試食で印象的だったのがクロワッサンの加熱だ。クロワッサンはバターが多く含まれており、食パンより高さがある形だ。このため、オーブントースターなどで加熱すると焦げることが多い。しかし、加熱が足りないと皮が水分を含んで軟らかくなってしまう。ところが、AX-H1-Rで加熱されたクロワッサンは中まで温かく皮はパリパリ。なのに、皮表面は均一なキツネ色という仕上がり。しかも、中心部はしっとりと軟らかい

今回は食パントーストの試食はなかったが、同社によるとトーストのおいしさは焼いた後のトースト内部の水分量で決まるという。理想的なのは表面がカリッと焼けているのに、中心部は水分を保持していること。同社が社内で実験したところ、一般的なオーブントースターで焼いたパンの水分保持率は88%だったのに対し、AX-H1-Rは94%。よりもっちりとおいしい食感を楽しめたという。

加熱の難しいクロワッサンだが、一部が焦げることもなく全体に美しい焼き色に。皮はサクサクで、手で割るとパリンと小気味良い音が楽しめた。一方、中身は乾燥せずにモチモチフワフワの食感をキープしていた

そして、加熱水蒸気のもうひとつの特徴が、「温度が低い食材から加熱する」ことだ。例えば、冷凍食品と常温食材を一緒に加熱すると、温度の低い冷凍食品により多くの熱が集中する。そのため、温度の異なる食材を一緒に加熱しても、同時に調理が終わる。会場では、卵とトースト、アスパラのベーコン巻きをすべてトレーに載せ、一気に過熱する実験も行われた。AX-H1-Rはすべての食材に均一に熱が通っているのに対し、オーブントースターは目玉焼きとアスパラはほぼ生の状態。にもかかわらず、トーストは少し焼きすぎの状態だった。

複数食材を一気に調理できるため、忙しい朝でも複数のおかずをサッと用意できる

コンビニやスーパーの総菜をうまく活用する人が増えているなか、中食と時短調理に焦点を絞ったAX-H1-Rの発表は当然の流れといえるだろう。

(ライター 倉本春)

[日経トレンディネット 2016年9月15日付の記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧