月収90万円なのに…ふるさと納税できない家計事情家計再生コンサルタント 横山光昭

「うちのように収入が高い家はふるさと納税がお得なんですよね。でも、肝心の寄付金が出せないんです」。手取り月収が90万円強もある会社員のCさん(44)があっけらかんと話します。

「家族が多いから支出が多いのも仕方がない。でもどうにか損をしないお金の使い方を覚えて貯蓄できるようになりたい」というのが、今回家計相談に来られた目的です。

Cさんは、専業主婦の奥さん(42)、中学3年生の長男、中学1年の次男、小学6年の長女、小学3年の三男の6人家族です。年収は1500万円ほどあり、毎月、収入の範囲に支出は収まっていますが、残せる金額は8万円弱だそう。

年俸制でボーナスがないため、頼りになるのは毎月の収支で残ったお金だけです。年間だと94万円ほどはためられる計算ですが、その中から自動車税や固定資産税、スーツなどの衣服や塾の夏季・冬季講習会代などを支払ううえ、旅行代にも充てるので蓄えはできていません。

納税額が大きいので、少しでも税金を減らしたいと考え「ふるさと納税」をしたいと思い立ったそうです。総務省のホームページで「全額控除されるふるさと納税額」の年間上限を調べたところ、Cさんの金額は36万4000円。自己負担額は2000円で、所得税と住民税が36万2000円軽減する計算です。しかし実際には、納税できる資金がないのです。

「税金が安くなる上、返礼品ももらえるので是非やりたいと思ったのにできないなんて」とCさんは非常に残念がっています。今ある貯蓄から出すという選択もありましたが、長男の進学が目前で、受験の結果次第では私立に進学する可能性もあるため、貯蓄には手を付けられません。

家族6人の生活費が月84万円というのは明らかにお金の使いすぎです。何か特定の原因があるのだろうかと考えながら家計表を見せてもらったところ、受験が目前に迫った長男の塾代などの教育費にお金を使いすぎているメタボ家計だということがわかりました。

支出を減らすべきところはたくさんありますが、その前に、支出を抑える仕組みと習慣をつくらなくてはいけません。まずは支出がとびぬけて高い教育費について検討しました。

子どもの学校は公立校で、支出が膨らんでいる原因は塾と習い事。受験準備のための塾代などはやむをえないですが、ほかの習い事や塾などについては、通う必要性と効果・成果を考え、絞っていきました。

子どもと話してみると、意外とやりたくない習い事もあったため、それらを思い切ってやめました。塾は中学生の長男と次男のみ通い、小学生の2人は家庭学習の時間をとって、一緒に集中して勉強するようにしました。

次に取り組めそうなのは食費と日用品代の削減です。家計改善のために私たちがよく提案する「週管理」の方法を導入してもらいました。食費と日用品代の週の予算を2万円と決め、月3万円削減することを目指しました。はじめは大変そうでしたが、次第にやりくりに慣れることができました。

また、家族全員が当たり前のように支払っていたスマートフォン(スマホ)代はなかば強制的に格安スマホに替えてもらいました。夫は通話込み月3000円、妻は2000円のプラン、子どもたちは1000円のデータ通信のみのプランで通話は無料通話アプリを利用することにしました。

生命保険は貯蓄型のものに多く加入していましたが、保険の内容を詳しく確認したところ、それほど高い貯蓄性がなかったため解約し、預貯金で蓄えることにしました。

妻と長女が一緒に楽しんでいた洋服の購入も、やみくもに買わず、本当に必要なものだけを購入するよう気を付けました。交際費、娯楽費も頻度を減らし、お金を使わずに楽しめるよう工夫しました。特に娯楽に関しては、無料で親子で楽しめる場所を紹介している雑誌などを参考にしたところ、いろいろな場所を新たに知り、違う楽しみが増えたと喜んでいました。

嗜好品はお酒・たばこが主です。特にたばこは夫に頼まれて家計から出すこともしばしばだったため、ここは完全に「夫の小遣いから出す」というルールにしました。本当はやめられるとよいのですが、と苦笑されていました。

その他、支出が大きかったのは妻の化粧品でした。小遣いではやりくりしきれないそうなので、家族で相談の結果、夫の小遣いを1万円とし、妻に譲る形で妻の小遣いを増やすことにしました。時々家族で行く旅行も、予算を決め、その中で楽しみ方を考えることにしてお金の使い過ぎを防ぐことにしました。

このような策をとり、支出を全体的に25万円ほど減らすことができました。年間にすると300万円の支出削減です。月の生活費は58万8000円ほどに抑えられたため、余剰額は32万8000円に達しました。

こうして、ふるさと納税を全額控除される上限額まで納めることも可能となり、特産品を楽しみながら来年度の税金が実際にどの程度少なくなるのかを楽しみにしているそうです。

収入があると余分なことにお金を使う傾向が強まる人は多いものです。Cさんよりもひどいやりくりしかできず、借金をつくってしまう高所得者も少なくありません。ふるさと納税は税金が減らせる半面、当然、寄付をするお金が必要になります。元手があって初めて「お得」を享受できるというわけです。

「もうかる家計のつくり方」は隔週水曜更新です。次回は9月21日付の予定です。
横山光昭(よこやま・みつあき) マイエフピー代表取締役。家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナー。お金の使い方そのものを改善する独自のプログラムで、これまで8000人以上の赤字家計を再生。書籍・雑誌の執筆や講演も多く手掛け、「年収200万円からの貯金生活宣言」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)をはじめとする著書は累計99万部。近著は「『老後貧乏』はイヤ!」(日本経済新聞出版社)。

「老後貧乏」はイヤ! 貯められない家計の治し方

著者 : 横山 光昭
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,512円 (税込み)


近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
注目記事
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし