中邑真輔凱旋! WWE公演で見た棚橋弘至の必殺技

棚橋弘至選手の必殺技「スリングブレイド」 (C)広く。
棚橋弘至選手の必殺技「スリングブレイド」 (C)広く。

7月1日、2日に両国国技館で開かれた世界最大のプロレス団体、WWEの日本公演を観戦しました。WWEが今回のコラムのテーマですが、イラストに描かれているのは新日本プロレスリングのエース、棚橋弘至選手の技「スリングブレイド」です。来日したスーパースターの一人、セス・ロリンズ選手がこの技を試合中に繰り出したのです。見どころいっぱいの2大会のなかで、その一瞬をそこまで重要視している人はいないかもしれません。それでも、個人的に強い衝撃を受けたワンシーンです。

WWEの日本公演は“シンスケ・ナカムラ”の出場が大きな話題となりました。1月末に新日本プロレスを退団し渡米した中邑真輔選手が早くも凱旋帰国を果たしたこの大会では、同時期に新日本からWWEへ活動を移したAJスタイルズ選手をはじめ、カール・アンダーソン選手、ルーク・ギャロウズ選手、そしてNXT女子王者のASUKA選手ら日本ゆかりの選手たちも来日し大声援で迎えられました。

ロープをつかんで上半身をのけ反らせる、独特のポーズを決めるシンスケ・ナカムラ(中邑真輔)選手 写真はすべて苅谷直政

圧巻だったのはナカムラ選手の入場です。新テーマ曲「The Rising Sun」に合わせて観客から「オーオーオーオー」と大合唱が発生。入場ゲートにシルエットが浮かび上がると場内は悲鳴にも似た歓声が上がりました。

トップロープからの必殺技「キンシャサ(旧ボマイェ)」が見事に決まる

「WWEユニバース」と呼ばれる熱狂的なファンに加え、出番を失った新日時代のグッズをここぞと身にまとった大勢の中邑ファンが、いつまた見られるかわからない、その一挙手一投足を目に焼き付けていました。

走り込んだ形で「キンシャサ」がヒット

日本公演は映像放映のない「ハウスショー」ということもあり、スター選手もどこかリラックスムードでコミカルな動きも織り交ぜつつハイレベルな攻防を繰り広げていました。両日ともメーンイベントのWWE世界王座トリプルスレット戦に登場したのがセス・ロリンズ選手です。ロリンズ選手はインタビューでも棚橋選手のファンだと公言しています。向かってくる相手に飛びつき首を支点にくるりと旋回、「スリングブレイド」がドンピシャのタイミングで決まりました。

勝利を収め、観客の大声援に「イヤァオ!」と叫んで応えた

他の選手のオリジナル技をあえて使うのは、プロレスの世界では言葉を介さなくても雄弁なメッセージとして伝わります。ときには挑発の意味にもなり、また最大級のリスペクトの表現にもなります。実際のところロリンズ選手本人がどのような思いでその技を使ったのかはわかりませんが、日本のリングで見せたスリングブレイドにはオリジナルの使い手への敬意が込められていたように思います。

エンタメ!連載記事一覧