一晩でめぐるニューヨークのジャズクラブ写真家・音楽ジャーナリスト 常盤武彦

Photo by Takehiko Tokiwa
Photo by Takehiko Tokiwa

ニューヨークの夜にジャズクラブは欠かせない。全世界から才能あふれるアーティスト達が集まり競い合う姿を、至近距離で生音で浴びる愉(たの)しみはニューヨークならではの体験だ。マンハッタンの西に位置するウエストビレッジは多くのジャズクラブが軒を連ねるエリア。「ブルーノート」のような老舗から、ドリンク1杯で演奏が聴けるクラブに、大ベテランから新進気鋭の若手までが出演する。どのクラブも一晩に2セットから多いと3セットの演奏が繰り広げられ、歩いて数分のところにあるので、早い時間帯のアーリーセットがあるクラブも含めれば、午後6時ぐらいから午前2時すぎまで、2~4のテイストの異なる演奏を聴きニューヨーク・ジャズを体感できる。

ビレッジ・バンガード■ ジャズを語る上で絶対に外せないクラブ

「ビレッジ・バンガード」では結成50周年のビッグバンド「バンガード・ジャズ・オーケストラ」の演奏を毎週月曜日の夜に堪能できる。(Photo by Takehiko Tokiwa)

ニューヨーク・ジャズを語る上で、絶対に外せないクラブといえば、「ビレッジ・バンガード(Village Vanguard)」だ。

1935年のオープンで、当初はポエトリーリーディング(詩の朗読)、フォークミュージック、そしてジャズの3つを出し物とするクラブだったが、1957年にフルタイムのジャズクラブとなり、月曜日の夜はビッグバンド、火曜日から日曜日までは1つのグループが毎日出演するというトラディショナルなスタイルを貫いている。

店内も独特だ。奥のステージを頂点とする三角形の構造で、唯一無二の音場感をもたらしてくれる。時折、床下から伝わってくる地下鉄の振動はご愛嬌(あいきょう)だ。

このクラブに50年以上出演している大ベテランから、中堅、若手とバランスのよいブッキングが魅力の老舗クラブだ。現在は午後8時30分と午後10時に始まる2セットで、毎夜にぎわっている。ミュージックチャージはドリンク別で基本30ドル。

1966年2月の月曜日の夜に、このクラブで生まれた「サド・ジョーンズ=メル・ルイス・オーケストラ」はリーダー達が逝去した現在も、「バンガード・ジャズ・オーケストラ(VJO)」として出演を続け、今年結成50周年を迎えた。16人編成のジャズ・ビッグバンドのゴージャスなサウンドを、目の前で堪能できる体験はこのクラブならではだ。

Village Vanguard 178 7th Avenue South New York City

五感を豊かにする旅紀行を読む