時短? 節約? 働く女性のランチ事情が気になる

日経ウーマンオンライン

PIXTA
PIXTA
日経ウーマンオンライン

平日のランチ、どうしていますか。手作りのお弁当? コンビニでおにぎりやサンドイッチを買ってオフィスで手軽に? 気分転換を兼ねて外食を楽しむ方もいるかもしれません。働く女性の皆さんに、お仕事日の昼食についてたずねるアンケートを実施しました。気になるみんなのランチ事情、ちょっとのぞいてみませんか?

[日経ウーマンオンラインによる調査。調査期間:2016年6月1日(水)~2016年6月30日(木)、有効回答数:378名]

お弁当派が4割、外食派が3割、「中食」派が2割

アンケートに回答してくれた働く女性のうち、自宅からお弁当を持参する女性が43%と、もっとも多い結果になりました。2番目に多かったのは外食、または社員食堂で昼食をとるという女性で、合わせて33%。コンビニやお弁当屋さんで買ってきたものを食べるという中食派は、22%でした。

働く女性のランチ事情。最も多かったのが自作のお弁当

お弁当派は、いろいろやりくりして毎日のお弁当づくりに励んでいるようです。節約したい、夕食の残り物を活用したい、という思いもあるようですが、ダイエットや健康のためにあえてお弁当にしていたり、お昼休み時間を有効活用するためにサッと食べられるお弁当にしていたり、理由はさまざま。お弁当を作ることそのものを楽しんでいる人もいるようです。

弁当女子に聞く「お弁当箱に何を入れる?」

「お弁当」女子のお弁当の中身や、ランチタイムの過ごし方をご紹介します。週末に作りおきしたり、前日の残りをリメイクしたおかずを詰めるなど、多忙な働き女子ならではのお弁当生活の工夫が多数寄せられました。

◆ お弁当持参で、デスクで食べていることが多いです。週末に大量に野菜を切って冷凍し、平日はそれを煮たり炒めたりして、お弁当に入れています。(23歳・独身)

◆ 毎週末に1週間の作りおきおかず(小田眞規子さんの「つくりおき」レシピ)を3品ほど作っておく。冷凍は面倒(一人暮らし用の冷蔵庫は冷凍スペースが小さすぎ)だし、朝から解凍する手間すら惜しいので、冷蔵庫から取り出し詰めるだけのお弁当でお財布も栄養も大助かり。だいたい1食500円ぐらい。料理でストレス発散でき、使い切るレシピだからムダにする食材も減って、すごく良い。(25歳・独身)

◆ 近くにコンビニしかなくランチ時間は混雑してお買い物に数十分もかかってしまうので、お弁当を持参しています。前の日の晩御飯のアレンジがほとんどです。(39歳・既婚)

◆ 夫がお弁当を作ってくれます。自分のデスクで食べ、食べ終わったら寝ています。(34歳・既婚)

◆ 節約のため、お弁当を持参しています。休日や、平日の夜に作りおきしたものを詰めていて、一食200~300円ほどだと思います。忙しくてゆっくり食べる時間がとれず、食べながら仕事のメールチェックをしたり、自分の仕事メモを作成したりしていますが、本当はリラックスして休憩したいです。(26歳・既婚)

◆ デスクで持参したお弁当を食べます。私はお金をためているので、ほとんどお弁当です。PCで音楽を聞きながら、ネットサーフィンしています。(35歳・独身)

◆ お弁当を持参してデスクで食べます。前日の夕飯の残りを中心にすることが多いですが、夜遅く帰宅する彼の食事時間に合わせて夕飯をとるようになってから体重が5kg増えてしまったので、お昼は野菜スープや十六穀米のおにぎりなど低カロリーにしています。(32歳・独身)

◆ 毎日お弁当! すべて手作りです。体を整え、自分を形成する食事なので、とても大切な時間です。彩りや栄養面を考え、黄(タンパク質):緑(野菜):赤(野菜):白(白米)=2:4:1:3にしています。隣席の同僚と今日のお弁当の中身を紹介し合い、珍しいものはシェアします。最近はお弁当箱をクリーム色にしているので、食材が綺麗に見えます。(35歳・独身)

◆ 普段はお弁当を持参しています。パンの中にレタス・トマト・チーズ・ハムなどたくさんの具をはさんだサンドイッチを朝に作って行きます。外で買うよりもずっと安くて、しかもボリュームがあります。(38歳・既婚)

市販のお弁当やコンビニで手軽に「中食」

「ランチタイムが短い」「節約したい」などの理由から、弁当屋やコンビニでランチを購入する「中食」派の女性も少なくありません。中でもコンビニでランチを購入する人は、予算を500円程度と決めていることが多いようです。

◆ 昼に会社近くのお弁当屋でお弁当を購入。予算は300~400円程。飲み物は紙パックの野菜ジュースを毎日家から持参しています。(22歳・独身)

◆ 社内で宅配弁当を頼んで、デスクで食べています。一食430円で栄養士が監修しているので、バランスよく食事ができます。(37歳・既婚)

◆ 会社の近くに屋台カーが複数いるので、11時半ごろに女性陣で買いに行きます。だいたい800円前後なので、ランチを食べに外食するよりは安上がりです。(35歳・既婚)

◆ できるだけ安くすませる。近所のデパ地下の、ワンコインの野菜たっぷりデリにはまっています!(26歳・独身)

◆ ほとんどコンビニで買ってきて食べています。菓子パン2つで300円というときもあれば、お弁当を買うことも。忙しいときは、食べずに夜になってしまうこともあります。一日500円以内に収まっている感じですが、健康に悪そう。(33歳・独身)

◆ 営業なので時間はバラバラ。一人のときはコンビニで買ったものを公園などで食べる。500円以内にとどめます。お店に入ると料理が出てくる時間などが気にかかってなかなか落ち着けないため。(24歳・独身)

◆ 節約したくてコンビニのおにぎり一つと決めています。仕事仲間と1時間わいわいして楽しんでいます。たまに手作りのお菓子、パンをもらえることもありお腹いっぱいになります。(26歳・独身)

外食派はどうしてる? 予算は?

次に、外食派の声を紹介します。気分転換や同僚とのコミュニケーションを兼ねて、1000円前後の予算で外食を楽しむ働き女子が多いようです。普段はお弁当派だけれど、自分へのごほうびに、ときどき2000円程度のランチを奮発するという人も複数いました。

◆ 外食派です。オフィス近くにレストランや定食屋などがあるので、気分によってあちこち選んでいます。ランチの相場は高めのエリアなため、900~1200円ぐらいは毎日かかっています。たまに焼き肉レストランでご褒美ランチを楽しみます。(30歳・既婚)

◆ 外食派です。仲良しの同僚や、同じ課の先輩後輩など、日によってメンバー、お店を変えます。金額は1000円前後になることが多いです。オフィス街なのでファストフードや牛丼屋さんもありますが、ランチは貴重なリフレッシュタイムなので、おいしいものを楽しく食べたいと思っています。(31歳・既婚)

◆ 普段はお弁当ですが、週一回は外に食べに行きます。700円~1000円以内の予算で、あえて入りにくそうなお店を開拓しています。食べ終わったあとは、周りを歩いて次に行くためのめぼしいお店を見つけます。(36歳・独身)

◆ 外食派です。800円~1000円くらいでおいしい店を探しています。デザートまであると幸せを感じます。(38歳・独身)

◆ 毎日外食です。場所は銀座です。ランチパスポートを持っていて、そこに載っている店だと1000円未満で済みます。女性の同僚と行くときと、一人行くときが半々くらいです。(25歳・独身)

◆ 普段はお弁当を持参しています。月に1度くらいは同僚と外で食べるのですが、そのときは普段使わない分2000円くらいはOKと考えています。(38歳・既婚)

◆ 会社には食堂があるので、必ず食堂で食べています。2種類から選べる定食が250円、日替わりの麺類が200円。定食の他におかずを買っても400円くらいにしかならないので本当に助かっています。(24歳・独身)

◆ 金融関係でいつお客さま対応が発生するかわからないため、昼食は社内の食堂で食べます。割引があるので1食400円以内で食べられるし、給食のように毎日の献立が決まっているので、好きなものばかり食べるのではなく栄養を考えた食事ができてありがたいです。(26歳・独身)

◆ 会社のカフェテリアでとっています。定食は350円で毎日3種類あり、和食、洋食、中華のメニューです。一流シェフがオーナーなので、味にも値段にも満足しています。(27歳・独身)

ランチタイムは一人? 食べたら何してる?

最後に、働き女子のランチタイムの過ごし方をご紹介します。電話対応をしながら忙しく食べる人、公園でリフレッシュする人。食べ終わった後の時間で昼寝をしたり、資格試験の勉強をしたり。食事だけでなく、仕事の合間の貴重な自由時間を有効活用している女性が少なくないようです。

◆ お弁当を持参し、自分のデスクで食べる。デスクに座ったままなので、電話が鳴ったらモグモグしながら出ないといけないし、来客も業者さんも来る。(31歳・独身)

◆ 普段はお弁当かコンビニ惣菜を持参してデスクで食べています。電話や接客対応があるのであわただしいです。新聞や雑誌を見ながら、同僚上司と会話もしつつです。(39歳・既婚)

◆ 平日はお弁当を持参し、一人で食べます。一人はさみしいと思われますが、気が楽だし好きなように時間を過ごせるので満足です。(33歳・独身)

◆ 職場の休憩室は狭いし、一人になりたいので、近くの駐車場に停めた車の中で食べています。節約のため、おにぎり、青汁、味噌汁、ドリップコーヒーと、水筒にお湯を入れて用意しています。(38歳・独身)

◆ 女子更衣室で、同じフロアの女性社員6人で食べています。決まって仕事の愚痴ばかり飛び交っている会話です。昼休みくらいは、ゆったりとした気分で食べたいのに、結構うんざりな時間を過ごしています。(39歳・既婚)

◆ ランチは一人派です。デスクワークなのでお腹を満たすことよりも、気持ちをいったん緩め、肩の力を抜くことが目的です。天気がいい日は、持参したサラダ、果物などが多めのお弁当を持って少し離れた公園へ行き、音楽を聞いてリラックスを図ります。そのほうが午後の生産効率が上がるように思います。(35歳・独身)

◆ 時々外食、時々中食派です。近くのお店で500円程度のお弁当を購入してオフィスで食べたり、天気がいいときは近くの公園でのんびりしつつ食べたりします。(31歳・既婚)

◆ 社内で宅配弁当を頼んで、デスクで食べています。30分ほどで食べ終わった後は20分近くデスクでひざかけをかぶり、昼寝をしています。午後スッキリ仕事できますよ!(37歳・既婚)

◆ お弁当を持参し、自分の席でネットでニュースや英語の勉強をしながら食べています。(36歳・独身)

◆ 基本的に弁当を持参して、デスクでネットサーフィンをしながら食べています。同様に弁当を持参してデスクで食べている人もいるので、たまにニュースについて議論してみたり。(34歳・独身)

(ライター 高橋三保子)

[nikkei WOMAN Online 2016年7月21日付の記事を再構成]