廃校で大人が熱中 ドロケーやアニメ塾、宿泊も

「泊まれる学校 さる小」(群馬県利根郡みなかみ町)
「泊まれる学校 さる小」(群馬県利根郡みなかみ町)

生徒数が減って閉じてしまった「廃校」が旅の目的地として生まれ変わりつつある。大人向けの学校としてリスタートする例や、童心に返る機会を提供する宿に転じるケースが相次いでいる。足を踏み入れた瞬間に、誰もが「生徒」に戻る魔法の場所、それが「廃校」だ。

大人が学び直す場に

元インテル日本法人社長の傳田信行氏、元マイクロソフト日本法人社長の古川享氏、ジャストシステム創業者の浮川和宣氏――。一流のビジネススクールからもお呼びがかかりそうなこういった「先生」たちが教壇に立つ「廃校」が山形県高畠町にある。だが、学ぶのは子どもたちではなく、全国から応募した立派な大人たちだ。

大人が学ぶ「熱中小学校」の授業風景(山形県高畠町)

廃校の施設を利用して、20~80歳の大人に出会いと学びを提供する「熱中小学校」は2015年10月に開校した。廃校になった旧時沢小学校は、1978年から放送された俳優・水谷豊主演のテレビドラマ『熱中時代』のロケ地だった場所。「熱中小学校」と名付けた由来だ。

多くの廃校が観光拠点、オフィスなどに転用される中、こちらは本来の役割を受け継いで「学校」として再スタートを切った。起業家や経営者、大学教授、デザイナーなど、現役の切れ者、フロントランナーたちが教壇に立つ。大半の先生はボランティア講師で、ほとんど手弁当で協力している。生徒の学費負担も軽く、半年間で50歳未満は1万円、50歳以上は2万円となっている。

授業は隔週土曜の月2回ペース。生徒たちは首都圏や北海道、静岡などからわざわざ授業を受けに来る。1期は6カ月で、最長で6期3年間、在籍できる。第3期生(募集は40人)は10月1日に新1年生として入学したばかり。次の第4期の募集タイミングは17年1~2月の見込みだ。

運営を担うのはNPO法人「はじまりの学校」。山形での成功は早くも各地に飛び火しつつあり、東京都八丈町では10月15日に「八丈島熱中小学校」が始まる。第1期生の募集は9月30日で締め切った。「熱中小学校」では初の離島姉妹校となる。

「熱中小学校」では大人向けの運動会も開催された(山形県高畠町)

日本アニメを発信・制作

テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』で知られるアニメ企画・制作会社、ガイナックスが福島県三春町と協定を結んで、廃校舎を活用したのが「空想とアートのミュージアム 福島さくら遊学舎」。日本初の本格アニメーションミュージアムをうたう。旧町立桜中学校の校舎が15年4月に衣替えした。

テレビアニメの制作過程を再現した「ガイナックス流 アニメ作法展」が最大の見どころ。アニメ制作会社ならではの作り手目線を通じて、世界に知られた日本のアニメづくりを深く知ることができる。実際にアニメを制作するスタジオも開いた。東日本大震災の被災地を「ジャパニメーション」の力で支援する取り組みとしても関心を集める。

五感を豊かにする旅紀行を読む