トラベル

クローズアップ

ダムで心デトックス 人を圧する量感、放水で浄化

2016/9/30

立ちのぼる水煙と晴れ間に架かる虹=共同(黒部ダムの観光放水)

「ダム」人気が水かさを増している。ヒューマンスケールをはるかに超える物量感で人を圧倒するダム。河川国で地震国でもある日本が誇る土木ノウハウを注ぎ込んだ建築物だけに、ダムはインフラ技術の証しとも言える。国内の主だった86基を紹介した『ダムに行こう!』(学研プラス刊)の著者であるダムライターの萩原雅紀さんにダムが人を引きつける理由やダム見学で得られる発見などを教わった。

◆    ◆    ◆

「巨大な構造物が山や湖といった景色の中にいきなり出現するところにダムの非日常的なおもしろさがある」。萩原さんはダムが自然と人工の境界をなしてそびえ立つ「意外感」を見てほしいと言う。天然の湖水をせき止めるような形で建設されるダムは、荒ぶる自然に立ち向かい、その脅威とどうにか折り合いをつけようと試みる人間の営みを象徴する。ゆるやかな円弧を描いて水を背負うアーチ式ダムの姿には、ギリシャ神話で天空を支える巨神アトラスを思い起こさせるような健気さと力感がある。

■見どころ多い黒部ダム

ダムは水面を見るのもいいが、下から見上げると迫力が増す(黒部ダム) (c)萩原雅紀

初心者が見学デビューするうえでの萩原さんのおすすめは、日本最大級のアーチ式ダムである黒部ダム(富山県立山町)。夏場には毎年恒例の「観光放水」が10月半ばまで毎日実施されている。高さ186メートル、幅492メートルの壁面から毎秒10~15トンの水が噴き出す光景は圧巻で、大量の水しぶきと一緒に気持ちまで洗い流されるようなカタルシスを味わえる。「壮大なスペクタクルに清められるかのようなレア体験が待っている」(萩原さん)。運がよければ、放水にかかる虹にもお目にかかれる。

規模が大きいダムは「初めて行っても感動が大きい」(萩原さん)。東日本大震災の後、再生可能エネルギーへの関心が一段と高まったが、水力発電は太陽光や風力に比べて発電量が桁違いに大きいうえ、効率が高い。あらかじめ貯めておいた水を下に落とすことで発電できるので、必要なタイミングで素早く電気を起こせる。太陽光や風力ではこうはいかない。併設の見学者向け施設で水力発電システムを解説しているダムもある。こういった水力発電の仕組みを体感的につかめるのもダムを訪ねるメリットと言える。

■アーチが物語る英知

黒部のようなアーチ式ダムは岩盤と互いに支え合うかのように設計されている(黒部ダム) (c)萩原雅紀

建築物としてのダムの見どころは、「ダムが単独で存在しているのではなく、周囲の自然と共存しているところ」にあるという。たとえば黒部のようなアーチ式の場合、ダムの両翼にある岩盤と互いに支え合うかのように設計されていて、実際に負荷を分散している。つまり、ダムが無言のうちに体現しているのは、自然や災害とわたりあう人間の知恵なのだ。建築に詳しくない人でも初めて見たダムに息を呑む理由は、直感的にその成り立ちを理解するからかも知れない。

>>「総合1位」は神奈川県のあのダム

トラベル 新着記事

ALL CHANNEL