出世ナビ

臼井流最高の話し方

「また会いたい」と思わせる人になる4つのテクニック

2016/8/31

 ビジネスにしても、プライベートにしても、初対面での会話は誰しも緊張するものです。特に怖いのは、沈黙でしょう。沈黙が流れると、「私の話は、つまらないのではないか?」と不安になったり、「どうしたら、会話を盛り上げることができるのか?」と、頭を抱えたり。

 あれこれ思案した結果、ウケを狙ってはすべる。聞きかじりの情報を伝えて、嫌悪される。やたらとテンションをあげる話し方をして、空気の読めない人になる……。

 かつての私は、そんな失敗の連続でした。ですから相手と打ち解けることができず、最後まで会話のリズムに乗れない。ぎくしゃくしてしまう。

 こういう状態では、「また会いたい」「話をしたい」と思われる。好感を持たれるのは厳しいですね。せっかく知り合えたのに、「2回目はなかった」という経験は、ありませんか?

 最高の結果を出す「気配り上手な人」は、そんな失敗はしません。初対面であっても、相手について予備知識がなくても、会話を盛り上げる術を知っているからです。

初対面で会話を盛り上げる術は「名前」にあり!

 初対面で会話を盛り上げる、シンプルで効果的な方法が、「相手の名前を覚えて、すぐに使う」です。初対面では名刺交換をしたり、自己紹介を必ずしますでしょう。名刺をいただくと、名前を復唱したり、難しい名字は何と読むのかうかがったりはするでしょうが、それで終わっていませんか? せっかくきちんと名前を教えていただいたのですから、ここで使わない手はありません。

 たとえば、「清水さんは、○○ですか?」「山田さんは、○○なのですね」と言ったように、なるべく相手の名前を使って会話をしましょう。相手の名前を会話の中ですぐに使える人は、自分で想像する以上に好印象を与えます。

出世ナビ新着記事

ALL CHANNEL