人気のドラレコ スマホ連携で楽しみ方多彩

日経トレンディネット

「DRY-WiFiV3c」(ユピテル)は、Wi-Fiを搭載するドライブレコーダー。実売価格は1万9000円
「DRY-WiFiV3c」(ユピテル)は、Wi-Fiを搭載するドライブレコーダー。実売価格は1万9000円
日経トレンディネット

ユピテルのドライブレコーダー「DRY-WiFiV3c」は、通信機能としてWi-Fiを搭載し、ドライブレコーダーで撮影した映像をすぐにスマホで再生できるのが特徴。クルマ関係のSNSサイトでは、ユーザーの平均評価が5点満点中4点台に達するなど、利用者の満足度が高い製品だ。

このDRY-WiFiV3cの使い勝手を詳しくレビューしていこう。

小型で軽量、設置の左右調節はできない

DRY-WiFiV3cのサイズは、幅103×直径35mm(突起物を除く)とかなり小さく、重量は80gと非常に軽い。

本体は、付属の器具を使って設置する。固定器具には強力な両面テープを使うため、表面が平らなフロントガラスはもちろんのこと、表面に凹凸があるダッシュボードにも設置しやすい。固定器具は稼働式で、上下の向きを自由に動かせる。

ただし、左右の向きは固定後に調節できない。ドライブレコーダーの画面を見ながら、映る範囲を確認しつつ取り付けるのがよいだろう。

本体が小型なので、ルームミラーの裏側に配置するとミラーで完全に隠れ、運転中の視界を妨げることはなかった。

電源は付属ケーブルでシガーソケットから給電する。付属ケーブルのほかに、オプションとして車内配線からの直結ケーブルも用意されており、配線方法を選べるのはよい。車内配線からの直結ケーブルを使うと、シガーソケットを使わずに給電できるので、ほかのシガーソケットを使う機器と同時に利用できる。

本体の電源端子はminiUSB端子を使用する。USB端子の電源アダプターやモバイルバッテリーから給電しても動くので、DRY-WiFiV3cで撮影した映像をいろいろな場所で確認できる。

右側面にminiUSB端子とmicroSDカードスロットを備える。microSDカードスロットは32GBのカードまで対応
左側の側面のPROTECTボタンは、イベント録画機能に使う。長押しするとWi-Fi機能が有効になる

本体が小型で、固定器具の支柱が短いため、ドライブレコーダーが目立ちにくい
電源はシガーソケットから給電できる。付属ケーブルは約4mと長く、大型車にも取り付けやすい。シガーソケットは一般車で広く使われる12Vタイプのみ対応

再生方式は4通り

録画映像の解像度は1920×1080ドット、1440×1080ドット、1280×720ドット、640×480ドットの4種類。フレームレート(コマ数)は30フレーム/秒と10フレーム/秒の2種類から選択する。画質とフレームレートを落として長時間録画するといった使い方もできる。

録画映像はmicroSD/SDHCカードに記録される。8GBのmicroSDカードが付属し、1920×1080ドットは約80分、1440×1080ドットは約120分、1280×720ドットは約160分、640×480ドットは約240分の記録が可能だ。

microSDカードは交換可能で、最大32GBのmicroSDHCカードまで対応する。32GBのカードを使用すると、1920×1080ドットの映像は約320分、1440×1080ドットは約480分、1280×720ドットは約640分、640×480ドットは約960分の記録ができる(撮影時間はすべて30フレーム/秒記録時)。

DRY-WiFiV3cで撮影した映像は、「本体の画面で再生」「テレビに出力」「パソコンで再生」「スマートフォン(スマホ)で再生」という4つの方法で閲覧可能だ。

本体で再生モードに切り替えると、撮影した映像を背面の画面に表示できるため、運転状況をとっさに確認したいときに便利だ。ただ、画面が1.5型と小さいので、他車のナンバープレートや道路標識といった小さな文字は見えにくい。

「テレビに出力」は本体底面のmicroHDMI端子を使う。HDMIケーブルでテレビやモニターにつないで撮影した映像を見られる。

本体底面にmicroHDMI端子を備える。HDMIケーブルを用意しテレビとつなげると、ドライブレコーダーで撮影した映像をテレビに表示できる

パソコン用ソフトが便利

DRY-WiFiV3cで撮影した映像は、MOV形式のファイルで出力される。このファイルはWindows標準のメディアプレイヤーで再生できるので、パソコンで撮影したデータを扱いやすい。

また、パソコン用に「PC Viewer. DRY TypeH」という専用閲覧ソフトも用意されており、同社のウェブページからダウンロードできる。このソフトを使うと、撮影映像やGPSで取得した位置情報とその位置を示した地図、加速度センサーが取得した車の加速度や速度などを1画面で同時に表示できるので運転状況を確認することができて便利だ。

「PC Viewer. DRY TypeH」の画面。左側に撮影したファイル、中央に映像、右側に撮影した位置、下側に速度と加速度を表示できる。いつどこで、どの状態で撮影したのかを確認しやすい

スマホに動画コピーも可

先述したように、DRY-WiFiV3cにはWi-Fi搭載という大きな特徴がある。ドライブレコーダーで撮影した映像を、Wi-Fi経由でスマホを使って再生、または保存できる。

Wi-Fiを使うには、App StoreやGoogle Playで配布されている「DRY-WiFi Remote TypeB」というアプリを使う。本体側面のPROTECTボタンを10秒間押すと、Wi-Fi機能が有効になり、DRY-WiFiV3cがWi-Fiのアクセスポイントとして機能する。そのアクセスポイントにスマホを接続しアプリを起動すると、ドライブレコーダーで記録したデータにアクセスできる仕組みだ。

アプリでは、データの再生のほかに、データをスマホにコピーできる。コピーしたデータはスマホで撮影した動画データと同じに扱える。撮影した映像をスマホアプリで編集したり、SNSやブログにアップロードできる。

DRY-WiFiV3cのWi-Fi機能を有効にし、スマホと接続後「DRY-WiFi Remote TypeB」アプリを立ち上げると、撮影したデータの一覧が表示される
スマホのアプリは、パソコンの閲覧ソフトと違い映像を表示するのみ
アプリからドライブレコーダーの設定変更もできる。設定の状態が一覧で表示されるので分かりやすい

300万画素カメラの実力は……

DRY-WiFiV3cの撮影機能は、常時録画とイベント記録の2つ。常時録画は、エンジンを始動しシガーソケットに電源が入ると、ドライブレコーダーの電源も入り、自動で録画を開始する。そのため録画ボタンを押し忘れるといったことがない。映像は2分ごとに区切られて保存されるため、microSDカードの空き容量が不足しても、古い映像に上書きして録画されて常に撮影を続けられる。

イベント記録は、本体の加速度センサーが急激な速度変化を検知すると、その場面から前後10秒間、合計20秒間の映像をイベント記録フォルダーに記録する機能だ。本体側面のPROTECTボタンを押しても記録できる。イベント記録機能で録画したファイルは常時録画とは別のフォルダーに保存されるため、常時録画で上書きされる心配がない。

カメラは300万画素の映像素子を登載しており、撮影された映像はきれいだ。映像の補正機能として、HDR(ハイダイナミックレンジ)を登載しており、光が強い場所での白飛びや、暗い場所の黒つぶれを自動的に抑えるという。実際に撮影してみても、明るい場所でも白飛びせず、暗い場所では周囲の物体の輪郭を捉えていた。ただ、映像にはモスキートノイズが若干あり、支柱や陸橋などの輪郭が少しぼやけて見えることがあった。

映像は若干明るめに記録されていた。物体の輪郭がはっきりとしており、周囲の建物の形状や道路標識などの文字も読みやすい。四隅の湾曲はかなり少ない。画面左下に日時や時速が記録される
陸橋下といった明暗の差が激しい場所でも、白飛びせずに撮影されていた。ただ、モスキートノイズが若干あり、支柱や陸橋などの輪郭が少しぼやけて見えていた

暗いトンネル内でもHDR機能が効いており、はっきりと映っていた。他車の車種やナンバーも確認しやすい
夜間の街灯や対向車のランプが明るい場所はもちろんのこと、光が当たっていない歩道などもはっきりと映っていた

ドラレコの映像を楽しみたい人におすすめ

DRY-WiFiV3cは、小型で目立たず、運転時の視界を妨げないのがよい。画質もモスキートノイズが少し気になったぐらいで、映像はきれいだ。

またパソコンの閲覧ソフトやスマホアプリで撮影映像を見返すことができるのは便利。事故の記録といったネガティブな使い方ではなく、映像を見ながら旅の思い出話をする、ネット上に動画をアップして他のユーザーに見てもらうといったポジティブな使い方もできる。ドライブレコーダーの映像をさまざまな形で楽しみたい人におすすめしたい。

(ライター 田代祥吾)

[日経トレンディネット 2016年7月6日付の記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧