アニメ・ラジオ体操・日本… こんなにある発祥の地

東京・大泉学園駅前には練馬区ゆかりのアニメキャラの等身大像が並ぶ
東京・大泉学園駅前には練馬区ゆかりのアニメキャラの等身大像が並ぶ

スマートフォンゲーム「ポケモンGO」をプレーしてみて、身近な場所に様々な記念碑があることに驚いた人は多いだろう。中でも気になるのが「発祥の地」の記念碑だ。東京では千代田区や中央区に特に多い。どこにどんな「発祥の地」があるのか。どんな由来なのか。調べてみた。

アトム・メーテル・矢吹丈… 作品誕生の地は?

まずはクイズ。次の記念碑はどこにあるでしょう?

(1)日本アニメ発祥の地

(2)慶応義塾発祥の地

(3)ラジオ体操会発祥の地

西武鉄道の大泉学園駅構内には、「銀河鉄道999」のキャラクター「車掌さん」像があった。「車掌さん」は同駅の名誉駅長でもある

(1)は知っている人が多いかもしれない。西武鉄道池袋線の大泉学園駅(東京・練馬)だ。

電車が駅に到着すると、アニメ「銀河鉄道999」のメロディーが聞こえてきた。改札に向かう途中では「車掌さん」像がお出迎え。「車掌さん」の後ろの看板には「日本アニメ発祥の地 大泉へようこそ」と書いてあった。

改札を出ると、「アトム(鉄腕アトム)」「メーテル(銀河鉄道999)」「矢吹丈(あしたのジョー)」「ラム(うる星やつら)」といったアニメキャラの像が立ち並ぶ。その脇には「ジャパンアニメーション発祥の地」と書かれた記念碑が建っていた。

なぜ大泉なのか。記念碑によると、1958年(昭和33年)、日本初の劇場用アニメ「白蛇伝」が大泉で制作されたことに由来するという。手塚治虫が設立した虫プロダクションをはじめ、多くのアニメ関連会社が練馬区にあり、練馬区はアニメの街として売り出している。

ちなみに国民的アニメ「サザエさん」の作者、長谷川町子美術館は東京都世田谷区にあるが、「サザエさん発案の地」の記念碑は福岡市にある。福岡市早良区の海岸を歩いていたときに登場人物を考案したエピソードにちなんでいる。

築地は「発祥の地」の宝庫 あの名門校も

(2)は築地(東京・中央)だ。慶応義塾といえば大学のキャンパスがある港区の三田を思い浮かべるかもしれないが、実は築地生まれだったのだ。

慶応義塾のルーツは、福沢諭吉が教師に就任した中津藩中屋敷の蘭学塾にある。この中屋敷があったのが中央区明石町で、現在、聖路加国際病院があるあたりといわれている。

実は築地周辺は「発祥の地」の宝庫だ。このあたりにはかつて外国人居留地があり、雙葉(ふたば)学園や女子学院、明治学院、立教学院などもここで生まれた。「慶応義塾発祥の地」の記念碑の隣には「解体新書」の記念碑も建っている。詳しくは「慶応もサンタも築地出身 魚の町は『発祥』の宝庫」(2012年2月24日公開)を見てほしい。

「ラジオ体操」にまつわる発祥の地 都内4カ所も

(3)は一筋縄ではいかない。ラジオ体操絡みの記念碑は、東京23区内になんと4カ所もあるのだ。

それぞれ名前が微妙に違う。「ラジオ体操会発祥の地」「足立区年中無休 ラジオ体操発祥之地」「ラジオ体操中継放送再開発祥の地記念」「文京区ラジオ体操発祥の地」……。

佐久間公園(東京・千代田)にある「ラジオ体操会発祥の地」の記念碑
本氷川神社境内にある「足立区年中無休 ラジオ体操発祥之地」の記念碑。「衆議院議員 鯨岡兵輔筆」と書いてあった(東京・足立)

定説とされているのが、秋葉原駅近くの佐久間公園にある「ラジオ体操会発祥の地」。全国ラジオ体操連盟によると、1930年(昭和5年)の夏休みに始まったという。

しかし、4カ所を巡ってみると新事実がわかった。文京区の方が1年ほど早かったのだ。碑文によると、1929年(昭和4年)に有志が集まったのが最初という。全国には他にも知られざるラジオ体操絡みの発祥の地があるのかもしれない。

全国に1600カ所以上! 日本人は「発祥の地」がお好き

「○○発祥の地」は全国各地にある。いったいどのくらいあるのだろう。発祥の地研究家の小川雅樹さんが10年以上かけて調べたところでは、約1650件あったという。

小川さんの情報などをもとに編集した「日本全国発祥の地事典」(日外アソシエーツ編)によると、圧倒的に多いのが東京都で225件。神奈川県(95)、北海道(91)、京都府(59)、大阪府(50)と続く。

分野別に見ると、東京は教育関連が72件と突出して多い。北海道は農林、神奈川は電気やガスなどインフラ関連、京都は芸術・文化が目立つ。地域の特徴が垣間見える。

「日本発祥の地」はどこ?

小川さんが調べた発祥の地リストを眺めていると実に面白い。同じテーマの「発祥の地」が複数あったり、「○○としては」など制約があったり。「名乗った者勝ち」な側面も否めない。

ここで再びクイズ。次の「発祥の地」の記念碑は、どこにあるでしょう?

(4)日本(5)納豆(6)牛乳(7)駅伝(8)温泉記号

まずは大きく出た「日本発祥の地」。なんと2カ所にある。福岡県朝倉市と鹿児島県南さつま市だ。朝倉市の根拠は邪馬台国。一方の南さつま市は古事記にあるという。そう言われると、説得力がある。

次に納豆。水戸市と答える人もいるかもしれないがさにあらず。焼きそばで知られる秋田県横手市だ。後三年の役(1083~87年)の際、源義家が兵糧にと持ち歩いた煮豆が糸を引き、食べたらおいしかったという伝説に由来している。

牛乳はというと、静岡県下田市。1858年(安政5年)、この地に駐在していた初代駐日米国総領事ハリスが病気になったとき、近くの農家に頼んで牛乳を買ったことが始まりだという。それまでも牛乳を飲むことはあったが、売買されたのが初めて、ということのようだ。

ちなみに酪農関連の「発祥の地」は数多く、北海道豊富町、札幌市、群馬県前橋市、同下仁田町、千葉県南房総市、愛知県半田市にも記念碑がある。飛鳥時代に奈良で牛乳が飲まれたとの説もある。

次は駅伝。これも2カ所にある。京都と東京・上野だ。実は初めての駅伝は京都から上野まで500キロを走る「東海道駅伝」だった。詳しくは「世界初の駅伝は『京都―上野』 100年前、3日で500キロ」(2012年3月9日公開)をご参照あれ。記事ではラジオ体操の由来にも触れている。

最後に温泉記号。湯気がゆらゆら立ち上るあれだ。諸説あるが、記念碑が建っているのは群馬県安中市。「日本最古の温泉記号」の石碑に当時のマークの拡大版がしっかり刻まれている。

「温泉マークの湯気、昔は直線 郵便局は封筒だった」(2013年1月18日公開)でも紹介したが、温泉記号の湯気の傾きは時代とともに変化してきた。大まかにいうと、「左向き→真っすぐ→右向き」となる。

長らく親しまれてきたこの温泉マーク、さらに進化しようとしている。2020年の東京五輪に向けて、外国人にも分かりやすい記号へと改正される予定だ。

調べ出すと止まらない「○○発祥の地」。近所で、旅先で、ポケモンGOで。探してみると、意外な発見があるかもしれない。

(生活情報部 河尻定)

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
エンタメ!連載記事一覧