WOMAN SMART

ファッション

脚がきれいに見える、パンツルックのお手本 宮田理江のファッションラボ

2016/7/15

Giorgio Armani 2016年プレフォールコレクション

 パンツルックはさっそうとしたイメージを演出しやすいのですが、時に堅苦しく退屈に映りがちです。妙にかしこまって見せないよう着こなすにはちょっとしたコツがあります。ミラノモードの頂点に立つ「Giorgio Armani(ジョルジオ アルマーニ)」の2016年プレフォールコレクションには、きれいな立ち姿のお手本的なパンツコーディネートがたくさん提案されています。賢いまとい方を覚えれば、場面に合わせて何種類ものイメージを操れそうです。

Giorgio Armani 2016年プレフォールコレクション

 ふくらはぎがのぞくクロップト(半端)丈のパンツはキビキビ感が出るので、お仕事ルックにもなじみます。裾と靴の隙間ゾーンにこのような柄物ソックスをはさめば、技ありの着こなしに。視線を引き込むソックス使いはパンツルックに別の表情を加えます。大人っぽさを印象づけるには、フェミニンな靴を選んで。フラワーモチーフを添えた靴がレディーの風情を呼び込みます。植物柄ジャケットはアイスグレーで上品なたたずまい。ダークカラー主体のパンツには、いくらか目をひくジャケットを合わせたほうが上品な華やかさが加わります。

Giorgio Armani 2016年プレフォールコレクション

 パンツの真正面にまっすぐプレス筋が走るセンタープレスの細身パンツは「きちんと感」の高いボトムスです。裾をダブルで仕上げれば、さらにメンズライクな雰囲気に。カッチリまとめすぎないで、あえてショートブーツで合わせてセオリーからずらすようなスタイリングが、こなれた着姿に導いています。ショートブーツの履き口からのぞいた足首がスレンダー感を引き出しました。透けるブラウスとベストのコントラストは着姿にメリハリを与えています。首に巻いたスカーフで程よく量感を乗せたり、チェーンバッグを長く垂らしたりする小技も参考になります。

Giorgio Armani 2016年プレフォールコレクション

 エレガントな雰囲気の靴はパンツルックに品格を寄り添わせます。パンプスやローファーを選ぶことも多いでしょうが、こちらのようなストラップ付きは足首のスレンダー感を引き立てます。丈夫で太めの「チャンキーヒール」がりりしいムード。やや裾広がりのパンツシルエットはシャープな見え加減を際立たせました。ジャケットも裾がほのかに広がった「ペプラム」がボトムス全体をすっきり見せています。V字形を連ねたようなヘリンボーン柄が全体に配されて、静かな動きを宿しています。ブラウスもあえて黒をチョイスして、クールに引き締めました。

Giorgio Armani 2016年プレフォールコレクション

 幅がたっぷりしたガウチョパンツやワイドパンツに比べ、広がりすぎないフォルムのパンツはオフィスでも重宝します。裾にスペースがあるので、ふくらはぎから下がスリムな見栄えに。パンツとの境目をはっきりさせる黒のタイツが足首をすっきり見せています。パンツコーデではこのようなカラーコントラストを使いこなしたいもの。深く入ったタックも縦落ち感を引き出しています。ゆったりした「ビッグシルエット」風のジャケットは幅広パンツをシャープに引き締めてくれます。本来の寸法より大きめの「オーバーサイズ」は2016-17年秋冬に盛り上がりそうで、パンツルックにも取り入れたくなります。

 「ジョルジオ アルマーニ」はミラノモードをリードするトップブランドとして知られています。映画祭や授賞式といった「レッドカーペット」の晴れ舞台で大勢の女優がそのオートクチュールのドレスで身を包むことで有名な一方、パンツやシャツで仕上げるスタイリッシュな装いにも定評があります。

 オフィスで当たり前のボトムスになっているパンツだけに、一工夫を加えてありきたりに見せないのが大人の上手なアレンジ。パンツと近い位置にあるジャケットやレッグウエア、靴を使えばスレンダー感を引き出せるから、パンツを支える「脇役」のキャスティング術を自分好みに深掘りしていきましょう。

画像協力

Giorgio Armani

http://www.armani.com/

宮田理江(みやた・りえ)
 ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、リアルトレンドを落とし込んだ着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした消費者目線での解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。公式サイト:http://riemiyata.com/

WOMAN SMART新着記事

ALL CHANNEL