MONO TRENDY

モノ・フラッシュ

元アウトドア用品販売員が厳選 防災グッズ10選

日経トレンディネット

2016/9/18

日経トレンディネット

 9月1日は「防災の日」。2016年は8月30日~9月5日までの7日間が防災週間となっており、全国各地で防災訓練などの防災活動が実施されている。

 ご存じかもしれないが、これは今から93年前の1923年9月1日に発生した関東大震災にちなんでいる。このときのことを忘れないようにという意味と、9月は台風による被害が多いことから、「災害についての認識を深め、日ごろから心構えをしておく」ことを目的とし、1960年に防災の日が制定された。

 しかし防災グッズは“用意する=ゴール”ではない。それらをすばやく持ち運ぶことができ、さらに避難先などできちんと使えるところまで想定しておかなければ、宝の持ち腐れになってしまう。

 そこで今回、災害時にもいかんなく威力を発揮するアウトドアアイテムに着目し、元アウトドアショップの販売員でもある筆者が、本当に便利だと思うアイテムを厳選。 両手が空いて、重たい荷物も運びやすい「バックパック」と、人間が生きていくのに必須な「ライフライン」にフォーカスを当て、災害時に重宝する優れたグッズを紹介していく。

 まずは、防災アイテムを持ち運ぶための高機能バックパックから。

【バックパック】荷物に合わせてパッキング自由!

■パーゴワークス「カーゴ40」

パーゴワークス「カーゴ40」(1万7000円)

 独創的な発想が際立つパーゴワークスの製品は、ユニークで秀逸なシステムが特徴。この「カーゴ40」は、一般的なバックパックと違って、袋状ではなく、荷物を包み込む特殊な形状。そのため、背負う荷物を選ばない。

(左)雨ぶたを外し、横幅のあるマットをくくりつける (右)スコップもこのように固定可能

 例えばパッキングするときに意外と場所を取るヘルメットやスコップ、大きなロール式マットだって収納OK。防災アイテムとは関係ないが、一眼レフカメラの三脚であってもパッキング可能だ。まさに、「背負う」機能と「収納する」機能を両立させている。

 続いて、二つ目のバックパックはこちら。

■ホグロフス「コンビ」

ホグロフス「コンビ」(2万4500円)

 2016年で創業102年を迎える、スウェーデン発のホグロフスからは、バックパックといすが一体型になったモデルに注目。いすを使いたいときは、ストラップを外して脚を開くだけ。すぐさま組み立てられ、フレームの構造もしっかりしているため安定感のある座り心地だ。

椅子をたたむとコンパクトになり、このまま背負える。胸には好きな高さに調整できるストラップ付き

 さらに、座面のシートには断熱素材を使用しているため、寒い時期はお尻も冷えにくいだろう。もちろん、バックパック部分も収納力のある42Lサイズで、両サイドには便利な大型ポケットが付いている。

【バックパック2】荷物と一緒に子どもの移動もOK! 一石二鳥モデル

■オスプレー「ポコAGプレミアム」

オスプレー「ポコAGプレミアム」(3万6000円)

 小さな子どもがいる場合、緊急時の移動方法は特に頭を悩ませてしまうだろう。なぜなら、ベビーカーでは多くの荷物を運べないし、両手もふさがってしまう。かといって、おんぶひもでは長時間の歩行に向いてない。そんなとき、子どもを背負うと同時に荷物も収納できる、この「ポコAGプレミアム」が大活躍。

(左)底部が奥行きのある収納スペースに。(右)子どもをしっかり固定でき、安全面に配慮した構造

 収納スペースは、バックパック底部と、正面に取り付けられた小型のバックパック部分。ちなみに、この小型のバックパックは取り外して単体使用も可能。使わない時は、脚を畳んでスリムにできるため、保管場所にもそんなに困らない。災害時だけでなく、日常や旅行先でも重宝する。

 そして、バックパックとして最後に紹介するのがこちら。

■モンベル「エマージェンシー イニシャルセット」

モンベル「エマージェンシー イニシャルセット」(2万5800円)

 一見、普通のバックパックに見えるが、実はこれ、全16種類のエマージェンシーグッズをあらかじめセットし販売しているモデル。この中には、災害時の1日目の行動を想定して作られた必要アイテムがそろっており、「何を用意すればいいか分からない」「忙しくて買いそろえるのが大変」という人にもうってつけだ。

 帰宅困難時や緊急時に備え、自宅玄関や勤務先に常備しておきたい。

【浄水器、バーナー】災害時にも「水」を確保し「お湯」にする

 ここまでは、防災アイテムを持ち運ぶための高機能バックパックを紹介したが、ここからは、そのバックパックに「何を入れて持ち運ぶか」をテーマに、ライフラインとして欠かせない、「水(お湯)」「食料」そして「明かり」を確保できる優れたアイテムを紹介していく。

■ソーヤープロダクツ「ソーヤースクィーズフィルター SP131」

中身は、ヘッドライトやエマージェンシーシート、それにマルチラジオや防災ロープ、トイレキットなど、全16アイテムが付属。写真のペットボトルは付いていないが、500mlサイズのペットボトル2本がすっぽり収納できるポケットが付く

 万が一の災害時、生命維持として、水の確保は必要不可欠だ。しかし、水の重さは1リットル=1キログラム。多量の水を持ち歩くのは、現実的ではない。そんなとき、こういった携帯できる浄水器が大変役に立つ。

(右)ペットボトルに本体を取り付けるだけで、川の水などがそのまま飲める。(左)付属のパウチに水を入れてろ過し、容器に溜めておくことも可能

 この「ソーヤースクィーズフィルター SP131」は、バクテリアや微生物など有害な病原菌を除去する携帯用の浄水フィルターとしては最高レベルで、ろ過能力はなんと380万リットル! 状況に応じていくつかの手段からろ過方法を選べるのもポイントで、付属品だけでなく市販のペットボトルにも取り付けられるため、誰でも簡単に飲み水を確保できる。

 さらに、ろ過してきれいになった水をお湯にできたら、温かい飲み物で体を芯から温められたり、食事が作れたりと、用途はもっと広がるだろう。そこで活躍するのが、「バーナー」という燃焼器具だ。

■ジェットボイル「マイクロモ」

ジェットボイル「マイクロモ」(1万8500円)

 この「マイクロモ」は燃焼効率がとても高く、0.5リットルの水なら2分15秒で沸かせる優れモノ。寒さにも強く、マイナス6℃の寒冷期でも安定した火力をキープできる。もちろん、湯沸かしだけでなく、小型の鍋などを乗せて調理もOK。パーツはカップに内蔵でき、持ち運びもコンパクトだ。

【非常食、保温用ボトル】お湯が沸いたら温かいご飯! アルファ米+保温用ボトル

■尾西食品「尾西のごはんシリーズAY」

尾西食品「尾西のごはんシリーズAY」(4300円)

 お湯を入れて15分待つ。たったそれだけでおいしいご飯が手に入るなんて、こんなにうれしいことはない。

 数多くの非常食を展開する尾西食品の「尾西のごはんシリーズ」は、炊き上げたご飯を熱風乾燥させて作る「アルファ米」を使用し、水で60分、お湯なら注いで15分待つだけで、ふんわりとしたご飯ができ上がる。常温保存で、5年間持つ。

袋がそのまま食器になり、スプーンも封入。米だけでなく、五目ごはんや山菜おこわなど、種類豊富で味も美味しい!

■サーモス「山専ボトル(FFX-900)」

サーモス「山専ボトル(FFX-900)」(6500円)

 沸かしたお湯や、作ったホットドリンクを長時間キープできたら、もっと快適になるだろう。そこで便利なのがコレ。

 山の過酷な環境下に対応できるよう作られた「山専ボトル」は、6時間経っても、保温効力80度以上(保冷効力は9度以下)をキープできるという、驚異の保温と保冷力を持つモデル。もちろん、優れているのは保温力だけではない。落としても傷つきにくい底のカバーや、回しやすいノンスリップコップ、荷物負担の少ない軽量さなど、細部にまでこだわった作り。また、丸洗いOKで手入れしやすく、日常使いも申し分ない。

24時間経っても60度以上をキープする。0.9リットルのほか、0.5リットルサイズがある

【ライト、充電器】暗闇でも移動を可能にする「明かり」。その最先端モデルとは?

 ここまでの行動は、そもそも「視界」があってこその話だ。夜間に災害に遭った場合、まず「明かり」を確保しなければ身動きすら取れない。

 ということで、最後はより便利でハイテクな機能が搭載された、最先端モデルのライトを紹介する。

■ペツル「リアクティック プラス」

ペツル「リアクティック プラス」(1万4500円)

 両手をふさぐことなく、明かりを手に入れられるヘッドライト。世の中には多くのモデルが存在しているが、これはただのヘッドライトではない。

 Bluetooth通信を介して専用のモバイルアプリとヘッドライトをペアリングし、使い慣れたスマホ上でビームパターンや照射時間、明るさを簡単に調整・管理できるのだ。リアルタイムで正確なバッテリー残量(残りの照射時間)を確認できるため、突然切れてしまうリスクが回避できる。またバッテリーが減っても、明かりを一定に保つ設定もできる。

 このほか、照らす距離によって近距離照射と遠距離照射を自動認識したり、照らす方向の明るさに応じて照射力を自動調節したりと、まさにヘッドライト界の最先端をゆくハイテクなモデルだ。

USB充電が可能で、明るさは最大300ルーメン。ゴムバンドは頭のサイズに合わせて、好みのフィット感に調整できる

バイオライト「パワーライトミニ」

バイオライト「パワーライトミニ」(5900円)

 それと、もう一つ。燃焼エネルギーを利用して発電する画期的なアイテムを生み出している米バイオライト社からは、テーブルに置いたり、胸ポケットに入れたりできるクリップスタンド付きのハンディライトが登場。

ときにはスマートフォンの充電器にも変身。重量は80gで軽量&コンパクト

 リチウムイオン電池が内蔵されており、明かりとしての役割だけでなく、スマホなど外部機器への充電もOK。いざというときに頼りになる、一つで二度おいしいアイテムだ。

山畑理絵(やまはた・りえ)
フリーランスライター/アロマテラピーインストラクター(AEAJ認定)。音楽プロダクションの制作、アウトドアショップの販売員を経てライターになる。のんびり日帰りハイクからテント泊縦走、トレイルランニング、ボルダリング、スキー、キャンプなど、四季を通してフィールド三昧の日々。雑誌「ランドネ」「PEAKS」「山と渓谷」など、アウトドア媒体をメーンにライター活動をするかたわら、AEAJ認定のアロマテラピーインストラクターとして、「山とアロマ」をテーマに神出鬼没なワークショップを展開している。

[日経トレンディネット 2016年9月1日付の記事を再構成]

MONO TRENDY新着記事

ALL CHANNEL