弱小校を箱根駅伝連覇に導いた組織づくりの秘訣青山学院大陸上競技部監督・原晋氏が語る(上)

スポーツイノベイターズOnline

「IT Japan2016」(主催:日経BP社、2016年7月6~8日)で講演した青山学院大学陸上競技部監督の原晋氏
「IT Japan2016」(主催:日経BP社、2016年7月6~8日)で講演した青山学院大学陸上競技部監督の原晋氏

33年もの間、箱根駅伝に出場できていなかった青山学院大学陸上競技部を就任10年で優勝に導き、2016年には大会連覇、39年ぶりとなる全区間首位という完全優勝に導いた原晋氏。一時は陸上界から身を引き、サラリーマンとして勤務するという異色の経歴を持った原氏が講演で語った、青学を箱根駅伝連覇に導いた組織論、そして低迷が続く日本陸上界の改革案を、談話形式で2回に渡ってお伝えする。

「覚悟」が身についた挫折の経験

私は広島県立世羅高校から中京大学を経て中国電力陸上競技部の1期生として入社しました。しかし、1年目に自らの不注意で怪我をして、27歳のときに選手生活を引退しました。ただし、引退の原因は怪我ではなく、そこに向き合う覚悟がなかったからだと思っています。

中国電力では、さしたる実績も残せず引退。引退後は、それまでの本社勤務から地方の営業所やサービスセンターでの勤務などもこなしました。陸上競技の選手としての生活だけではなく、サラリーマンとしても挫折を繰り返してきたわけです。

しかし、なんとかサラリーマンとしてもうひと花咲かせようと、覚悟を持って仕事に取り組みました。新規ビジネスの立ち上げメンバーに抜擢され、成功させることができたのです。そして36歳のとき、縁あって青山学院大学(以下、青学)陸上競技部の監督に就任しました。

サラリーマン生活をした10年間、陸上界との関わりはありませんでした。選手として箱根駅伝に出場した経験はもちろんのこと、出場校OBでもなければ監督経験もない、異色中の異色の経歴を持った男といえます。

5年で箱根駅伝出場

青学陸上競技部の歴史は古く、創部は1918年。まもなく100周年を迎えるという伝統を持つチームです。しかし、私が就任した2004年まで、28年間箱根駅伝の出場がない状態でした。それも、予選会では予選通過校から10分も20分も遅れるようなチームだったのです。

そんな中、2004年に学校から強化部指定を受け、私が監督に就任し、同時に寮や強化費、そして青学陸上競技部としては初めてとなる特別スポーツ推薦枠を用意してくれました。監督就任後、私は5年で箱根駅伝の出場権を獲得し、10年でシード校となり、それ以降で優勝争いできるチームにするという目標を立てました。

この目標に向けて、強化の1期生となる選手たちを集めるため、日本全国の駅伝強豪校を訪ね歩きました。しかし当時の青学陸上競技部は箱根駅伝に箸にも棒にもかからないチームでしたし、私は監督としては何の経験もありませんでしたから、なかなか有力選手はきてくれません。ときには「原さんは日本選手権やオリンピックに出場されたことはあるんですか」なんて、嫌味のように聞かれたこともありました(笑)。

それでも何とか8人の選手をかき集め、2004年から選手との共同生活がスタートしたわけです。

原氏が2004年に大学にプレゼンをした際の計画表

より良い組織がより良い人材を育てる

私が監督になってまず手をつけたのが組織づくりです。私には持論が1つあります。それは「より良い組織がより良い人材を育てる」というものです。スポーツでいえばいい選手を、ビジネスでいえば優秀な社員をどれだけ採用しても、組織そのものが腐っていては、彼らは花開きません。個々の能力を伸ばすために、まずはいい組織をつくらなければならないのです。

では、どのような組織をつくろうとしたのか。それは、個人に依存するのではなく、全体で戦える組織です。「原がいるから一生懸命練習する」「原がいないから練習をサボる」「原が監督を辞めたら弱くなる」――。そんな組織ではなく、チームとして挑戦し、戦うということをキーワードに掲げました。

こうした組織にするためには、まずはルールづくりが重要となります。そこで、2004年に入学した8人の選手たちとの最初のミーティングでこんな話をしました。

「これからの4年間、君たちとは共に生活し、陸上競技に取り組んでいくことになるが、正直なところ、この4年間で箱根駅伝に出場するという君たちの夢を叶えることは約束できない。しかし、10年後には必ず俺がこのチームを優勝させる。そのために、これからの陸上競技部の礎となるルールを共につくってもらえないだろうか。そして10年後に優勝した暁には、必ず君たちのことを称賛する。だから、どうか一緒にルールをつくってほしい」

彼らとともに青学陸上競技部のルールをつくり、強化を進めていきました。そして5年後の2009年、33年ぶりの箱根駅伝出場を果たしました。翌年以降はシード権をつかみ続け、2015年に念願の初優勝、2016年には連覇を成し遂げたわけです。

2015年に初優勝を果たしたとき、優勝報告会の場で「今回優勝できたのは、ここにいる現役選手たちだけでなく、1期生が私と共に苦しみながらルールづくりに取り組んでくれたおかげです」と、約束通り、彼らを褒めたたえることができ、私は心底ホッとしました。でも、1期生の彼らを箱根駅伝に出場させてあげられなかったことは、本当に悔やんでも悔やみ切れない思いがいまだに残っています。

原氏就任後の青学陸上競技部の箱根駅伝順位推移

「能力×熱意」が個人と組織を成長させる

2015年、2016年の優勝メンバーが、仮に10年前にいたとしても、恐らくその時は優勝できなかったと思います。それだけ、土台となる組織、そして組織を形づくるルールが重要になるのです。

私がつくったルールというのは、規則正しい生活をすることです。陸上、特に長距離競技においては、いくらいいトレーニングをしても、夜更かしをしたり、食生活が乱れてしまったりするとパフォーマンスが上がりません。そのため、ごく当たり前のことではありますが、早寝・早起きをして、しっかり練習をするとともに、食事もしっかり取る。ただ、18歳から22歳という若者に規則正しい生活を定着させるにはずいぶんと時間がかかりました。

さらに、こうしたルールの大前提として、青学陸上競技部には3つの行動指針があります。それは次のようなものです。

一. 感動を人からもらうのではなく、感動を与えることのできる人間になろう。
一. 今日のことは今日やろう。明日はまた、明日やるべきことがある。
一. 人間の能力に大きな差はない。あるとすればそれは熱意の差だ。

この中でも、3つめについて少し説明をしましょう。個人も組織も、能力と熱意が兼ね備わっていないと成長することはできません。さらにここに1つ付け加えるのなら、方向性も重要だと、最近感じています。いくら能力と熱意があったとしても、正しい方向性に向かっていかないと、個人も組織も成長がないと感じているのです。

青学陸上競技部は、この行動指針にのっとって強化を進め、目標達成を成功させたのです。(次回に続く)

(ライター 久我智也)

[スポーツイノベイターズOnline 2016年8月30日付の記事を再構成]