エンタメ!

裏読みWAVE

白髪・銀髪、格好いい G・クルーニーや吉川晃司…

2016/9/11

「髪を黒く染めると根元がすぐに白くなるので手入れが面倒。むしろ白髪を堂々と楽しんだ方が楽だし、格好がいい」。外資系金融機関に勤める40代男性のAさんは昨年から白髪を黒く染めることをやめた。きっかけは吉川晃司さんやジョージ・クルーニーさんら白髪が似合う中年男性への憧れ。週末はシルバーワックスで銀髪に変身して外出を楽しむようになったという。

音楽家の坂本龍一さん
ファッションデザイナーの島田順子さん

手本となるのはこのほか坂本龍一さん、岩城滉一さん、モウリーニョさんら。女性なら島田順子さん、中尾ミエさん、草笛光子さんらの名も挙がる。いずれも大人の魅力を備えたファッショナブルな中高年ばかりだ。

「もう白髪を真っ黒には染めたくない……」。マンダムやホーユーはこんな顧客の声に応えて白髪を徐々にグレーに染めるヘアケア商品を相次いで発売した。「年齢を重ねているのに髪が黒いままなのはいかにも不自然。毛染めしていると周囲にすぐ分かってしまうので敬遠する消費者が意外と多いことがわかった」(ホーユー)からだ。

自然体でいる方がおしゃれで好感度も高まる。米国のオバマ大統領は昨年11月、外遊先のマレーシアでこう宣言して話題を呼んだ。「私が大統領になったときは黒髪だったが、いまは白髪だらけ。でも今後も髪を黒く染めるつもりはない」。白髪を前向きに受け止める風潮が国内外で急速に広がっているのだ。

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL